名探偵コナン映画おすすめ人気ランキングTOP15【評判・口コミ】

名探偵コナン映画人気オススメランキング

名探偵コナンの歴代映画は1997年に公開された初作品より、現在まで『24作品』(ルパン除き)が上映されてきました!

コナン

24作品もあれば当然ですが「楽しい作品・泣ける作品・つまらない作品」など、評価が生まれてしまうのは仕方がないと思います。

本記事では皆様の口コミを参考に、

名探偵コナンの映画人気ランキングTOP15を紹介します!

どの作品が一番面白いとされているのか、気になる方は是非参考にしてみてください。

順番タイトル
1作目時計じかけの摩天楼
2作目14番目の標的(ターゲット)
3作目世紀末の魔術師
4作目瞳の中の暗殺者
5作目天国へのカウントダウン
6作目ベイカー街(ストリート)の亡霊
7作目迷宮の十字路(クロスロード)
8作目銀翼の奇術師(マジシャン)
9作目水平線上の陰謀(ストラテジー)
10作目探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)
11作目紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)
12作目戦慄の楽譜(フルスコア)
13作目漆黒の追跡者(チェイサー)
14作目天空の難破船(ロスト・シップ)
15作目沈黙の15分(クォーター)
16作目11人目のストライカー
17作目絶海の探偵(プライベート・アイ)
18作目異次元の狙撃手(スナイパー)
19作目業火の向日葵
20作目純黒の悪夢(ナイトメア)
21作目から紅の恋歌(ラブレター)
22作目ゼロの執行人
23作目紺青の拳(フィスト)
24作目緋色の弾丸

映画:名探偵コナン
人気ランキングTOP15

第15位
名探偵コナン 絶海の探偵

それ、マズくね!?

海上自衛隊によるイージス艦の体験航海を楽しむため、京都の舞鶴港沖にやってきたコナンたち少年探偵団一同。しかし突然、けたたましい音が鳴り響き、左腕を失った自衛隊員の遺体が見つかる。捜査に乗り出したコナンは、イージス艦にある国のスパイ“X”が紛れ込んでいることを突き止めるも、スパイの魔の手はコナンたちにも忍び寄る。

主題歌ワンモアタイム
評価
3.63
公開年2013年監督静野孔文
レビュー841件興行収入36.3億円
20代女性より

コナンにしては渋い!

コナンの映画は基本的に子供向けアニメなので推理もわかりやすくアクションもかなり入れている、パッと見てわかりやすいものが多いですが、この作品はコナンが海上自衛隊の船に乗り込み他国のスパイを探すという話なので、全体的に潜入しての調査の場面が多く、珍しく大人むけのスパイ映画みたいな大人しい作品になっています。その分、最後の蘭のスパイとの戦闘シーンは画面の角度をダイナミックに使っていましたが、それを入れても全体的に大人しめで、推理小説が好きな人には面白いと思います。

30代女性より

テレビで見ました!

イージス艦という狭い空間で一体何をやるんだと思いましたが中々充実した2時間でした。私的感覚でいうと水平線上以降の無難シリーズといった位置づけですが、中身が詰まった作品なので是非見て欲しいです。酷評レビューが多くてビックリですが、「オイオイ」と思うところもツッコみながら楽しめると思います。

20代女性より

突っ込みどころ満載のリアル志向

自衛隊の協力により舞台のイージス艦が細かく描かれているので、その見学に行きたくなります。何一つ自衛隊についての知識がなくても階級などは教えてくれるので問題ないです。ただ、そんなところで携帯電話使う?やそんなに時間経っていたら助からないのでは?や自衛隊の機密保持ってそんな軽くていいのですか?などと、リアル志向にしたがゆえに突っ込みどころ満載です。

20代男性より

脚本でこうも変わるのか!?と感じる作品

プレシーズンから相棒のファンであり、小学生の頃からコナンファンでもある自分としては嬉しい結果になりました。櫻井さんが脚本を書くと聞いた時から期待しかしてませんでしたが、やっぱり良かった。アクションは抑えめでしたが、その分内容の濃さではここ最近の中ではナンバー1といっていいと思います。

第14位
名探偵コナン 紺青の拳

決して、あなたを離しません

19世紀末、シンガポール近海に海賊船と一緒に沈んだとされるブルーサファイア“紺青の拳”。その宝石をある富豪が回収しようとしている中、マリーナベイ・サンズで殺人事件が発生し、現場で怪盗キッドによる血塗られた予告状が見つかる。江戸川コナンは、キッドの策略によって、シンガポールへ行かざるを得ない状況に追い込まれる。

主題歌BLUE SAPPHIRE
評価
3.66
公開年2019年監督永岡智佳
レビュー571件興行収入90億円
30代女性より

シンガポールに行きたくなること間違いなし!

シンガポールを舞台に、コナンと怪盗キッドが大活躍します!注目したいのは映画オリジナルキャラクターのレオン・ロー。ミュージカル俳優の山崎育三郎が声優を務めており、その美声を存分に生かした演技が魅力です。また英語を話すシーンでは、わざわざイギリス訛りの英語を練習したとか。ぜひみなさんに見ていただきたい作品です。

20代女性より

ファンタスティック・アクションムービーです

4年ぶりのキッド登場作品、そして京極真の初メイン映画。近年の映画では作中、テロや事件が大規模で、殺人事件が起きたり起きなかったりするため、推理ものとしては賛否あったかと思うが、今作は冒頭から殺人事件が起きるので回避できたかなと個人的には思う。とはいえアクションについては近年まれにみる派手さ。初の海外が舞台で、あそこまで破壊するのか、といっそ爽快である。また、新一と蘭が正式に恋人関係になって初めての映画であるため、その描写が多くあったこと、加えて京極と園子のシーンが多く、青春映画でもあったように思う。とにかく京極が人間離れした戦闘能力を持っているため、彼だけ別次元を生きている。コナンはまだいろんな博士の道具があるため擁護しようがあるが、彼は存在だけで作中のパワーバランスが崩れかねない。スピンオフがあれば絶対にバトル漫画になると確信する。

10代女性より

もはやアクション映画…

この映画では、鈴木園子の彼氏で『蹴撃の貴公子』と呼ばれる空手の選手、京極誠がキーパーソンです。物語では、彼の苦悩や園子との関係性が描かれていて、コナン本編では登場する事が少なめな彼の人間性を、深く知る事が出来ます。また、いつも誰かの悩みを聞く側である園子ですが、今回は彼女自身が、誠の事で悩みを抱えるなど、普段とは違う彼女の姿を見る事が出来ます。舞台はシンガポールで、字幕が無ければ内容が分からなくなるところでした!また、もはやコナンは推理が中心となる作品ですが、この作品の推理要素が少なく、寧ろアクション映画になっていたように感じました…特に作品終盤は、京極さんの最強過ぎる戦闘シーンに思わず「出る映画を間違えたんじゃない?」と漏らした程です(笑)

20代女性より

キッドのための映画です

園子の彼氏、京極真映画初登場です。彼が出てくると突然アクション映画に早変わりです。終始シンガポールでの殺人事件が問題なので、パスポートを持っていない「江戸川コナン」は行くことが出来ないため、ほとんど出番がありません。ちゃんとシンガポールにキッドが連れてくるのですが偽名を名乗っているので、みんなコナンとしては接してくれません。またコナンではないので、キッドとの協力がメインです。窮地に立たされるキッドが一転して形勢逆転するのを楽しむ映画です。

20代女性より

京極真&怪盗キッド再び!!

以前、アニメで一度あった京極真と怪盗キッドの組み合わせがついに映画化した作品でした。あまりキッドには焦点をあてず、メインは京極さんでしたが、京極さんのカッコいいアクションシーンが多く、最後にはまさかのキッドとの共闘で大迫力でした。怪盗キッドが出てくる映画はあまり面白くない作品が多いのですが、これはとても面白かったです!!

20代女性より

やっぱりかっこいい!

数年ぶりに映画に出てきた怪盗キッド。一番好きなキャラが出てくるとのことで映画を見る前からワクワクしてました。京極さんとの闘いでニヤッと笑うところが本当に好きで悶えました笑。最後にはやっぱりコナンと協力して敵を倒す所も大好きです。シンガポールで新一に変装してスーツケースから出てきたコナンとの掛け合いやキッドが蘭とプールに入っているシーンも数えたらキリがないくらい好きな場面が多い映画になりました。

30代男性より

眠ってしまった

全然面白くなかった。どんでん返しを入れて、さも「おもしろいでしょ?」としてるのにイライラさせられた。だって犯人の心情や、過去などをとって付けたようにしか描いていないので、共感はおろか、動機が弱すぎて、何でそんな理由でこんな大犯罪を犯したのと思ったからだ。しかも、時間がたりなくなったのか、その犯人をやっつける場面が、全然ハラハラしないレベルで終わる。ずーっと犯人ですよーと引っ張ったやつを倒した方がよほどすっきりした。さらにシンガポールを大破壊しといて、事件が解決したから、めでたしめでたしって、なんねーだろと思った。下手したら千人規模の死者が出てるはずなのに。コナンの推理も、ほんのちょびっとで、たいした活躍もしないし、キッドも全然クライマックスでは目立たないし。どこの場面で盛り上がればいいんだっ、とフラストレーションがここまでか、というくらいたまった。

30代女性より

京極と園子の愛

絆創膏の真実ですれ違いが起こったけれど、その誤解が溶け、京極が園子を背負って戦う姿がカッコよくて惚れます。園子の可愛らしさを再確認する場面もあります。怪盗キッドとコナンの共闘シーンもタッグが最高で見ごたえあります。

第13位
名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌

さよなら、コナン

謎の男の依頼で横浜へとやって来た小五郎とコナンたち一行。しかし、その男は罠を仕掛け、蘭や少年探偵団たちを人質に取ってしまう。タイムリミットは12時間。その間に依頼された事件の真相を解かなければ、蘭たちに取り付けられた爆弾が爆発すると脅される。さらに、その男はコナンの正体が工藤新一である事を知っていて……。

主題歌ゆるぎないものひとつ
評価
3.71
公開年2006年監督山本泰一郎
レビュー584件興行収入30.3億円
20代女性より

ハラハラドキドキ。そして切ない。

ミラクルランドというテーマパークを舞台に繰り広げられるお話で、依頼人により蘭や少年探偵団の腕に付けられたフリーパスIDが、時限爆弾になっているとわかるとそれを聞いた哀ちゃんが何も知らない少年探偵団を一定のエリア内に停滞させようと奮闘する哀ちゃんの姿が可愛く、面白い。最後は「何してんだ、元太!苦笑」と思わずツッコミたくなる場面もあったが、コナン映画恒例の「ありえない感」が出ていて面白かった。

30代女性より

さり気なさにぐっとくる!

さり気ないキッドの使い方が最高でした!今回キッドが変装していたのは白馬探くんです。最後にIDを回収した時、数を数えたにも関わらず元太のIDは身に着けたままでした。これは園子のIDを間違えて回収したからです。そして、園子のIDは一度失くなっているのですが、ペンキが付着した状態で戻って来た。これは、コナンくんたちがバイクに乗った手下と対戦した後に白馬くんが「ペンキでベトベトだ」と言っていることから、キッドが園子のIDを拝借していた、ということに繋がります。この他にもバイクの手下と戦う時に、コナンくんを挟み撃ちにしようとした手下の一人を後ろから大きな影が覆う描写があります。これはキッドがハンググライダーで上から襲ったことの描写です。そして、川に落ちたコナンくんを助けたのは白馬=キッドです。きっとハンググライダーで飛んで助けに行ったのでしょう!このいろんな台詞や描写の裏にキッドの行動が隠されているところがたまりません!

30代女性より

10周年の割には…

映画10周年の記念作品の割には内容が若干、インパクトに欠ける印象です。作画にもムラがあるのも少し気になりましたがお馴染みのキャラ達が総出演しているのであまり細かい点を気にしなければ楽しめました。灰原さんの『ずっと側に居てね』が可愛かったです。

20代女性より

探偵たちが豪華勢揃い!

名探偵コナンの映画シリーズで一番すきです!トロピカルランドで、灰原が陰ながらみんなを守ろうと試行錯誤しているところや、蘭ねえちゃんの「ミラクルランドクイズ!」は珍しいです。コナン(新一)と平次の最強コンビに白馬探(キッド)も参戦し、出てくるメンバーに今までにはない豪華さがあります。色んなところへ行って推理していく楽しさもあります。また、小五郎が弱気になって妃英理に電話連絡するところも好きです。終盤、最後にみんなのところへ阿笠博士と目暮警部、白鳥警部が行く所は感動です。そして、最後にキッドがかけつけてくれるとこは、キッド来た!と興奮しました。

第12位
名探偵コナン 漆黒の追跡者

逃げ切れねぇ、か…

東京を中心に6件の広域連続殺人事件が発生したため、目暮警部を筆頭に、各県の刑事たちが捜査会議に参加していた。コナンは会議を抜けた一人の刑事がスポーツカーに乗り込む瞬間を目撃するが、宿敵“黒づくめ”の一人が会議に参加して逃走を図ったことに気付く。コナンは危険を承知の上で、単独捜査を開始するが……。

主題歌PUZZLE
評価
(3.75)
公開年2009年監督山本
泰一郎
レビュー741件興行収入35億円
20代女性より

クライマックスの射撃シーンは圧巻!

黒の組織絡みの面白さやキャラクターもたくさん出てきて見ごたえある作品。クライマックスの東都タワーでのコナンと黒の組織との対立は、迫力があり見ものである。組織内での争いもあり、切ない場面も用意されている。神谷明さんが演じる毛利小五郎の最後の劇場版作品であるため、その部分を意識して見ると感慨深い。

30代女性より

アイリッシュの死が切ない!

漆黒の追跡者にのみ登場する組織のメンバー・アイリッシュは作中ずっとコナンくんを追い詰める存在でした。しかし、最後にコナンくんを庇って死にます。工藤新一=江戸川コナンだと知っている存在を残すことは本編に影響してしまうので、出来ないことはわかりますが、工藤新一を認めた直後に死が訪れるのはとても切ないです。アイリッシュのラストシーンは強く胸に刻まれました。

30代女性より

黒の組織がかっこいい!!

劇中で黒の組織全体の話は殆ど進んでいませんが、ミステリー、アクション、サスペンスのバランスがかなり良くて始終ハラハラドキドキしっぱなしでした!蘭姉ちゃんが常人離れした強さで凄すぎです!!全体的には満足度が高かったのですがDAIGOさんの演技が残念でした…

30代女性より

ゲスト声優陣変革の始まり

この頃から劇場版にタレントや俳優がゲスト声優として出演されるようになりました。この作品ではDAIGOさんが水谷というかなりの重要キャラクターを演じてらっしゃいますが、個人的にはどうにも演技に納得ができず物語に集中できなくなる場面がありました。映画のストーリーなど、それ以外は楽しめました!

第11位
名探偵コナン から紅の恋歌

待っとれ 死んでも守ったる

百人一首で有名な皐月会主催の皐月杯の会見収録が行われていた大阪・日売テレビで、爆破事件が起きる。崩壊するビルに高校生探偵の服部平次とその幼なじみ・遠山和葉が取り残されるも、コナンが救い出す。犯行声明が出ないことに疑問を抱いて調べを進めるコナンと平次の前に、平次の婚約者だという百人一首高校生チャンピオンの大岡紅葉が現れる。

主題歌渡月橋 〜君 想ふ〜
評価
(3.82)
公開年2017年監督静野孔文
レビュー601件興行収入68.9億円
20代女性より

一番好きかもしれないです

映画版名探偵コナンの良さが一番出ていると思います。爆発シーンに推理と恋愛がちょうどよく半々になっていて、どれを求めている人も納得できる作品だと思います。最後の平次が一葉に言った「手ぇ離したら殺すで」は名台詞だと思います。平次と一葉がバイクで飛ぶシーンなんか現実ではありえないですが、コナンらしくてとても好きです。

20代男性より

2人の恋物語

毎度毎度思うのですが、平次!しっかり気持ちを伝えんかいって感じです。誰よりもいつも思ってるし、行動的に視聴者の方がやきもきしちゃいます。今回は百人一首がテーマとなっていましたが、上手く殺人と、また物語と絡んでいて百人一首を始めるきっかけになりました。

30代女性より

平次と和葉

和葉の負けん気が強い場面が見られます。平次のことを好きな恋敵が登場しますが、平次は和葉一直線にLOVEの気持ちを垣間見るシーンが好きです。平次とコナンのピンチに、平次が活躍していると感じるシーンも好きです。

20代女性より

和葉のライバル登場!!

珍しく、平次ではなく和葉の方にスポットを当てた作品で、初めて大岡紅葉が登場した作品でした。この頃流行りのカルタを使った内容で、平次、和葉、紅葉の3人と、犯人と過去の「皐月杯」優勝者の2組の題名通り恋模様を巡った作品になっています。全体的にコナンや蘭はあまり出ず、平次、和葉、紅葉を中心にした作品なので、平次ファンには嬉しい作品だと思います。

第10位
名探偵コナン 天空の難破船

華麗なる冒険の空

世界中を股に掛けて宝石を狙う怪盗キッドのところに、彼との対決に執念を燃やす大富豪・鈴木次郎吉からの挑戦状が舞い込む。世界最大の飛行船ベルツリー号の宝石“天空の貴婦人”を盗んでみろという次郎吉の申し出を知らされ、コナンや蘭、小五郎も駆けつけるが……。

主題歌Over Drive
評価
3.91
公開年2010年監督山本
泰一郎
レビュー794件興行収入32億円
30代女性より

コナンくんとキッドの共闘

コナンくんとキッドはお互いのことを利用し利用され同じ事件を解決する、という共闘をたまにしますが、天空の難破船は二人の距離がとても近いです!飛行船から落とされたコナンくんをキッドが自ら飛行船から飛び出して助けに来たり、飛行船へ戻るために新一に変装することをコナンくんがお願いしたり、最終的な目的は違っても、そこに至るまでに必要であれば協力し合うというライバルとは言い難い二人の関係が面白いです。素の状態のキッドがたくさん観られる嬉しいです。

30代女性より

シンプルさが好き。

コナンの映画の中では誰も死亡者が出ないのが珍しいです。他の映画にあるド派手なアクションや大爆発も無く、謎解きもシンプルなのが良いです。怪盗キッドの活躍も多く、キッドが好きなので沢山、見る事が出来て嬉しかったです。

20代女性より

コナンとキッドのコンビが好き!

飛行船がジャックされる話。コナンが密かに爆弾処理をしていたことが犯人グループにバレ、飛行船から放り出されてしまいますが、そこでキッドが登場!キッドとコナンが敵対同士ながらタッグを組んで飛行船へ戻るところが好きです。最後は予告でも見ていた、蘭と新一(キッド)のドキドキしました!

30代女性より

皆のピンチに…

怪盗キッドがコナンを救うシーンが良いです。コナンや子供達も活躍しているし、蘭の新一を信じての命がけの頑張りが好きです。キッドメインの映画の中で、平次と和葉も出てくるので、出演するキャラが豪華だと感じます。

第9位
名探偵コナン 14番目の標的

次に狙われるのはだれだ!?

探偵、毛利小五郎の周りで殺人未遂事件が連続発生。いずれの現場にもトランプに関連のあるものが残されていた。犯人が狙う人物は小五郎に関係があり、しかも名前に数字が入っている。その数字をトランプに当てつけ、順番に殺していこうとしているようだ。そして最後のスペードのエース、すなわち1を意味する人物は工藤新一だった。

主題歌少女の頃に戻ったみたいに
評価
4.05
公開年1998年監督こだま
兼嗣
レビュー307件興行収入18.5億円
20代女性より

ラスト直前まで騙されます!

登場人物の大半に数字が入っているということにまずビックリします。レギュラーキャラクターがこんなにも数字の名前だとは思ってもいないのでビックリします。早い段階から犯人が絞られるので、アクションなのかと思っていると、見事に脚本家に騙されるので楽しいです。正統派ミステリーといった感じです。

20代女性より

小五郎と英理を取り巻く過去の内容が明らかに!

この作品は、毛利小五郎と妃英理、蘭を取り巻く、過去にあった小五郎が警察を辞めるきっかけとなった事件が現在の連続襲撃事件をきっかけに明らかにされるというものです。小五郎と恵理が過去に何を考え、何を感じたかを、現在の蘭とコナンが事件を通して追体験をすることで理解するという内容がとても印象的でした。最後の建物が爆発するシーンはハラハラしてとても目が離せませんでした。そして、最後の別居の本当の理由がとてもおかしかったのを覚えています。

40代女性より

狙われた14人

トランプの札になぞられて、阿笠博士、目暮警部、蘭のお母さんが狙われたのにはビックリです。特に蘭のお母さんの名前は妃英理で、数字の12との関係は?と考えるのが面白かった。毛利小五郎が拳銃の名手というのにも驚きです。数字合わせで集められた人がかわいそうだと思ったけど、みんな助かってよかったです。

20代男性より

キャラクターの名前

今まで登場キャラクターの名前を気にしたことはありませんでしたが、毛利小五郎と親しい人物の名前に数字が入っている人が狙われるようになり、注意して見るようになりました。まさか目暮警部の名前が十三という名前なのは驚きでした。

30代女性より

わかりやすいミステリー!

小五郎のおっちゃん関係に見せかけた殺人事件でした!トランプの13から順に殺したり、負傷させたり。犯人は誰だ?って推理しやすかったです。人数も13人の中の誰かなので。新一とか警部とか除けば、さらに絞られて、頭を使うけどそこまで使わずストレスにならず、スカッとするミステリーでした!

第8位
名探偵コナン 迷宮の十字路

私たち、やっと逢えたんだね…

仏像や古美術品専門の盗賊団“源氏蛍”のメンバーのうち5人が次々と殺害される事件が発生。同じ頃、コナンは山能寺の僧侶・竜円からの依頼で、8年前に盗まれた秘仏捜索のため、小五郎や蘭らと共に京都を訪れていた。仏像を盗んだ犯人が源氏蛍だと直感したコナンは、服部平次と協力して調査を開始する。コナンは平次の案内で鞍馬山を訪れるが、そこで平次がライダースーツの男に弓矢で狙撃されてしまい…。

主題歌Time after time
〜花舞う街で〜
評価
4.15
公開年2003年監督こだま
兼嗣
レビュー461件興行収入32億円
30代女性より

謎解きが面白い!

天狗や鯰など謎の絵が書かれた紙の謎を解くことで事件の元凶である仏像のありかを示す場所、さらにその敷地の中での隠された場所がわかります。そして平次の初恋の人に繋がるのもこの紙に関係していて、平次が戦う刀を手に入れたのもこの紙のお陰です。なんともシンプルなのに複雑に絡められた内容がとても面白いです!

30代女性より

平次好きには堪りません!

平次のファンなのでコナンの映画の中で一番好きです。京都の通りのわらべ歌を覚えるくらい何回も観ました。始終、平次が恰好良いし、和葉も可愛くて最高でした!主題歌の倉木麻衣さんの歌も綺麗で、少し切ない感じが凄く合っていて素敵でした。

20代女性より

コナンと平次の活躍にドキドキします!

迷宮の十字路は京都が舞台。京都の土地を犯人追跡のためにコナンと平次がバイクに乗ってかっ飛ばしたり、平次が袴姿で刀で敵と戦ったりと…アクションシーンも見応えのある作品です。中でもビックリしたのが、コナンが壁に刺さった矢を踏み台にジャンプしキック力増強シューズでシュートを決めたシーン!矢が踏み台になるんだー!!?とコナンの身体能力に改めて驚かされた作品でもあります。

40代男性より

こだま監督最後にして最高級の傑作

良作コナン映画の方程式となりつつある服部平次が登場し主人公とも言える大活躍を見せてくれます。ラストには爽やかな伏線回収をしてくれてほっこりする事間違いなし。そして作品へ華を添える倉木麻衣の主題歌。歴代主題歌で№1クラスの作品とのマリアージュで心に染み入ります。必見です。

第7位
名探偵コナン ゼロの執行人

それが、お前の真実か

東京サミットが開催される東京湾の新施設、エッジ・オブ・オーシャンで爆破事件が起こる。サミット前に爆破事件が起きたことと、全国の公安警察をコントロールする警察庁の秘密組織“ゼロ”に所属する安室透の不可解な動きに、コナンは違和感を抱く。そして、毛利小五郎が事件の容疑者として逮捕され……。

主題歌零 -ZERO-
評価
4.19
公開年2018年監督立川譲
レビュー755件興行収入91.8億円
20代女性より

安室さん最高です!!

安室さんはアニメでコナンの味方なのか敵なのかはっきりしない感じで出てきますが、映画ではあの少しミステリアス雰囲気が存分に出ていて、安室さんの魅力に釘付けになります。また、安室さんのカーアクションもめちゃくちゃで、特に後半部分は必見です!

10代女性より

展開がドキドキ!

この映画は、謎が多いトリプルフェイスの安室さんがキーパーソンとなります。”黒の組織のメンバー《バーボン》”として活躍した前々作と違い、今回は”公安警察《降谷零》”という面が焦点に当てられます。映画の最後の部分は、常にギリギリの戦いとなり(コナンは大体いつもギリギリの戦いをしている気もしますが)、息をつく間も無い程にハラハラしていました(笑)最後の方で「安室さんの恋人」に関する話をする場面がありますが、その時の台詞が超イケメンでした!そこまで安室さんに興味の無かった私ですが、その台詞で心を撃ち抜かれまして、安室さんの人気の理由が何となく分かったような気がします…

20代女性より

いつものコナンよりも骨太なストーリー

毛利探偵が容疑者になり、公安に連行されるという衝撃的な始まりです。コナンだから大丈夫だろうとは思っていても不安になります。しかも途中まではとても空気が重いです。盗聴機の仕掛けあいなど息を飲むしかありません。しかし最後はコナンらしいアクションで終わりますからエンターテイメント性はしっかりとあります。

20代女性より

降谷さんのファンになった!

毛利小五郎を裏工作で容疑者にしたり、暗躍する降谷さんの真意がわからなかったのですが、だんだん日本を守るために戦ってる姿が見えてきて一気にファンになりました!最後の車での激走シーンはものすごくかっこよかったです!

20代女性より

かっこいい!

とにかく安室さんがかっこいいです。恋人が国だなんて、そんなこと言ってかっこいい!となるのは安室さんだけだと思います!まさかの毛利小五郎が容疑者になるなんて・・・という展開からですが、奥さんの妃弁護士が久々に映画に登場したり、公安の安室さんが見れたり・・・見どころ満載です。ドローンを使うとは、今時だなあとも感じました。とにかく面白かったです。

20代女性より

とうとう安室さんメインの作品が!!

コナンキャラでも特に人気の安室透メインの話がついに登場した作品でした。安室さんが普段どういう風に仕事をし、考えているか、公安がどういった方針か、それにまつわる協力者とは、といったアニメではあまり出ない部分にスポットを当てた作品だったと思います。最後のカーアクションのシーンは安室さんのドライビングテクニックが特に光って、とても迫力満点でした。

30代女性より

俺の恋人はこの国さ

安室さんの「俺の恋人はこの国さ」の一言にハートを撃ち抜かれます。コナンを庇っているせいか、銃弾を肩に受けるシーンも、銃を撃つシーンも、白の愛車をかっ飛ばすシーンもカッコいいので、安室の女にはたまらない作品です。

30代女性より

アクションシーン半端ない!

安室さんがカッコよかったです。最後の車でのアクションシーン、酔わないか?って心配になるくらい凄かったですが、とても迫力のあるシーンでした。安室さんとコナンのコンビネーション最高すぎて何度も見ました。とてもおもしろかったです

第6位
名探偵コナン 世紀末の魔術師

世紀末最大の謎を解くのは誰だ

怪盗キッドから警視庁にある犯行予告状が届く。キッドが狙うものはロマノフ王朝の秘宝“インペリアルイースターエッグ”。早速コナンらはエッグのある大阪へ移動。予告通りキッドは現れ、エッグを盗まれてしまうが、ハンググライダーで逃走中にキッドは何者かに撃たれてしまう。そして現場に落ちていたものは怪我をした白いハト、キッド愛用の片眼鏡、そして盗まれたエッグのみで彼の姿はそこにはなかった…。

主題歌ONE
評価
4.26
公開年1999年監督こだま
兼嗣
レビュー410件興行収入26億円
30代女性より

怪盗キッド大活躍!

みんな大好き怪盗キッドが映画版にも登場!犯人探しだけでなく、怪盗キッド探しも楽しめる作品です。ロマノフ王朝のだからイースターエッグを巡り、繰り広げられる事件。イースターエッグに秘められた家族の思い出には感動しました。

20代女性より

怪盗キッドとうとう映画に参上!

怪盗キッドが初めて映画に出た記念すべき作品であるとともに、メインではないものの平次も初めて映画に出てきた作品であります。最初の方のキッドがイースターエッグを盗んでコナンと平次が追いかけるところは、少しマジック風な描写にしつつ、単に追いかけるだけでなく、コナンと平次の2人がキッドが何を目的とし、どこに向かっているかを推理しながら追跡するのがとてもカッコ良かったです。イースターエッグの仕掛け、それにまつわるお城などが出来た理由など、歴史的に実際にあった内容も混ぜての内容でとても面白かったです。そして、最後にコナンが犯人と炎の中で退治するシーンは息もつけない展開の連続でした。

40代女性より

沢山のキャラクターに会える!

この作品では、たくさんのキャラクターが出演しているのがうれしいです。前半は服部平次、中盤には鈴木園子のお父さんの史郎さんも出てきます。そして怪盗キッドも!中盤にでてくる豪華客船が鈴木財閥の船ですが、どんだけお金持ち?と思ってしまいます。

20代女性より

ロシア帝国について調べたくなります!

怪盗キッドの映画初登場作品なので、まだ敵か味方かわからない、どちらかと言えば敵寄りで、お互いの対立感がスゴいです。その分ギャグ要素は少なめです。しかしロシア帝国のインペリアルイースターエッグが出てきたりラスプーチンやパリ万博の話題があったりと、現実とリンクされているので、実際現実ではどうだったのだろうかと世界史を調べたくなります!

20代女性より

怪盗キッドがかっこよかった!

怪盗キッドも平次も出てくる、ファンにとっては嬉しい映画です!特に怪盗キッドは最初に派手に盗みに来るシーンでも、その後の変装しての活躍も本当にかっこよかったです。最後に怪我をした鳩を手当てしてくれたお礼に、正体がバレそうになったコナンを助けてくれるシーンがものすごく好きです。

20代男性より

コナン×歴史,無限の可能性!

ロシア,ロマノフ朝の幻のイースターエッグを盗もうとする怪盗キッドとそのエッグを奪おうとする殺人鬼が大阪、洋上や古城で起こす事件の真相をめぐる物語。現実の歴史に基づいており、ストーリーの各所に当時の歴史的キーワードがちりばめられて現実感をもって楽しむことができる。物語と歴史のスケールの大きさに対応するように伏線や物語の筋がきちんとまとまっており見た後にとても作品のメッセージがしっかり伝わってくる。コナン好きはもちろん、歴史好きも楽しめる作品である。

第5位
名探偵コナン 時計じかけの摩天楼

真実はいつもひとつ!

工藤新一宛てに、建築家の森谷からパーティーの招待状が届くが、コナンの姿では参加できず、幼なじみの蘭に代理を頼む。その直後、街で連続放火事件が発生。その犯人と思われる人物から工藤新一に爆破予告の挑戦状が届く。正体を隠しながら犯人と戦うコナン。しかし蘭までもが事件に巻き込まれ…。

主題歌Happy Birthday
評価
4.30
公開年1997年監督こだま
兼嗣
レビュー397件興行収入11億円
20代女性より

名探偵コナン初の映画!!

コナン史上初となる映画で、とても記憶に残っています。白鳥警部が名前をきちんと出した状態での登場という作品でもあります。初の映画だからか、普段あまり出てこない新一への犯人からの爆破予告という状態から始まり、負傷しながらもコナンが爆弾犯に立ち向かうというとても緊張感あふれた、とてもドキドキする作品となっています。

20代男性より

感動しまくりだった

爆弾のショックで扉が開かなくなり蘭が爆弾のコード切断してもタイマーは止まらずどちらかのコードを切って間違っているコード切ると爆発するシステムで蘭がもう会えないかもしれないと言うと新一が死ぬときは一緒だぜというセリフを言った瞬間凄く泣きました。凄く感動したし新一の言ったセリフはすごくかっこよかったです。新一が言ったセリフは蘭のことが大好きだからこそ言える言葉だなと思いました。

40代女性より

最後が胸キュン

名探偵コナン最初の劇場版です。テレビ以上に次から次へと事件が起こり、コナンが解決していくのがすごい。最後に仕掛けた爆弾を蘭が解除することになり、壁の向こうで新一としてコナンが一緒に解除して行くのが感動。おまけに最後に青い銅線を切った理由を言う蘭の言葉に胸が熱くなります。

30代女性より

おもしろかった!

名探偵コナン初の映画、映画館は見にいきました。ストーリーも良くできていて、とてもおもしろかったです!コナン映画の中ではトップのできだと思います。シンメトリーと言う言葉はこの映画で覚えました。運命の赤い糸、にまつわる蘭と新一のラブストーリーも良かったです。

20代女性より

初劇場版作品ゆえ時代の流れを感じる

名探偵コナン最初の劇場版作品なので、まだ哀ちゃんがいない時代です。思ってるよりも哀ちゃんの登場が遅かったのだと思わせてくれます。また、今のようにゲストキャラが沢山いて、その中から犯人を当てるタイプではないです。しかし謎解きはある程度観客側でも問題なくできるので楽しいです。最後の爆弾解体シーンは何色を切ったのかと本当に手に汗握ります。

30代男性より

記念すべき第1作。米花町を舞台に、爆弾犯との攻防を描く

劇場版『名探偵コナン』シリーズ、記念すべき1作目となる本作は、初めての劇場用作品と言うこともあり、新規ファンの獲得を意識した構成となっている。冒頭はアニメや原作コミックと同じ様に殺人事件が起こり、それを小五郎が頓珍漢な推理で掻き乱すという、お馴染みの流れで幕を開ける。これは、ファンなら「映画とはいえ、いつものコナンだ」と安心感を抱かせ、新規層なら「これがコナンのスタンダードな構成なのだ」と知らしめることが出来る。新規と既存のファン、両方に優しい始まり方だ。加えて、事件の舞台がコナンの住む米花町ということもあり、お馴染みの少年探偵団や警察関係者、園子といった主要メンバーも顔を見せる。それらのキャラクタは以降の作品ほど話には関わってこず、飽くまでも事件の一つに巻き込まれる、若しくは日常の象徴としての役割に留まっている。お馴染みのキャラクタの登場に既存のファンは歓喜し、新規ファンはどういったキャラクタがいるのか知ることが出来る。ストーリーは終始一貫してコナンVS姿なき爆弾魔との攻防を描いており、その過程で探偵団は途中でフェードアウト、目暮警部と白鳥刑事も終盤の爆弾犯逮捕の時点で出番を終えている。その後はコナン(=新一)と蘭のドア越しの会話や爆弾の解体に重きを置き、二人がこの危機を乗り越えられるのか、緊迫感を持って描き出す。シリーズ一作目としてはストーリーも構成も文句なしの王道といえる。これぞ正に、原点にして頂点である。

20代男性より

ラブラブなコナン君と蘭

コナン君が蘭が一緒に爆弾を解体するシーンはドキドキでした。ラストの赤と青どちらかを切ると迷っている時に、コナン君が死ぬときは一緒だぜと言ったときはシビれました。蘭も赤い糸で繋がれてるから青を切ったというのも2人のラブラブっぷりが堪りませんでした。

30代女性より

頑張れコナン

爆破の危険を回避するためのコナン単独の最初のほうの活躍がすごいです。蘭の最後の赤い糸の赤を切るのは嫌だから、青色を選択したのよというシーンが可愛らしいです。犯人は大変身勝手であり、蘭の無事を喜ぶ小五郎が好きです。

第4位
名探偵コナン 純黒の悪夢

暴かれるダブルフェイス!

ある夜、日本の警察に侵入したスパイが世界中の組織の機密データを持ち出そうとするも失敗。公安警察の安室透とFBIの赤井秀一の追跡によって、スパイの車は道路のはるか下へ転落する。次の日、東都水族館に遊びにきていたコナンたちは、ケガをした美しい女性を見付ける。彼女は左右の瞳の色が異なるオッドアイで、記憶を失っていた。そんな彼女とコナンたちの一部始終を、黒ずくめの組織のベルモットが見つめていた。

主題歌世界はあなたの色になる
評価
4.32
公開年2016年監督静野孔文
レビュー858件興行収入63.3億円
20代男性より

凄く感動した!

コナンの映画では赤井と安室2人同時に出てくることが少なかったのでそこも嬉しいですけど2人が戦うところは凄く見どころがありました。この2人は時には協力してコナンやほかの人を助けるので良きライバルで凄く楽しかったです。キュラソーはコナンや蘭や哀ちゃんを助けるために自分の命を犠牲にして守ったシーンは凄く感動したし泣きました。いい映画だなと思いました。

10代女性より

何度見ても感動!

この映画では、黒の組織の新メンバーが出てきます。珍しい容姿と能力を持った、綺麗な女性です。彼女は物語序盤の”ある事”によって記憶を失います。そんな時に少年探偵団と出会い、彼らとの仲を深めていきます。物語終盤は、記憶を取り戻した彼女が”ある決心”をして戦う様子に、涙を流しました。また、物語終盤のもう一つの見所は”緋色組のアクションシーン”です。コナンの世界で、表と裏の顔を持つ重要人物たち。黒の組織が出てきた事とも相まって、これまでの映画の中でもトップクラスに面白い作品だと思いました。

20代男性より

黒ずくめとの対決!

まずは何と言っても黒ずくめ対コナンの対決が見ものでした。赤井さん、安室さんとの協力でジンたちと戦う遊園地でのシーンは興奮しました。そして毎回思うのですが、少しだけ登場の黒ずくめメンバーって極悪人があまりいないような、、キュラソーは能力的な部分では恐ろしいですが、人間味があって感情移入することができました。

20代女性より

「堕ちろ」の破壊力

黒の組織が出てくると必ずと言っていいほどFBIと交安が出てきます。その攻防戦がいつも大好きです。謎めいた黒の組織に対抗していく描写がとても臨場感あふれていて大好きです。クライマックスで安室さんが爆弾をギリギリで外し、ジンが何度も起爆装置を押しているシーンが個人的にツボです。それから安室さん、コナン君、赤井の共同作業でヘリを撃ち落とします。その撃つ際に赤いが発する言葉「堕ちろ」。破壊力がすさまじかったです。何度も繰り返し再生しました。黒の組織が好きな人は絶対に見た方がいいです。

20代女性より

そこでバトルは大局見据えてなさすぎると思います!

コナンだから推理!と思って見ると拍子抜けするくらいアクションに振りきってます。黒の組織が今までで一番出番があります。なのでアクションシーンがド派手です。しかし、観覧車で赤井を見つけた瞬間に問答無用で殴りにいく安室は大局見据えてなさすぎると思います。ド派手なカーチェイスやアクションが好きなら楽しめます!

20代女性より

キュラソーの変化に感動した!

記憶を無くしたキュラソーが少年探偵団と交流を深めていくのが微笑ましくてすごく優しい気持ちになれて好きだった。それだけに、彼らを助けるためにキュラソーが死んでしまうのにはびっくりして、本当にショックだった。

30代女性より

赤井と安室

赤井さんの前では、クールで居られない降谷零が見られるのが好きです。赤井と安室の戦うシーンも好きですが、コナンと赤井と安室が3人で上手いこと観覧車の暴走を止める過程は素晴らしいです。子供達を守るための女の行動にも泣けます。

20代女性より

痺れた!!

黒の組織のラムの部下、キュラソーとの話で、出てくるキャラも黒の組織に加え、赤井さんと安室さんの2人ともが初めて映画に出るという内容に加え、キュラソー役のゲスト声優が天海祐希さんというとても豪華なメンツでの内容でした!戦闘シーンも赤井さんと安室さんの観覧車の上での迫力あるものからの、コナンと3人で連携して、黒の組織の思惑と、黒の組織が乗ったヘリコプター自体の撃退というドキドキする内容がとても良かったです!なのに、最後の観覧車の倒壊するのを防ぐ為にキュラソーがクレーン車を使うシーンでの天海祐希の最後の「止まれー!!」と叫ぶシーンはとても迫力があり、そこからキュラソーの生死をはっきりさせないまでも、確実に亡くなっているということを明確にし、そこからコナンが去る時に合わせて流れるB’zの曲が流れるまでの一連のシーンが、珍しく大人のカッコ良さ溢れる雰囲気で、とても痺れました!!

第3位
名探偵コナン ベイカー街の亡霊

待ってろ…絶対また逢えっから

新しい人工知能プログラム、ノアズ・アークをたった10歳で開発した天才少年ヒロキ・サワダ。彼が自殺を遂げてから2年、東京都米花市の米花シティホールでは、警察官僚や政治家の二世・三世が招待され、体感シミュレーション・ゲームの発表会が開催されていた。そんな最中、殺人事件が発生する。コナンはダイイング・メッセージから、事件の手がかりがゲームの中にあると考え、コクーンに乗り込むが…。

主題歌Everlasting
評価
4.38
公開年2002年監督こだま
兼嗣
レビュー632件興行収入34億円
30代女性より

弱音を吐くコナンくん!

コナンくんは弱音を吐きません!本編では諦めることは一切しません!そのコナンくんが唯一弱音を吐いたのがこの「ベイカー街の亡霊」です。最後の切り札として思い描いていた攻略方である蘭の命が断たれて思わず「もう無理だよ」と言ってしまうコナンくん。「おいおい諦めるな」と嘆く小五郎のおっちゃんも好きですね。その言葉は蘭ちゃんのことを思う父親の言葉ですが、それでも「こいつならなんとかしてくれる」という期待があるから出てくる言葉だと思います。

30代女性より

ゲームの世界でもコナンの推理が光る!

この話はコナン他、名士の子供たちがバーチャルリアリティーのゲームを体験するイベントに参加するが、ゲームの世界がAIに乗っ取られます。ゲームにはコースがあって子供たちが解放されるには誰か一人だけでもゲームをクリアすること。コナンたちは切り裂きジャックが暗躍した時代のロンドンで切り裂き事件の解決に奮闘する。最初はバラバラだった子供たちも試練を乗り越えるたびに一つになっていくが、ゲームオバーになるメンバーも増えていく。ラストの駅に突っ込もうとする列車の中で、ホームズのヒントをもとにワインの入った樽を割って衝撃を和らげるシーンはコナンが助かるかどうか力が入って見てしまうところである。

30代女性より

大好きな作品

この映画を見た当時は、コクーンのゲームが実現してほしいなと思っていました。コクーンの中ではコナンが、現実世界では父である工藤優作が推理をして犯人を探すストーリは親子の深い絆を感じました。何回見ても飽きることのない映画です。

20代女性より

世界観が好き

15以上前の作品ですが今見てもストーリーが良く出来ていて面白く、世界観がとっても好きです。いつものコナンと少し違う感じなのも良いです。ホームズの登場シーンと新一のお父さんが恰好良かったし、B´zの主題歌も合っていて良かったです。

30代女性より

今観るべき!

この話にはAIが深く関わってきます。10年以上も前でまだAIが現実的ではない時代に作られた作品です。ですが、だからこそ客観的にAIの良いところ・恐ろしいところを示してくれている。そういう作品だと思います。

20代女性より

蘭ちゃんの愛ある決断に叫ばずにはいられない!

ジャック・ザ・リッパーとの対決で、コナンは捕まった蘭を救出するため暴走する汽車の上で戦いを挑むのですが、ジャックにナイフを向けられ大ピンチに!その際、蘭ちゃんがとった行動がカッコよすぎるのです。コナンを救うため、自ら崖に飛び降りるという決断をしジャックからコナンを救ったときは心の中で「蘭ちゃーーーん!!!」と叫ばずにはいられませんでした。

20代女性より

コナンの映画で一番好きです!

まず最初のストーリーの設定からドキドキします。ゲームの世界に入ってしますなんて、子供の夢見みたいな話です。近未来的な要素の中に、ゲーム中での歴史的な建物などの映像が合わさってなんとも言えない雰囲気がある映画でした。最後までドキドキして自分も冒険をしているような気分になれます。

20代女性より

感動した!

予告編を見た時は不思議でしたが、バーチャル世界で話が進んでいきます。バーチャル世界では、コナンが。現実世界では、新一の父(工藤優作)が推理をしていく映画。バーチャル世界で、最初はバラバラで敵対視していた子どもたちが、徐々に仲間思いになり人助けをするっていいな、と気づいていくところが好きです。蘭が昔新一が言っていた言葉を思い出し、谷底へ落ちていきコナンが落胆しますが、やっぱり蘭はかっこいいなと思いました。

40代男性より

今見てもワクワクする

2002年に公開しているのにVRを利用した殺人事件だなんて先取り過ぎてる、犯人が最初に分かってるという他のシリーズとは違うのも面白い。何よりVR空間ならではのコナン君とシャーロックホームズのやり取りなど感動する。

何年経っても

私は、小さい頃から「名探偵コナン」が好きで、アニメと映画は欠かさず観ています。この作品が公開された当時私は小学生でしたが今でもケーブルテレビで何度も観ています。VRとAIを使いながらゲーム感覚で遊ぶという発想は面白くてこの話を考えた青山先生とスタッフさんは凄いなと思いました。シャーロック・ホームズ、モリアーティ教授、ジャック・ザ・リッパーなどコナン君の好きな探偵小説のキャラとの共演や対決にはドキドキハラハラと面白いです。モリアーティ教授の声優が、「ルパン三世」の次元大介で有名な小林清志さんには驚き哀愁ある声には痺れました。コナン君と蘭ちゃんや少年探偵団・ゲストキャラとの団結力、ラストにはゲームを作ったヒロキ少年の「現実の世界は、ゲームのように甘くないぞ」のセリフには印象が残りました。本当に素敵な作品で出会えて良かったなと思います。

40代女性より

ドキドキ・ワクワクしながら最後まで観れる!

19世紀末のロンドンを舞台に、シャーロック・ホームズや実在した殺人鬼のジャック・ザ・リッパーを追いかけ、現実世界に戻る為に、ゲームの世界で事件を解決するコナンと、現実世界で起こった殺人事件をコナン(工藤新一)の父親優作が解決する、次元を隔ててお互いが事件解決していく映画です。ゲームの世界では、警察に捕まったり、怪我をすると参加した子供達はゲームオーバーになってしまいます。1人でもゴールにたどり着けば、全員現実世界に戻れると言った、命がけのゲーム。コナンの友達、灰原、歩、光彦、元太達の自分を犠牲にしてまでもコナンを助ける姿が感動。最後はどのようにコナンが助かるのか?ドキドキ・ワクワクしながら観れます!

20代女性より

ライヘンバッハの滝

人工知能の世界感が、当時はまだ全然わからなくて混乱しましたが、大人になってみると、また違う視点で見れて楽しいです。ロンドンが舞台で、シャーロックホームズになりきったコナン。モリアーティー教授のあの悪役顔がとても好きです。ライヘンバッハの滝と言い、自らの身を投げた蘭姉ちゃんは本当にびっくりしましたが、感動しました。ゲームの中ではコナンが謎をとき、現実世界では優作が謎を解いている。親子そろって大活躍の映画でした。

10代男性より

シャーロックホームズとコナンのコラボ!

ずっと事あるごとにあげられていたシャーロックホームズの世界にコナンが入ってることに感動した!ゲームの中とはいえ、子供たちが命をかけて戦って事件を解決していくのがハラハラしたけどかっこよかった!ゲームが楽しそうでやってみたい!

20代男性より

シャーロックホームズとコナン君のコラボ

19世紀のロンドンを舞台にコナン君が奮闘する作品です。シャーロックホームズの舞台を元にしたゲームの中でコナン君が少年探偵団と一緒にゲームのクリアを目指します。ホームズの家や小説など所々にホームズの要素があり、名探偵同士のコラボレーションが楽しめます。

第2位
名探偵コナン 瞳の中の暗殺者

瞳に隠された狙撃犯を探せ!

史上最悪の事件、現職警察官を標的とした殺人事件が相次いで発生。事件に遭遇したコナンは、白鳥警部に事件のことを尋ねるが、答えは「Need not to know」という警察の隠語。ついには佐藤刑事までもが何者かに襲われ、偶然居合わせた蘭はそのショックで記憶喪失に。犯人は蘭に顔を見られたと思い込み、蘭の命を脅かす。彼女に自分のことさえも忘れられてしまったコナンだが、必死に蘭を守り抜き、犯人を追いつめる。

主題歌あなたがいるから
評価
4.47
公開年2000年監督こだま
兼嗣
レビュー411件興行収入25億円
20代女性より

新一の告白にしびれる!

目の前で佐藤刑事が撃たれて、ショックで記憶喪失になってしまった蘭。犯人を見てしまったことで、命を狙われいる蘭を必死に守るコナンくんがかっこいい!蘭がどうしてそんなに守ってくれるの?と聞くと「好きだからだよ、世界中の誰よりもお前のことが」と言うところが本当にかっこいい!子供より大人向けの映画だと思います!

30代女性より

蘭ちゃんが主役級

蘭の命を狙うモノから、コナンが見せる頑張りが良く、記憶喪失の蘭が必死なコナンに対して「何でこんな一生懸命にこの子は私を守るの」的な表情を見せつつ、蘭もコナンも諦めずに頑張る姿が好きです。蘭の悲痛な叫びが耳に残ります。

20代女性より

記憶がなくても蘭と園子は親友なのです!

蘭が記憶喪失になるので、ラストまでは普通のか弱い女の子になっていて、知らないキャラクターがいる感じにも思えます。しかし当然ですが登場人物全員彼女を蘭として扱うので、記憶のない蘭が不安になります。意識のない間に園子が「私の一生の友達」と言ったのと同じ言葉を、記憶が戻った蘭も言います。二人とも本当に相手が大切な友達なのだと思えます。

30代女性より

ヒロインのお約束?

この作品は蘭がヒロインお約束とも言える記憶喪失になり、コナンが蘭が記憶喪失になる切っ掛けになった事件で蘭と佐藤刑事に何が起こったのかを探っていくという内容でした。記憶喪失になってからの蘭の挙動、犯人が蘭を狙う理由、佐藤刑事を含めた何人かの刑事が襲われた理由は何なのかをコナンが探りつつ、犯人であるスナイパーから蘭を守り、とてもカッコ良かったのを覚えています。そして、蘭の記憶が戻り、完全復活を遂げた証のように蘭が犯人をボコボコにしていたのが、とても印象的でした。

10代女性より

最後にはスッキリ!

記憶喪失になってしまっていつもの蘭ではなく、新一の事も忘れてしまって切ない。小五郎のプロポーズの言葉と知らず、同じ言葉を蘭に言う新一にキュンとしました。最後は記憶を取り戻し、いつもの強い蘭が戻ってきてとてもスッキリしました!!

第1位
名探偵コナン 天国へのカウントダウン

危険な罠の時間を止めろ!

キャンプの帰りにコナンとそのクラスメイトは日本一の高さを誇る“ツインタワービル”に立ち寄る。たまたま居合わせた毛利小五郎ら一行と合流し、ビルのオーナー、そして関係者を紹介されるが、彼らは次々と何者かに殺害されてしまう。死体の脇にはなぜか割れたお猪口が残されていた。時を同じくして、新一の体を小さくした組織の人物たちもなぜかツインタワービルに集まっていた。

主題歌always
評価
4.53
公開年2001年監督こだま
兼嗣
レビュー374件興行収入29億円
10代女性より

コナン映画史上最高傑作!!!

少年探偵団の一人一人のキャラが丁寧に描かれていて、主人公のコナンの人間らしいカッコよさも見れて心に響く作品です。メインテーマのアレンジもカッコいいので、クライマックスのアクションシーンは本当にドキドキが止まりません。歩美ちゃんがうらやましいな♪

20代女性より

最後までハラハラした!

黒の組織もシェリーを狙って登場する回だったので、灰原がシェリーだとバレるんじゃないかと終始ハラハラしました。最後の少年探偵団が車で隣のビルに向かって飛び出す場面はすごくカッコよくて何度も見返しました!

20代女性より

黒の組織がとうとう映画に登場!

黒の組織、そして灰原哀にスポットを当てた作品でした。事件を通し、黒の組織の動き、哀の気持ち、そしてコナンと黒の組織の攻防戦と、非常に見どころが多い作品でもあります。あと、それとは別に蘭とコナンの連絡橋からのホースをくくってバンジージャンプをするシーンはとても迫力があるものでした。

20代女性より

元太がカッコいい。

連続殺人とツインタワービルで起こった爆発事件。映画シリーズでは、初めての黒の組織も関係していて見応えあり。最初は、キャンプ場でどこかへツインタワービルに行く、と電話をする灰原にドキドキしましたが、理由がわかり安堵。最後のカウントダウンの時、その場に残ろうとする灰原を元太が抱えて連れて行くシーンが格好いい!その時のセリフもすき。

30代女性より

蘭の覚悟

映画ならではのど迫力の爆発シーン、なぜかジンに狙われる園子。パーティに参加していたツインタワービルが爆発します。取り残された蘭とコナン。絶体絶命のピンチに蘭は消火栓のホースを眺め自分に括りつけます。そのままコナンを抱えて…!今回は殺人事件に黒づくめの2人が関わり、灰原の寂しさが浮き彫りになり、映画ならではの迫力ある展開になっています。

30代女性より

健気なあいちゃん

この映画はあいちゃんがとても健気で切なく、悲しくなりました。組織に消された姉の声が聞きたく留守電を残してしまう。何とも切ないです。その電話を逆探知され、黒の組織に狙われてしまう。壮大ですね。蘭がガラスに何度も体当たりしてガラスをぶち破るシーンも大好きです。蘭姉ちゃん本当に最強です。クライマックスで30秒カウントのシーン。あいちゃんは自らが犠牲になってカウントしようとしました。その時に迷わず飛び出した元太は本当に素晴らしいです。感動しました。

今ならHuluで全作品が見放題だよ!

Huluで全作品が見放題!

無料期間中に解約すれば、料金は0円です。

映画:名探偵コナン
人気ランキングまとめ

コナン

名探偵コナン映画の歴代23作品からTO15の人気ランキングをまとめました。

あくまでこのランキングはレビューサイトや皆様の口コミを参考にしていますので、人によっては「これはおかしい!」と思う人もいると思います。

名探偵コナンシリーズ作品は子供向けと思われていますが、実は大人も楽しめる深いテーマが題材だったりするので、様々な方に見ていただけたら幸いです。

皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています!。素敵な休日動画ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です