まどマギを見る順番はこれ!シリーズ全5作品の時系列とあらすじ【アニメ・映画】

まどマギ 順番 時系列

アニメ:魔法少女まどか☆マギカのシリーズを見る順番と時系列をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2021年2月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

魔法少女まどか☆マギカ
シリーズを見る順番と時系列

まどマギ

魔法少女まどか☆マギカは、

現在まで『全5作品』公開されました!

公開順と時系列は以下の通り。

まどマギの順番と時系列

  • 黄色:テレビアニメ版
  • 緑色:映画・総集編
  • 赤色:映画・新作

まどマギ 順番

分かりやすく色分けしておきました。

シリーズは公開順=時系列なので、

上記の通りに視聴すれば、そのまま作品を楽しむことが出来ます!

また登場人物・物語は引き継ぎますので、飛ばして見ることもオススメしません。

しかし緑色の映画版『前編・後編』は、アニメ全12話をまとめた総集編となっていますので、こちらは飛ばしても構いません。

それにしても作品が多いので、ジャンル別で解説しますね!

テレビアニメ版

まどマギ

  • 魔法少女まどか☆マギカ
  • マギアナレコード
    魔法少女まどか☆マギカ外伝

TVアニメ化されているのは、上記の2つです。

「初めて見る!」という方は、TVアニメの第1話目から見れば何も問題ありません!

またマギアナレコード(マギレコ)は、まどマギを原作として制作されたスマホ向けのRPGゲームです。

まどマギ

2020年に、こちらのゲームを元にTVアニメ化されました!

アニメだけで完結するように再構成されており、アニメ版オリジナルキャラクターとして黒江という人物が登場しています。

現在は第2期の制作も進められていると発表されましたが、ハッキリ言って別作品なので見なくても問題ありません。

総集編

まどマギ

  • 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
    [前編] 始まりの物語
    [後編] 永遠の物語

先ほども説明しましたが、

こちらはテレビアニメ版の全12話を映画にした『総集編』です。

前編はテレビ版の8話まで、後編は9話以降となっています。

基本的な物語は同じですが、新しいカットやセリフが追加されている部分があります。

しかしアニメ版を先に視聴した方は、見なくても別に問題ありません。

続編の映画

まどマギ

  • 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
    [新編] 叛逆の物語

アニメ版のその後を描いた『完全新作の映画』となります!

新キャラも加わり、TVアニメ版などで見れなかった日常シーンを見ることができます!

しかし全体的に内容が複雑なので、アニメ版を見終わった後すぐに視聴することをオススメします。


最終的に「本編が見たいんだ!」と言う方は、以下の順番で見れば大丈夫です!

本編が見たい方へ
  1. TVアニメ:魔法少女まどか☆マギカ
  2. 劇場版:魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

一気見できるVODもまとめたので、参考にしてみて下さい。

全シリーズ一気見したい方へ!

魔法少女まどか☆マギカ
全5作品の順番とあらすじ

テレビアニメ
魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女物語の始まり

大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。市立見滝原中学校に通う、普通の中学二年生・鹿目まどかも、そんな日常の中で暮らす一人。ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない。それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い―それは、新たなる魔法少女物語の始まり。

評価
(4.10)
放送年2011年レビュー10,128件
監督新房昭之話数全12話

※Youtubeに移動します。

主題歌
OPコネクト
EDMagia
50代男性より

絵柄やタイトルからは想像のつかないギャップあり

「魔法少女まどか☆マギカ」は言い古された指摘かも知れないが、キュートな絵柄や魔法少女というタイトルからは想像が付かない程のディープなダークファンタジーだと感じます。その見た目故に大人の男が見るのには勇気が必要だと思いますが、流石深夜の大人向けアニメとして製作されただけのことはあり、12話で流れるように纏められた物語は誰もが一度は見ておくべき作品だと言える仕上がりです。

20代女性より

一昨年で初めて知った…

一昨年初めて知りました。きっかけはアニメ好きな旦那です。大学でブームが来て、男女問わず話題となったアニメだという話を聞き、半信半疑で見てみました。正直、最初は絵が好きではありませんでした。顔が最近のアニメにしては四角いなーと思っていたので…。しかし、これは真剣に見ないとなにを言ってるのかわからなくなると感じ真剣に見て行くうちにのめり込みました。最後は個人的には「え、こんな終わり方だったの!?」とびっくりでした。ぜひ見ていただきたいです。

20代男性より

大人向け魔法少女

魔法少女と言えばアニメーションの世界ではクラシックなジャンルで、古くは魔法使いサリーやひみつのアッコちゃんなどのポップでポジティブな作風が多く、子供向けアニメの代表だった。平成に入るとセーラームーンやレイアースなどの学生世代向けにシフトし、2000年代になるとバトルモノとの融合を果たしオタク向けジャンルへと意向した。そして明らかにそれらとは一線をかくす作品である『まどか☆マギカ』。もはや魔法少女という枕詞をフリにつかったシリアスなストーリー展開、明らかに対象年齢をアダルトにのみ絞った大人向け魔法少女と言える。魔法少女と言うブランドはいったいどこに向かっていくのか、考えさせられる作品である。

20代女性より

杏子がかっこいい!

私がまどかマギカで1番好きなキャラクターは佐倉杏子です。さやかが魔女になってしまった時、「独りぼっちは…さびしいもんな…いいよ。一緒にいてやるよ」と言いました。そのセリフがずっと忘れられずに何度も何度もアニメを見ていました。見ていてこんな理不尽なことがあるだろうかと思うような、何かを感じさせるアニメだと思います。

10代女性より

覚悟してみるべき作品

この作品はそれ以降の魔法少女ものの作品群にものすごい影響を与えていると思います。今までは「試練」くらいのものだった登場人物の運命が、明確に「残酷」ととれるものになってしまい、どのキャラクターにも感情移入してしまう。単純にけがを負う、死んでしまうのではない、心の一番深いところに刺さるので苦しくなることから逃げられない。

30代女性より

映像デザインとしても楽しめる

新房監督と劇団イヌカレーのコラボレーションによる、絶妙なテンポ感、かわいい女の子、おどろおどろしい魔女の世界。それらがすべて違和感なく調和しているのがすごいところだと思います。表現が斬新で、1話目の最初から世界感に引き込まれます。特に魔女と魔女の結界は今までのどのアニメでも見たことのない、新しいデザインで、ただ映像を流しているだけでもデジタル絵画として楽しめるのではないでしょうか。

30代女性より

佐倉杏子が好きすぎる

メインの5名にそれぞれファンがついていると思いますが、私はダントツで杏子が好きです!だって一番愛にあふれているのは杏子だと思うんです。自分のことだけ考えるんだとか言って、一番人のこと考えてしまって、しかも行動起こしてしまって、ほっとけなくなって最後は一緒にいてあげるという、、、一挙手一投足に感動する。最強のツンデレ。

40代男性より

コミカルな作品だと思っていましたが結構重たく悲しみのある作品

魔法少女まどか☆マギカは、主題歌がまず良いです。作品を見る前から気分が盛り上がることができます。今でも聴いているほどはまっている曲です。タイトルに魔法少女というのがあるので、見る前まではコミカルな感じの作品だと思っていました。しかしこの作品は全くコミカルではなく重たくそして悲しさもある作品になっていて、実に奥が深い作品です。1度ならず2度3度と見直したくなる作品でもあります。

40代男性より

ラストの展開には驚きました

正直、最初はあまり面白くありませんでした。魔女をスカっと討伐!とかではなく、内面のドロドロした部分や恋愛の縺れみたいなのが多く女性向きのアニメなのかなと感じた程。でも前半のつまらなさが後半をより強く盛り上げてくれましたね。まさかマスコットキャラ的な存在にあんな裏があったなんて!つっけんどんでこちらを敵視?していた少女のの裏にはそんな秘密があったなんて!と驚き感動しました。

20代男性より

魔女との戦いの悲しい結末

マドカ・マギカは自身が高校生の時に放映していたアニメで、よく印象に残っています。その可愛らしい絵からは想像できないほどの悲しいストーリーと過激な描写で魔法少女系のアニメの印象をかなり変えたものだと考えています。特にマミというキャラクターが食べられてしまうシーンでは、かなり驚きました。魔法少女になっても幸せになれないというエンディングもかなり斬新だと思いました。

20代女性より

シリアスだけど思ったよりも見やすい作品

アニメの「魔法少女まどか☆マギカ」はNetflixで最近見ました。最初から結構シリアスで暗いと聞いていたので覚悟していたのですが、最初に予想していたよりも見やすいと思いました。私は元々シリアスな話が好きなので、大満足でした。登場人物の中では「ほむら」が一番好きです。魔女や魔女が作り出す空間を表現する絵が可愛いのに、不気味さをそこはかとなく醸し出しているところも魅力的でした。

50代男性より

今まで見たことのない作品

魔法少女ものということで可愛い少女が勧善懲悪で悪を懲らしめるという内容を想像すると完全に裏切られます。作画はかわいく描かれているが、ストーリーはダークファンタジーでこの後の作品に大きな影響を与えている作品だと思う。作品全体を通して背景が今までの日本アニメにないような海外チックな雰囲気で非日常を演出していて、ストーリー展開ともマッチしています。

40代女性より

可愛らしとグロの融合

パステル調の可愛らしいキャラクター達に反して、物語がグロいです。ファンの間のみならず『マミる』の表現が広がったように、第三話の巴マミの絶命シーンは衝撃的でした。穢れが溜まり、さやかが人魚の魔女に変身した時には、とってもかわいそうでなりませんでした。「独りぼっちはさびしいもんな。いいよ、一緒にいてやるよ、さやか」さやかを止めるために相打ちになった杏子、切なくて涙が出ました。まどかも全ての魔法少女を救うため、存在が消えみんなの記憶からも消えてしまうなんて。辛く悲しいアニメなのですが、何度も見直してしまう魅力的なアニメです。

20代女性より

最初のイメージと…

最初は普通の女子高生が魔法少女に変身して敵と戦うといったどこにでもあるようなアニメのイメージでしたが、いざ見てみると中々主人公は魔法少女にならないし、少女達の可愛い絵と正反対な魔女の絵にとても引き込まれました。魔法少女一人一人にどこか闇を抱えている描写や、魔法少女の死、思い描いていた「可愛いくて強い」魔法少女ではなく「シリアス」な魔法少女とても面白くて私が初めてハマったアニメでした。

50代男性より

かわいらしさの裏にあるとんでもない衝撃

魔法少女という存在や概念を大きく揺るがしたアニメだと思います。最初はかわいい絵柄やありがちな展開に騙されてしまいますが、キュウべえという存在の危険性と共に、どんどんソウルジェムの真実やら魔女誕生の秘密などが、魔法少女の暗黒面がわかってくると、かわいらしさの裏側にある恐ろしさに気付かされます。魔法少女の裏面史という感じで衝撃的な作品です。

U-NEXTで無料視聴する


劇場版
魔法少女まどか☆マギカ
[前編] 始まりの物語

かなえたい未来があった
たとえ、自分を騙してでも

温かな家族や美樹さやかといった親友に囲まれ、平穏な日々を送る中学2年生の鹿目まどか。そんな彼女のクラスに、暁美ほむらという少女が転校してくる。とある晩に見た奇妙な夢の中で出会った少女と彼女の容姿が同じことに気付いたまどかは、ほむらから謎の言葉をささやかれて困惑する。そんなある日、奇妙な生物を襲うほむらを見掛けたまどかは、彼女を止めようとするうちに異様な空間へと迷い込み、恐ろしいクリーチャーに囲まれる。

主題歌ClariS「ルミナス
評価
(4.11)
公開年2012年レビュー342件
上映時間131分興行収入5.9億円

U-NEXTで無料視聴する


劇場版
魔法少女まどか☆マギカ
[後編] 永遠の物語

変えられない運命だって
壊してみせる

かわいらしいキャラクターと“魔法少女”というメルへンチックな印象とは裏腹に、ダークな世界観と予測不能のストーリー展開でヒロインたちを待ち受ける過酷な運命を描き、社会現象とも呼べるセンセーションを巻き起こしたシャフト制作の深夜TVアニメの劇場版。TVシリーズ全12話を前後編の2部作に再編集。本作はその後編。

主題歌Kalafina「ひかりふる
評価
(3.98)
公開年2012年レビュー309件
上映時間111分興行収入5.6億円

U-NEXTで無料視聴する


劇場版
魔法少女まどか☆マギカ
[新編] 叛逆の物語

愛と奇跡の物語

宇宙から来た謎の生き物キュゥべえの力によって、どんな願いでも一つだけかなえる代わりに魔法少女となった鹿目まどかは、魔女と戦うほかの魔法少女たちの悲しい姿を見て、魔女が存在しない世界を願った。彼女の願いはかない世界は改変されたが、魔女の代わりに魔獣がはびこるようになり、魔法少女の暁美ほむらは戦闘の継続を胸に決める。その後、月日は流れ魔法少女の美樹さやか、巴マミ、佐倉杏子、ほむらは、ナイトメアと呼ばれる怪物退治に精を出していた。あるときほむらは、戦いをこなしていくうちに疑問を感じるようになる。

評価
(3.45)
公開年2013年レビュー 1,457件
上映時間116分興行収入20.8億円

※Youtubeに移動します。

主題歌
OPコネクト
ED君の銀の庭
挿入歌misterioso
40代男性より

展開がとにかく意外

テレビシリーズであれだけきれいにまとまった作品を続編としてしっかりと描いており、ラストもしっかりと締まっているというのは物凄い作品だと思います。ほむら視点で描かれている作品と言えるものの、他の魔法少女もしっかりと活躍シーンがあり、アクションシーンの迫力も凄かったです。気合の入った変身シーンも大変印象的でした。

30代男性より

人は愛のためならば悪魔に堕ちるのか

驚きのストーリーでした。テレビ版で最後に創造された世界の延長で、円環に漏れた強い魔女をみんなで倒す的な正統でお約束的な続編ではなく、おそろしく挑戦的な劇場版です。あれだけ大ヒットした作品の満を持した続編劇場版というプレッシャーをこうも見事に跳ね返して違うレベルの作品に仕上げてくるとは、シャフトをはじめ関係者の情熱と失敗を恐れぬ心意気にに拍手を送りたいです。

U-NEXTで視聴する


テレビアニメ
マギアレコード
魔法少女まどか☆マギカ外伝

失われた願いを求める
環いろはの物語

願いの成就とひきかえに、人知れず戦い続ける魔法少女たち。しかし環いろはは、自分の願いを忘れてしまっていた。『魔法少女になった時、私は何を願ったんだっけ?』日常の中にぽっかりと空いた穴。失われてしまった大切ななにか。理由もわからないまま、戦いつづける毎日。そんなとき、魔法少女たちの間で噂が流れはじめる。『神浜に行けば、魔法少女は救われる』魔法少女とウワサの集まる街、神浜市。失われた願いを求める、環いろはの物語がはじまる―。

評価
(3.50)
公開年2020年レビュー273件
監督劇団
イヌカレー
話数全13話

※Youtubeに移動します。

主題歌
OPごまかし
EDアリシア
40代男性より

本編とは魔女化を違った捉えた方をしていて面白い

本編での魔女化は百害あって一利なしというものでした。でもこの外伝だと違った形で魔女化を取り扱っているんですよね。まあ本来は本編同様の魔女化なんですが、ドッペル化をすれば魔女化を上手く利用出来るように。魔女化を自分の物としたことで、魔法少女達の攻撃もより強いものに。戦闘シーンが本編より白熱したものになってていいですね。とはいえ本編のキャラも強い。マギウスの翼という謎の組織も絡み、すごく面白いですね。

50代男性より

CGがきれい

前作から9年後の作品ということで当たり前だが、CGがきれい。第一話のオープニングからその美しさに目を奪われてしましました。内容的には前作を前作と同様に鬱々とした陰湿な雰囲気がある一方少しパワーダウンしているかなと感じた。前作に比べて万人受けする内容に少しなってしまったのかな。ただし、前作に出てきたキャラクターが出てくることで、前作のファンの人も楽しむことができる作品。

U-NEXTで無料視聴する

まどマギの配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし
動画配信
サービス
テーブルテーブルテーブルテーブルテーブル
月額料金933円1,990円800円〜455円400円
無料体験2週間31日間なし30日間31日間
オススメ
アニメ版marumarumarusankakumaru
総集編batsumarumarubatsumaru
劇場版
新編
batsusankakubatsusankakusankaku
外伝marumarumarumarumaru
公式公式サイト公式サイト
公式サイト公式サイト
公式サイト

複数のVODで新編以外が見放題となっています!

どちらに登録しても視聴できますが、

普段からアニメをよく見る方は『U-NEXT』の登録をオススメします!

アニメ

実はU-NEXTはアニメの作品数で第1位を誇っています!

もちろん映画もドラマも充実しているので、ハッキリ言ってここに登録しておけば、他のサービスに登録しておく必要がありません。

そして今なら『31日間の無料トライアル』が付いています!

上の画像は公式のキャプチャですが、

「U-NEXTに初めて登録する方は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、期間中に解約したので0円でした!

お試しキャンペーン実施中!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

是非お気軽にお試しください!

魔法少女まどか☆マギカ
シリーズの順番まとめ

まとめ

アニメ:魔法少女まどか☆マギカの全シリーズの順番をまとめました!

まどマギの順番
  1. 魔法少女まどか☆マギカ(全12話)
  2. 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語
  3. 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語
  4. 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
  5. マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

魔法少女まどか☆マギカはアニメ作品なので、子供も大人も楽しめると思います!皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。