トランスポーターを見る順番はこれ!シリーズ全4作品の時系列とあらすじ

トランスポーター 順番 時系列

映画:トランスポーター(全4作品)を視聴する順番をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2021年2月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

映画の公開順番と時系列

トランスポーター

映画:トランスポーターは、

現在まで『全4作品』が上映されました!

トランスポーターを見る順番は以下の通り。

トランスポーター公開順

公開年度の順番
  1. トランスポーター
  2. トランスポーター2
  3. トランスポーター3/アンリミテッド
  4. トランスポーター/イグニション

トランスポーターシリーズは、

上記の公開順で見れば問題ありません!

もちろん基本的に作品は1作完結なので、どの作品から見ても楽しめます。

しかしトランスポーターの世界観を把握するには第1作目から見る方が分かりやすいと思います。

トランスポーター時系列

時系列のまとめ
  1. トランスポーター/イグニション
  2. トランスポーター
  3. トランスポーター2
  4. トランスポーター3/アンリミテッド

映画:トランスポーター/イグニションのみ、時系列が入れ替わっています。

理由としては、4作目は運び屋フランクが若い頃の設定となっている為ですね。

また同時に、主人公がジェイソン・ステイサムから『エド・スクライン』に変更されます。

4作目は興行収入が全く振るわなかったので、次作が作られるかは未定です。

全4作品の順番とあらすじ

第1作目
トランスポーター

プロの運び屋、
依頼品はいつもワケあり

クールな男・フランクは、プロの運び屋だ。どんな物でも確実に車で目的地まで運搬する。ある日、依頼品のバッグを運ぶことになったが、途中中身が気になって開けると、中から中国人美女が現れた。ルールを破ったフランクは命を狙われることになる。

監督ルイ・レテリエ
コリー・ユン
評価
(3.75)
日本公開2002年レビュー282件
上映時間93分興行収入
20代男性より

男が惚れる。

観る前は正直あまり期待はしていなかったんですよ、ありきたりなアクションにスキンヘッドのヒーロー?ん?って感じだったんですけど、ストーリーの疾走感、インパクトの強いキャラクター、惹かれない訳がない。なんだろう、毎日食べても飽きない味、そんな風味のある作品です。ジェイソンステイサムは男から見ても惚れるくらいのシブさ、絶対観て欲しい。

30代女性より

ジェイソン・ステイサムの色気にメロメロ

ストーリーもさることながら、お勧めはなんといってもジェイソン・ステイサムの色気と、フランス映画独特の気怠さです!ジェイソン・ステイサムの演技のうまさはもちろんですが、所作から漂う色気が最高です。他作品で悪役も演じていますが、それとはまた別の!頭髪が薄いのにあの肉体美と整った顔立ちを引き立てる、色気です。そして、ハリウッドや邦画とは違う、フランス映画全体に漂う気怠さがありまして(理由は分かりませんが、フランス映画はたいてい良い意味で気怠さを感じます)、それとマッチしているので、観ていてある種の官能の世界に誘われ、漂っているような感覚に陥ります。何度観ても飽きない作品です。

30代女性より

アクションシーンが絶品

トランスポーターシリーズの中で、最もアクションシーンが素晴らしいです。若き日のジェイソン・ステイサムの切れのある動きとセンスが冒頭の30分で遺憾なく発揮されます。ポップな曲調、オシャレなジョークなども見どころです。ジョーク大人気であるトランスポーターシリーズの方向性を決めた処女作、必ず見ておくべきです。

30代女性より

アクションのバランスがいい映画

舞台はフランスで主人公はルールに大事にする運び屋。リュック・ベッソン監督の映画では「TAXI」が有名で、本編で繰り広げられるカーチェイスのシーンは流石という感じですが、カーチェイスばかりでなく元軍人の主人公らしく武闘派なも一面も。今ではアクションスターでも評判なジェイソンス・テイサムが、この映画出演をきっかけでスターの仲間入りを果たしたのも納得です。舞台となるフランスで撮影もしてるけど、本編は全て英語というユニークな作品でもあります。主人公を追う警部役の俳優は実生活で英語が話せないことも驚きましたが、それを分かったうえで映画を観ることも面白いです。

30代男性より

格闘にカーチェイスにアクション要素満載の内容!

リュック・ベッソン脚本であるという理由からこの作品に興味を持って見てみましたが、予想をはるかに超える面白さでした。この作品をきっかけにジェイソン・ステイサムを知り、その後ジェイソン・ステイサムの出演作はチェックするようになりました。とにかく格闘シーンがかっこいいですね!愛車のBMWで街中を駆け抜けるシーンにも興奮しました。ストーリーもわかりやすく、展開もテンポ良く進んでいくので、鑑賞中の時間があっという間に感じられるほど見入ってしまう内容です。

20代女性より

アクションがカッコいい

最初は非情な印象のフランクでしたが、ライを必死に助けようとする姿が垣間見え、印象が変わっていきました。フランクの武器倉庫が襲われるシーンは迫力満点で衝撃を受けました。フランクを演じてるジェイソンステイサムのアクションシーンは何度見返してもカッコいいです。もとプロのスポーツ選手だという事もあり、筋肉も素晴らしいですし、低い声が更に素敵に演出されています。

40代男性より

痛快なアクション作品

「トランスポーター」は実質的にジェイソンステイサムという俳優を世間に知らしめた代表作であることは間違いないでしょう。黒の高級スーツを身に纏い、高級車を乗りこなす。また、仕事は厳格なルールに従うといったクールな世界観がこの映画の最大の特徴です。鍛え上げられたマッチョなボディは見事で映画の撮影前にはブロッコリーやチキンを摂取し、筋肉を肥大させているそうです。痛快なアクション作品です。

30代女性より

今ではかっこいいハゲ代表のあのジェイソン・ステイサム出世作!

はじめはありきたりなカーアクションかなと見始めたのに、いい意味で裏切られました。三つのルールを掲げたクールな運び屋。…のはずが、ある荷物を運んだことにより、予想外のハプニングに見舞われ自分ルールをどんどん破っていく。ほっておけばいいのに、そこはルールに信念を持つ主人公。軌道修正をするためにと、自分からどんどん深みにはまっていく。スタイリッシュな細身のスーツに身を包みながら繰り広げられる爽快アクション。クールな運転姿にも主人公の魅力がたっぷりです。この作品でステイサムを知ってから、トランスポーターシリーズに限らず、出ていたらとりあえず見る!な大好きな俳優さんになりました。まだ見ていない方は必見!ジェイソン・ステイサムを知るにはまずはここから、の欠かせない作品です。

30代男性より

ステイサムに惚れた作品です。

フランクの運転テクニックと頭の回転の速さがすごく戦闘能力もすごくアクションシーンはかっこよ過ぎです。それを完璧にしているのは、ステイサムの肉体美があっての物だと思います。私が是非見て頂きたいアクションシーンは、ステイサムの武器を使っての戦闘シーンです。素手で闘うシーンもかっこいいのですが、あらゆる武器をかっこよく使って敵を倒して行く所も是非見て頂きたいです。

10代女性より

最初の運びの仕事

ルールを守る運び屋フランクはルールを破りながらも荷物を運びますが、ルールを破ったときのセリフと顔がかっこよく、何気に居候する中国人の女性に遠回しに優しくしているので見た目とのギャップがすごくおもしろいです。最後の結末にはビックリしましたが、さすが、といえるほどのおもしろさでした。トランスポーター史上におもしろい作品でした。

第2作目
トランスポーター2

あの子を必ず守る

フランクは、運び屋稼業から足を洗い、裕福なビリングス家の一人息子・ジャックの送り迎えの仕事をしていた。そんな中、突然ジャックが狙われ始め、フランクの奔走も空しく、ジャックは空気感染する強力な殺人ウイルスを投与されてしまう。

監督ルイ・レテリエ
評価
(3.79)
日本公開2005年レビュー339件
上映時間88分興行収入
20代男性より

大迫力!!

この映画で言うと、やはりカーアクションの迫力が見どころのひとつではあると思います。もちろん、海外の映画はかなり迫力があって見ごたえのある映画が多いのですけども、この映画は車でのシーンが圧倒的に多いので、カーアクションというのは一番の盛り上がりで見どころでしょう。映画の序盤からクライマックスまで目を離せません。

30代女性より

スケールアップしたトランスポーター

トランスポーター1に比べると、話しのスケールが大きくなり、ストーリーも凝ったものになっています。敵キャラクターも非常に演技が上手で、危険な雰囲気とダンディズムを感じさせる敵のボス役を演じたアレッサンドロ・ガスマン、イカれた殺し屋を演じたケイト・ノタは作品を盛り上げてくれます。個人的にはトランスポーター1のフランクにあったお茶目さがあまり発揮されていないのが残念です。

30代女性より

ジェイソンステイサムといえば

ジェイソンステイサムといえば、トランスポーターシリーズでキレのあるアクションや運転をこなしてクールですが、こちらの2では運び屋ではなくピンチヒッターの運転手として登場します。ここで出てくる6歳の男の子ジャックが可愛すぎて、主役のフランクとの対比が面白いです。やはりトラブルに巻き込まれやすいフランクは、見た目怖すぎの女テロリストとバトルを繰り広げていきます。前作に引き続き、タルコニ警部がいい味出しておりクスッと笑えます。1を見ていない方でも爽快カーアクションは大変見ごたえありだと思います。

40代男性より

冒頭からステイサム様の魅力に引き込まれます

誰もいない駐車場、そこには1台の高級車。男がエンジンをかけようとすると、陰から現れた女が拳銃を男に向ける。更にギャング風な4人の男が登場。高級車を奪ったギャングは、キーを回すがエンジンはかからない。エンジンをかけるにはキーロックに暗証番号を打ち込まなくてはならなかった。男はギャング達に囲まれるが、表情ひとつ変えずにアッという間に連中を撃沈するクールな男。その男の名はフランク。と冒頭からいきなりステイサム様の魅力に引き込まれます。そのままノンストップで観れてしまいます。

第3作目
トランスポーター3/アンリミテッド

手首に罠、
依頼品は赤い代物

何者かに気絶させられた運び屋フランクが目覚めると、腕には車から20メートル以上離れると爆発するブレスレットがはめられていた。そして同乗する謎の女の腕にもまた、同じ仕掛けのブレスレットが。さらに彼らの元に「運びの依頼」がやって来て…。

監督オリヴィエ・メガトン
評価
(3.52)
日本公開2008年レビュー417件
上映時間104分興行収入
40代女性より

ヒロインが規格外すぎ!

この映画はやっぱりジェイソン・ステイサムを楽しむための映画と思う。その紳士的な風貌と物腰で魅せるドライビングテクニックと格闘シーンなどのアクション、鍛えられた身体も素晴らしい。しかし今回はヒロインがあまりに凄すぎて初見はそっちが気になってしまう…が、ステイサム演じるフランクが彼女とまんざらでもない雰囲気なのを見ているともしかしたらすごく可愛いのかもって気になってくるから不思議である。しかし、今でも気になって仕方ないのは彼女の首のタトゥーの意味だったりする。

30代女性より

フランクの成長

トランスポーター3の魅力は何といっても、フランクの精神的な変容です。自ら作ったルールを順守していたフランクが、自らルール、自分の心を大切にする熱い男に変貌を遂げます。そのきっかけになるのは大臣の娘であるバレンティーナとの出会いです。バレンティーナは遊び好きでわがままな女性です。人の心を変えるのはどんなきっかけか分からないと、人生の不思議を感じさせてくれます。

30代男性より

The 漢の美学

ジェイソン・ステイサム演じる凄腕のプロの運び屋「フランク・マーティン」の活躍を描く第三作。今回は、車から約20m離れると首の爆弾が爆発してしまうという、シリーズの中でも最もハードなシチュエーションです。謎の美女を愛車「アウディ・A8」に乗せ、ヨーロッパを駆け巡ります。最後は父親と娘の悲しい結末が待っていますが…。それにしても、毎度フランクのカッコ良さは光ります。今作に限りませんが、「濃い色の背広にネクタイ・厳しい掟・仕事は必ずこなす」といった美学・信念に則って突き進む姿は憧れにも近い。一見、不愛想に見えて実際は優しい性格のギャップには、女性ならずとも惹かれるかも知れません。

30代男性より

トランスポーターシリーズは面白い

ステイサムがかっこよささらにアップしていました。今回はやりたくもない依頼を強制的にやらないといけなくなりそれを遂行するためにいろいろやるのですが、そこで起こる様々な問題とフランクは持ち前の戦闘能力と頭の回転の良さで切り抜けていきます。それが見ててやっぱりステイサムはカッコいいなぁと思ってしまいます。私の好きなシーンをラストのボスを倒す時のどや顔がすごくハンサムでカッコいいので是非見てください。

30代男性より

圧倒的な爽快感!

主人公の圧倒的な強さと、高級車・スーツを着こなしている姿に惚れ惚れしてしまう。最初から最後まで、マーティン(ジェイソン・ステイサム)に釘つけ!特に、一番好きなシーンは大勢を相手に戦うアクションシーン。最後の大男と対峙して勝利する瞬間は圧巻。アクションもカーアクションも両方に満足いく、時間が圧倒いう間に過ぎる作品。

第4作目
トランスポーター/イグニション

今度の依頼品は3人の美女

どんなブツも確実に移送する運び屋フランクは、謎の女アンナに父親を人質に取られる。父の解放と引き換えに、彼女とその仲間が進める犯罪計画に手を化すフランク。やがて、その目的が自身の特殊部隊の仲間であったカラソフの率いる組織の壊滅だと判明する。

監督カミーユ・ドゥラマーレ
評価
(3.13)
日本公開2015年レビュー196件
上映時間96分興行収入4.6億円
30代女性より

主人公がジェイソン・ステイサムでないのが残念

監督は前作までと同じくリュック・ベッソンです。トランスポーターシリーズのよい所はしっかり受け継いでいます。しかし、前作までの主人公であるジェイソン・ステイサムの印象があまりに強いため、主人公であるエド・スクラインに物足りなさを感じてしまいます。よい映画ではあるのですが、今までのトランスポーターとは別物と考えてみた方が楽しめると思います。

20代女性より

奇抜なアクションが目白押し

超オモシロかった!ステイサムじゃなくて少し心配したけど、冒頭からそんな心配も吹っ飛んだ!エド・スクレイン超カッコよかったのでびっくり!これは新生アクションスターとして期待大!シリーズ化も期待!

最後のまとめ

まとめ

トランスポーター映画を順番・時系列でまとめました。

トランスポーターはアクションが壮大なので、子供でも大人でも楽しめる作品だと思います。

皆様のお気に入り作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です