オーバーロードを見る順番はこれ!シリーズ全5作品の時系列とあらすじ【アニメ・映画】

オーバーロード 順番 時系列

アニメ:オーバーロードのシリーズを見る順番と時系列をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2021年2月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

オーバーロード
アニメを見る順番と時系列

オーバーロード

アニメ:オーバーロードは、

現在『全5作品』が公開されました!

公開順と時系列は以下の通り。

公開順・時系列

  • 黄色:テレビアニメ版
  • 赤色:劇場版

オーバーロード 順番 時系列

分かりやすく色分けしました。

基本的に公開順=時系列なので、

上記の通りに視聴すれば、そのまま作品を楽しむことが出来ます!

また登場人物・設定などは引き継ぎますので、初めて見る方は第1作目から視聴するようにしましょう。


しかし緑色の劇場版は『第1期の内容をまとめた総集編』となっていますので、先にTVアニメ版を見た方は飛ばしても構いません。

オーバーロード

  • 不死者の王:第1話〜第7話まで
  • 漆黒の英雄:第8話〜第13話まで

映画化に当たって新規カットなども加わっていますが、大筋の物語はアニメ版と変わりません。

総集編は、TVアニメを見る時間がない方にオススメです。

また最終的に「本編が見たいんだ!」と言う方は、以下の順番で見れば大丈夫です!

本編が見たい方へ
  1. 第1期:オーバーロード
  2. 第2期:オーバーロードⅡ
  3. 第3期:オーバーロードⅢ

一気見できるVODもまとめたので、参考にしてみて下さい!

全シリーズ一気見したい方へ!

オーバーロード
全5作品の順番とあらすじ

第1期
オーバーロード

時は2138年。一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。プレイヤーであるモモンガも仲間と栄華を誇ったギルドで一人静かにその時を待っていた。しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。突如として意思を持ち始めたNPCたち。ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。現実世界ではゲーム好きの孤独で冴えない青年が、骸骨の姿をした最強の大魔法使いとなる!世界を掌中におさめる死の支配者、ここに光臨!

評価
(3.90)
放送年2015年レビュー2,128件
監督伊藤尚往放送回全13話

※Youtubeに移動します。

主題歌
OPClattanoia
EDL.L.L.

dアニメストアで視聴する


総集編:前編
オーバーロード
不死者の王

2138年、大流行した仮想現実体感型オンラインゲーム「ユグドラシル」がサービス終了を迎えるが、プレイヤーのモモンガはログアウトできない。すると突如、キャラクターたちが意思を持ち始め、モモンガはアバターの骸骨姿のまま異世界へ転移。現実ではパッとしない青年のモモンガが異世界では大魔法使いとなり…。

主題歌Crazy Scary Holy Fantasy
評価
(4.10)
放送年2017年レビュー68件
監督伊藤尚往興行収入0.4億円

dアニメストアで視聴する


総集編:後編
オーバーロード
漆黒の英雄

この世界の情報と金を得るために、漆黒の鎧を身に纏い、双剣を携えた戦士としてギルドに登録し、冒険者・モモンとなったアインズ。ンフィーレアという薬師の少年の依頼を、冒険者のチームである漆黒の剣と共に果たし、さらには森の賢王と恐れられていた魔獣を倒し、下僕としてエ・ランテルに戻ったモモンの名は多くの人間に知れ渡ることになる。アインズと別れ、収穫した薬草を店へと運ぶンフィーレアと漆黒の剣の前にクレマンティーヌが姿を現し…。
主題歌Laughter Slaughter
評価
(3.98)
放送年2017年レビュー65件
監督伊藤尚往興行収入0.3億円

dアニメストアで視聴する


第2期
オーバーロードⅡ

如異世界に転移して以来、アインズはナザリック地下大墳墓の主として、守護者たちの偉大なる支配者として振る舞う日々を送っていた。一方で、情報収集と資金獲得のため、冒険者モモンとしてエ・ランテルを拠点に活躍。ギガントバジリスクの討伐など、アダマンタイト級冒険者に相応しいとされる実績を積み重ねていく。そんな中、ナザリックへ帰還したアインズは、守護者を統括するアルベドと人間界で得た情報を含めた現状の報告会を執り行う。
評価
(3.80)
放送年2018年レビュー902件
監督伊藤尚往放送回全13話

※Youtubeに移動します。

主題歌
OPGO CRY GO
EDHYDRA

dアニメストアで視聴する


第3期
オーバーロードⅢ

時は2138年。一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。プレイヤーであるモモンガは仲間と栄華を誇った本拠地ナザリック地下大墳墓で一人静かにその時を待っていた。しかし、終了時間を過ぎてもログアウトされない異常事態が発生。NPCたちが意思を持って動き出し、さらにナザリックの外には見たこともない異世界が広がっていた。

評価
(3.80)
放送年2018年レビュー660件
監督伊藤尚往放送回全13話

※Youtubeに移動します。

主題歌
OPVORACITY
EDSilent Solitude
40代男性より

対クレマンティーヌ戦が最高

主人公のアインズ含めナザリック大墳墓各階層守護者はlv100キャラなので、転移後の世界では最強レベル。そんなアインズが無双していくわけなんですけど、個人的には対クレマンティーヌ戦が良かったですね。単純な暴力ではなく対PK戦術を用いてアジトを突き止めて奇襲するところや、クレマンティーヌも武技でアインズを苦しめたりと見所が多かった。隣で戦うナーベも本気を出さねば勝てなかったわけですし、このバトルは良かったですね。

20代男性より

トップのはずなのに中間管理職?

有能すぎる部下たちに振り回される上司。この作品を見てそんな印象を受けました。主人公以外のキャラクター達は、もともとゲームの世界のモブで設定はあれど人格は無かった。だが、そのゲームの世界ごと異世界へ飛ばされ自我にも目覚める。だが主人公に忠誠を誓っているという設定は消えておらず、普通では考えられない崇拝のされ方をしており、ただの一般人だった主人公が戸惑う姿となんとか失望されないようにしようと相手が思う自分を必死に演じている姿は、これまでのVRゲームを基にした作品とは全く違う新しい色を感じました。主人公の組織は人間種以外で構築されており、何かとつけて人間を排除しようと動く。それをどうにか言いくるめて宥める様は親せきの子供を預かっている叔父さんにも見えてきたりして、内容は過激なのになんだかなごんでしまう不思議な作品です。

30代男性より

主人公が強すぎる!

アニメだと基本的には主人公が目立つように設定されていると思えるのですが、この作品はその部分がかなり際立っていて無双状態に思えるくらい強すぎな感じの印象を受けました。登場してくる仲間との会話が個人的には好きで初めはよく意味が分からないときもありましたが全体的な雰囲気はコミカルな展開に仕上がっているので気楽に観ていられる印象がありました。相対してバトルの場面は疾走感がある勇ましさがかっこよくてそのギャップが好きです!

20代女性より

意外とおもしろかった!

最初に映像をCMで見たときは、骸骨が主役だし、セクシー系のサキュバスが出てきてなんとなく男性用のくだらないアニメかと思いました。ですが、実際見てみると奥が深く、仲間のために熱くなるというような内容で感動しました。仲間の1人が心を乗っ取られて襲いかかってくるのを対処し、何も責めずにまた仲間として一緒に活動していくというところが好きです。また、最初の方に一緒に戦った仲間が一夜で殺されてしまうところは序盤だったのでショックでした。

30代男性より

魔王様も大変なんです…

私がアニメ「オーバーロード」を観た感想は、王道ファンタジーの魔王視点で描かれる物語がとても面白かったです。転生物のストーリーですが、ファンタジー物の魔王を主人公にした事で、一般人が転生した魔王がキャラクターだった味方の「守護者」達に有能な上司に見えるように装う姿が面白く、他の作品と比べ印象的に残る作品だと思います。主人公「アインズ」の「守護者」達も個性的、それぞれのビジュアルも個性的で魅力的、敵側の人間キャラ達に容赦なく襲い掛かるシーンは恐ろしいの一言、しかし主の「アインズ」の前では忠誠心を見せる良い部下で、アインズが部下達に向け語るシーンは思わずホッコリしてしまいました。

20代女性より

完全無双ゲームに驚きました

このアニメはとにかくゲームを理解している主人公が強すぎます。ただ、人間を虫けら扱いしている手下たちには残念です。敵とはいえ、もう少し慈悲があってもいいと思いました。しかしながら、手下たちの女性キャラの多くはスタイルもよくて美人ぞろいです。そして、ご主人様のために死ぬ気で働いてるところは感動しました。そんな人間を虫けら扱いしていますが、弱い子供や村人たちを助けているところは正義の味方みたいでかっこいいです。みんな化け物なみに強く、もちろん化け物なのですが、最強に強い手下たちです。個人的にはアルベドがスタイルがよくて、美人で好きです。アインズ様一筋なところがとてもかわいいと思います。

30代男性より

新鮮な設定でした

主人公が人間ではなく、アンデット種族という設定が当時にはあまりほかにアニメ作品はなかったので新鮮な感じがしました。また、世界征服というストーリーもよく、敵対する人間との戦もちょっと残酷すぎるくらいの圧倒的な力でせん滅する様子は爽快にも感じるほどでした。そして、最も好きなキャラクターはアルベドです。美少女であり一見クールな感じながらもモモンガにはデレデレなキャラクター性がよく、表情が特に可愛かったです。

30代男性より

設定がとても面白い作品!

オーバーロードは面白かった作品の一つですが、その理由は主に設定にあります。現実世界ではなく仮想世界(ゲーム)の中でのストーリーになりますので現実離れした設定などが面白く、アニメとして面白かったです。それに加えて、主人公の間の抜けた感じが好きで、悪役のような見た目なのに抜けてるセリフも多く可愛いと思えるところが個人的にツボでした。ゲームの中のNPCが登場する中で現実世界に生きてきた主人公の感情が面白かったです。

20代女性より

ストーリーも面白く、曲もカッコいい!

ゲームから出られなくなってしまったというアニメは似たようなはじまりの作品も知っていますが、この作品は夢があります。サキュバスからこんなに愛されてみたいものです。そして曲がかっこいい!とくにオープニング曲が好きです。男性ボーカリストの声がかっこいいです。ハスキーではなく、バンドが似合いそうな声です。最初洋楽かと思うぐらい英語が入っていたのですが、よくよく聴くと日本語もしっかりと入っていました。エンディングの女性ボーカリストの声、個人的にとっても好きです。

40代男性より

魔王視点の異世界

異世界転生物なのに他とは明らかに違う特徴のこの作品。主人公が魔王なだけでなく転生先の世界をNPC達と共に征服してやろうと言うのが新鮮です。ただ主人公のアインズは見かけはおどろおどろしく魔王として振舞っているものの時々本性である小心者で心の中の葛藤が出てくるのが面白い所です。転生先は自分がやっていたゲームと似てはいますが明らかに違う世界。自身も圧倒的な能力を持っていますが、NPCの魔物たちを使っていくのがいかにもダークサイド視点が出ていてぞくぞくする所です。残酷な描写や予想外の事も多く、重厚なストーリーが見る人を惹きつけてくれる作品です。

20代女性より

ダークな世界の主人公だけどめちゃくちゃ応援したくなる!

「これはゲームだったら明らかに悪役だろう!」というようなキャラクターの主人公ですが、中身が成人した男性のせいなのか、周りに結構振り回されたりしているせいなのか、「アインズ様頑張って!」という気持ちが次第に高まりますね。最初は「主たるキャラクター多いな……覚えられるかな?」と思っていましたが、それはすぐに杞憂に終わりました。OPのメロディはかっこよくて口ずさんでしまいますし、EDは原作絵のようなので、何度もじっくり見直してしまいます。

dアニメストアで視聴する

オーバーロードの配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし
動画配信
サービス
テーブルテーブルテーブルテーブルテーブル
月額料金933円1,990円800円〜455円400円
無料体験2週間31日間なし30日間31日間
オススメ
アニメ版batsumarumarusankakumaru
劇場版batsumarubatsusankakumaru
公式公式サイト公式サイト
公式サイト公式サイト
公式サイト

複数のサービスで見放題となっていました。

どちらに登録しても視聴できますが、

普段からアニメをよく見る方は『dアニメストア』の登録をオススメします!

アニメ

U-NEXTに作品数で負けていますが、dアニメは月額料金が400円なのでコスパ最高です!

今なら『31日間の無料体験』もあるので、是非お気軽にお試しください!

上の画像は公式のキャプチャですが、

「初めてdアニメに登録する人は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、月額料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、31日間以内に解約したので0円でした!

お試しキャンペーン実施中!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

是非お気軽にお試しください!

オーバーロード
順番と時系列まとめ

まとめ

アニメ:オーバーロードの順番と時系列をまとめました!

オーバーロードの順番
  1. 第1期:オーバーロード
  2. オーバーロード 不死者の王
  3. オーバーロード 漆黒の英雄
  4. 第2期:オーバーロードⅡ
  5. 第3期:オーバーロードⅢ

オーバーロードはダーク・ファンタジー作品なので、子供も大人も楽しめると思います!皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。