ミッション:インポッシブルを見る順番はこれ!シリーズ全6作品の時系列とあらすじ【映画】

ミッションインポッシブル順番と時系列

映画:ミッション:インポッシブルのシリーズを視聴する順番をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2021年2月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

映画の公開順番と時系列

ミッションインポッシブル

ミッション:インポッシブルは、

現在まで『全6作品』が公開されてきました。

ミッション:インポッシブルを見る順番は以下の通りです!

公開順・時系列

ミッション:インポッシブル 順番

シリーズは公開順=時系列なので、

上記の通りに視聴すれば、そのまま映画を楽しむことが出来ます!

もちろん映画は基本的にアクションがメインなので、単体で見ても面白いと思います。

しかし一度出てきたキャラクターが後半で登場することもあるので、個人的には第1作目からの視聴をオススメします!

全6作品の順番とあらすじ

第1作目
ミッション:インポッシブル

不可能を可能にする

イーサン・ハントが所属するスパイ組織「IMF」の作戦が、何者かの密告により失敗に終わる。ひとりだけ生き残ったために裏切り者の汚名を着せられたハントだったが、疑惑を晴らすべく新チームを結成。真犯人を求め難攻不落のCIA本部に潜入を試みるが…。

監督ブライアン・デ・パルマ
評価
(4.09)
日本公開1996年レビュー258件
上映時間110分興行収入36億円
30代男性より

ドキドキしっぱなしでした!

トム・クルーズが演じる主人公の超人的な動きと思考で自分たちのチームをハメたのは誰なのかを解き明かしていくのが最高にかっこいい作品でした。スパイの秘密道具を駆使してピンチを華麗に切り抜けたり、主人公をハメようとしてくる奴らをいかにさばいていくのかをカッコよく見せてくれるので、見ている最中にドキドキが止まりませんでした。

30代男性より

イーサン・ホーク伝説のはじまり

人気スパイ映画の第一作にして、傑作。俳優トム・クルーズが好きなのでいろいろな作品を見ていますが、これははまり役ですね。仕事もできてカッコよく、女性関係も豊富で信頼もある。まったくもって羨ましいかぎりですが、災難の連続。仲間を失い、仲間に裏切られ、追われる身に…。様々なスパイ能力やアイテムを駆使し、真相に迫っていく様は目が離せませんでした。敵役にジャン・レノが出ていたのも良かったですね。海外の方が日本の忍者などに憧れるように、日本人はスパイに魅了されるのかもしれませんね。

20代男性より

最初から驚き!

最初のシーンはある事件の自白シーンから始まっており、どんな映画なのかなと見ていました。男が自白した瞬間、今まで部屋だった場所が、実はパーテーションで仕切られていただけで、みるみる部屋が解体されていきました。どういうことと見ていて困惑しましたが、あの部屋は相手を自白させるためにわざわざと作った部屋だということを知り驚きました。これはすごい映画かもしれないと最初から心を掴まれました。

30代女性より

最高の場面

ミッションインポッシブルといえば、イーサン・ホークの変装だと思います。顔を引っ張ると、仮面のような顔を剥がし、変装を解くところ。そして、やはりオープニングのテーマソングが、見ているこちらのアドレナリンを彷彿させます。名作ドラマをリメイクという事で、一作目が一番盛り上がったかな?と思いました。ド派手なアクションにスタントなしで挑むエピソードとか、とても話題になりました。

第2作目
ミッション:インポッシブル2

とにかく生きろ!

休暇中のIMFエージェント、イーサンに新たな指令が下る。元IMFメンバーのテロリスト、アンブローズが奪った殺人ウイルス「キメラ」と解毒剤の「ベレロフォン」を奪還するように命じられるが、チームに引き入れた女泥棒のナイアと恋に落ちてしまう。

監督ジョン・ウー
評価
(3.15)
日本公開2000年レビュー223件
上映時間123分興行収入97億円
20代男性より

アクションすごすぎ!

本作は前作に比べ、アクションが豊富に盛り込まれていました。アクションの質はとても高く、さすがジョン・ウー監督とトムクルーズだなと思いました。バイクアクションはとても躍動感あり、見入ってしまいました。またラストに足元にある銃をイーサンが蹴り上げるシーンはスローモーションで描写されており、とてもカッコ良く見えました。

30代女性より

恋愛映画?

作品としては面白かったが、スパイ映画ではなく、恋愛映画のように感じました。イーサンハントのアクションは前作に引き続き、迫力があって面白かったですが、前作程のワクワク感には欠けた印象です。悪役げシガーカッターで少しだけ指を切るシーンがありますが、個人的にはそこが一番ハラハラしました。これが後の伏線になるとは思わなかったので、意外性がありました。

30代男性より

女性スパイが魅力的でした。

主人公のイーサンが相変わらずかっこいい超人なのは言うまでもなく、女スパイとして登場したナイアが前作にはなかったタイプの魅力にあふれていました。危険な敵のアジトに単独でもぐりこんで情報をさぐっていく流れが、筋肉と銃で解決するイーサンとは違った味を出していて、見ていてワクワクしました。あまりスパイ道具とかは出てきませんでしたが、人間ドラマの中で人のカッコよさを追求した作品だと感じました。

30代女性より

ジョンウー監督

1から比べると別作品のように感じましたが、バイク走行シーンやマスクでのカモフラージュシーンなどスパイ映画感満載の作品だと思います。ジョンウー監督ならではの鳩や二丁拳銃も見ごたえありです。トムクルーズはもちろん素敵ですが、物語のカギとなるバイオテロ キメラの存在やサンディニュートンの可愛さもワクワクドキドキさせてくれます。アクションとストーリー展開がスピーディーで最後まで飽きずに見ることができます。

第3作目
ミッション:インポッシブル3

タイムリミット48時間

現役を引退し、スパイの育成にあたっていたイーサン。婚約者との結婚を控え幸せな日々を送っていたが、悪の組織に拘束された教え子を救うために現場に復帰する。そんな彼の前に武器ブローカーのディヴィアンが立ちはだかり、イーサンの婚約者にも危険が迫る。

監督J・J・エイブラムス
評価
(3.76)
日本公開2006年レビュー1035件
上映時間126分興行収入51.5億円
20代男性より

恐ろしい小型爆弾

本作には鼻から頭に投入する小型に爆弾が登場します。イーサンの仲間がそれにより死亡し、作中ではイーサン自身も爆弾を投入されてしまいます。もう少しで爆発するという所で、イーサンは自分に電気ショックを流して、爆弾の回路をショートさせようとするシーンは手に汗握るシーンでした。取り出せないなら電気ショックを使うという発想がスパイらしい型にハマらない解説方法だと思いました。

30代男性より

オープニングからドキドキでした!

冒頭のオープニングから主人公のイーサンが捕まって拷問を受けるシーンから始まり、何故そうなったのかを時間を戻って見せてくれる演出のせいで、鑑賞中もどうシーンがつながるのか考えてしまってドキドキでした。あと、イーサンが結婚して少しショックでしたが、映画が終わるころにはおめでとうイーサンと心から思ってしまっていました。おめでとうイーサン。

40代女性より

最も脂がのってるトムを見たいなら!

ミッション:インポッシブルシリーズの作品はいずれも、製作費や俳優陣がとても豪華で、それぞれ見ごたえがあります。この「3」の撮影当時のトム・クルーズはまだ40代前半で、今以上に見た目も動作も若々しく脂がのっており、今のようなCG全盛ではないため、肉体を使ったアクションも当時ならではの迫力を感じます。また物語内で結婚したトムが、スパイであることを妻に打ち明けられずに苦悩したり、妻を人質に取られて窮地に陥るというストーリー展開は、「スパイ大作戦のリメイク作」という大半の方が抱くイメージを払拭できた感があります。軽やかで派手なアクションと人間味あふれるトムをウリにした映画シリーズとして、作風を決定づけた「3」は、シリーズの中の記念碑的作品だと思います。

第4作目
ミッション:インポッシブル
ゴースト・プロトコル

不可能を超えろ。

テロリストに関する情報を得るため、モスクワのクレムリンに潜入したイーサン・ハント。だが、その途中で爆破事件に巻き込まれてしまう。米国政府は関与を否定し、犯人の濡れ衣を着せられたイーサンは、わずかな仲間と共に事件の真相を追い始める…。

監督ブラッド・バード
評価
(4.17)
日本公開2011年レビュー1183件
上映時間万人興行収入53.8億円
20代女性より

アクションが最高!

今までのシリーズとは大きく変わったアクションが最高でした。ヒヤヒヤする交渉シーン、最新のスパイ道具、ド派手アクションと、本当に飽きない展開でした!トムクルーズ演じるハントの敵役との頭脳戦が爽快です!また、ジェレミーレナー演じるブラントが個人的に一押しです!頼れるんだかヘタれるんだか、応援したくなるキャラクターです。

20代男性より

スパイアイテムがすごい

本作で登場するスパイアイテムがすごかったです。相手の視線に合わせて反対側の映像を写すというシートは見ていて面白かったです。簡易的な作りのようで、意外と正確に作られているところがリアル感がありました。また軍の制服を着ていたイーサンがミッションを終え、服装を変えるシーンでは、制服をひっくり返して着るだけで、観光客のような服装へと早変わりしたので見ていて驚きました。

30代女性より

ジェレミーレナーがいい!

今回から登場するジェレミーレナーがとてもいい役をしています。キャラ設定もいいですし、ジェレミーレナー本人にアクションやコミカルな感じも面白かったです。前作まで、チーム内の裏切りがあったりと見ていて切なくなりましたが、今回のイーサンハントはチームに恵まれていて嬉しくなりました。女殺し屋が呆気なく死亡したのは残念でした。

第5作目
ミッション:インポッシブル
ローグ・ネイション

絶対不可能に挑め。

各国の元諜報員で構成された悪の組織シンジケートを追っていた、イーサン・ハント。不覚にも彼らに捕われてしまう彼だったが、シンジケートのメンバーである謎の女性イルサに助けられる。形勢を整えて反撃に備えるが、IMFがCIA長官によって解体される。

監督クリストファー・マッカリー
評価
(4.24)
日本公開2015年レビュー1289件
上映時間131分興行収入51.4億円
20代女性より

胸熱展開と豊富なアクション

今のところシリーズ五作鑑賞済み、一番好きな作品。主人公が追われる立場であったり、昔の仲間が集結したり、漫画的アツイ展開がてんこ盛りで楽しめます。ただ本当にてんこ盛りすぎて最初から何度もクライマックスを迎えているような急展開続き、見ていて少々疲れるかも。アクションシーンは種類も豊富、どれも凄いの一言。

20代男性より

IMF映画にMI6登場

ミッションインポッシブルはアメリカの諜報機関のIMFを主とした映画となっていますが、本作にはイギリスの諜報機関のMI6が登場します。ボンドが出てこなかったのは残念です。そしてそのMI6が本作では重要な鍵を握っていることが2回見てわかりました。1回だとストーリーを理解するのが難しい映画でした。ストーリー展開が早く着いて行くのが大変でした。

30代男性より

いい意味でアメリカンジェームスボンド映画

彼に不可能はない!そんな映画になっていて安心してアクションを楽しめる。とうとう007のような映画になってきている。いい意味である。正月映画や夏休み映画の目玉となる大作アクション映画としてシリーズが続いていくのを期待する。強い女スパイが出てると楽しいね。

第6作目
ミッション:インポッシブル
フォールアウト

究極の不可能へ

IMFのエージェント、イーサン・ハントと彼のチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を目前にしていた。だが何者かの策略で仲間の命が危険にさらされ、作戦は失敗。イーサンたちはプルトニウムの奪還と、同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッションを受ける。

監督クリストファー・マッカリー
評価
(4.26)
日本公開2018年レビュー1044件
上映時間147分興行収入47.2億円
40代男性より

現時点でシリーズ最高傑作!

人気シリーズの宿命といってしまえばそれまでだが、広く認知されていくと同時に作品内で展開されるアクションシーンにも自然に期待が高まっていき、観客からの「次はいったいどんなアクションを見せてくれるんだ?」といった要求も増えてくる。しかしこのシリーズに関してはそういったものを軽々飛び越え、「ここまで凄い事をやってくれるとは!」とただ驚嘆させてくれる。本作でも中国人ヒットマンとの壮絶な肉弾戦からパリ市内のカーチェイス、ロンドンでの追撃戦を経て中央アジアの山岳地帯で展開されるヘリチェイスまで凄まじいアクションの連打で、つい「ここまでやったら次回作でやることないんじゃ・・」と余計な心配さえしてしまう。尤も杞憂に終わるに違いないが。

20代男性より

アクションと見せ方がすごい

クライマックスのイーサンがヘリコプターでウォーカーを追跡するシーンは見ていてハラハラドキドキが止まりませんでした。体当たりし、墜落した後、一騎打ちかなと思っていましたが、今度は墜落したヘリコプターが転がり始めてその中での様子を写しており、どうやって撮ったのか気になるくらい迫力ある映像になっていました。

40代女性より

ハラハラドキドキの瞬間

イーサンハントは彼のチームと一緒に3つのプルトニウムを回収していたが、そのプルトニウムを奪われて、命の危険にさらされてしまう。彼とIMFチームは再びプルトニウムを奪い返し、同時核爆発を未然に防ぐミッションを命令される。妻ジュリアと仲間は命の危険に去らされてしまい、いくつものフォールアウトがイーサンハントにふりかかる。

40代男性より

あらゆる乗り物のアクションも凄い

バイクを使った凱旋門前での疾走シーン、迫力あるカースタントはもちろん、地下水路を使ったボートのアクションも実に爽快感があります。また映画序盤の超高度からの高価ミッション、ラストの戦いにおいてのヘリコプターのアクションはこの映画以外では見られないほどのスリルとスピード感のあるものでした。もちろん肉弾戦のアクションも必見です。

40代女性より

面白いけど、けど、

トム・クルーズがとうとうヘリアクションもやるために免許を取得して空中でのアクションに挑んだ最新作。みんな大好きサイモン・ペグや前作からのアクションヒロインのレベッカ・ファーガソンも続投し、トムを盛り上げます。パリの街中や空中も含めて多種多様なアクションをトム本人がスタントなしで演じて畏敬の念を持ちます。ただ、冒頭、何はさておき一番大事なアレは確保しないと!!!という気持ちが最後まで拭えない。最高に楽しいアクションですが、自業自得?と思ってしまう瞬間もあります。

最後のまとめ

まとめ

ミッション:インポッシブル映画を順番・時系列でまとめました。

ミッション:インポッシブルの順番
  1. ミッション:インポッシブル
  2. ミッション:インポッシブル2
  3. ミッション:インポッシブル3
  4. ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
  5. ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
  6. ミッション:インポッシブル/フォールアウト

また無料で視聴する方法も記載してありますので、0円で見たい方は是非参考にしてみて下さい。

ミッション:インポッシブルはアクションが壮大なので、子供でも大人でも楽しめる作品だと思います。

皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です