カウボーイビバップの主題歌を聴こう!アニメOP・EDの全4曲を一覧でまとめる

カウボーイビバップ 主題歌

アニメ:カウボーイビバップの主題歌(OP・ED)をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2020年7月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

カウボーイビバップとは?

カウボーイビバップ

カウボーイビバップは、

サンライズ制作の日本のSFアニメ作品です!

時は2071年、いっこうに減らない犯罪者達を捕らえるために「バウンティー・ハンター制度」が生まれた。

賞金稼ぎのスパイクとジェットの2人が乗るビバップ号は、太陽系全域にまで拡大した人類の生活圏の中で、火星周辺を中心に活動している自家用宇宙船である。だが捕らえ方が荒っぽいために、捕り物後に巻き込まれた一般人からの訴訟も多く賠償させられてばかり。飛び込んでくる賞金首の情報に選り好みするほどの余裕も無く、日々を行き当たりばったりに過ごしていた…。

アニメ版が見たい方はこちら!

カウボーイビバップ
主題歌を聴こう!一覧まとめ

TVアニメ OP Tank!
ED1 THE REAL FOLK BLUES
ED2 SPACE LION
ED3 BLUE

歌詞は著作権に反するので記載しておりません。

オープニング
Tank!

演奏 シートベルツ
作詞
作曲 菅野よう子

  • 歌詞はありません。

ネット上の口コミ

・アニメのOPにしては上質すぎるよ本当に…最高!
・この曲こそ、アニソン界の宝!時鳥肌が立った

・最近のアニメ美少女だらけで正直つまらん、もっと男臭いアニメも欲しい。
・懐かしいなぁ。カウボーイビバップとサムライチャンプルーはお洒落の極みだわ
・今こそこういう素直にカッコイイアニメやドラマがやるべきだと思うわ


エンディング
THE REAL FOLK BLUES

歌手 山根麻衣
作詞 岩里祐穂
作曲 菅野よう子

ネット上の口コミ

・OP、ED、挿入曲全てが素晴らしい。
・素晴らしいな!!!
・記憶消してもう一度最後までじっくりみたい一作
・ジーンっとくる…カッコイイ


第13話:エンディング
SPACE LION

歌手 シートベルツ
(THE SEATBELTS)
作詞
作曲 菅野よう子

  • 歌詞はありません。

ネット上の口コミ

・いかん。好き過ぎる
・個人的にはCBのサントラでは最高の曲です。

・好きでもない奴に、この曲がBGMで流れている時に口説かれたら落ちるかも
・せつなさとさびしさの意味を知る
・僕はね、同志という言葉に惹かれるんだ…涙が出るくらいにね


第26話:エンディング
BLUE

歌手 山根麻衣
作詞 ティム・ジェンセン
作曲 菅野よう子

ネット上の口コミ

・褪せない。素晴らしい。
・この曲訳含めてほんといいよな
・この曲はもっと評価されるべき
・やばいこの曲すきすぎて泣けてくる…
・何度観ても泣くアニメ 何度も観てしまうアニメ

カウボーイビバップの主題歌は以上になります。

カウボーイビバップの配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし
動画配信
サービス
テーブル テーブル テーブル テーブル テーブル
月額料金 933円 1,990円 800円〜 455円 400円
無料体験 2週間 31日間 なし 30日間 31日間
オススメ
アニメ maru maru batsu batsu maru
劇場版 batsu maru batsu batsu batsu
公式 公式サイト 公式サイト
公式サイト 公式サイト
公式サイト

カウボーイビバップはU-NEXTで全シリーズ見放題です!
カウボーイビバップ
カウボーイビバップ

そして今なら『31日間の無料トライアル』が付いています!

U-NEXT

参考:ヘルプセンター

上の画像は公式のキャプチャですが、

「U-NEXTに初めて登録する方は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、期間中に解約したので0円でした!

お試しキャンペーン実施中!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

是非お気軽にお試しください。

カウボーイビバップ
主題歌の最後まとめ

まとめ

アニメ:カウボーイビバップの主題歌一覧(OP・ED)をまとめました。

カウボーイビバップの主題歌
  • OP:Tank!
  • ED1:THE REAL FOLK BLUES
  • ED2:SPACE LION
  • ED3:BLUE

カウボーイビバップはSFアニメなので、子供も大人も楽しめると思います!皆様のお気に入りの曲が見つかることを祈っています。

素敵な音楽ライフを過ごしましょう!

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。