カイジ映画を見る順番はこれ!シリーズ全3作品の時系列とあらすじ【2020年】

カイジ 順番 時系列

映画:カイジシリーズ(全3作品)を視聴する順番をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2020年4月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

カイジ シリーズ
映画を見る順番と時系列

カイジ

カイジ映画の順番は以下の通りです!
カイジ映画を見る順番
  1. カイジ 人生逆転ゲーム(2009年)
  2. カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年)
  3. カイジ ファイナルゲーム(2019年)

映画カイジは公開順=時系列なので、

上記の通りに視聴すれば、そのまま映画を楽しむことが出来ます!

また一度出てきたキャラクターが再び登場するので、初めての方は第1作目からの視聴をオススメします!


内容を簡単にまとめると、以下のような感じです。
劇場版 ゲーム内容
第1作目 ・限定ジャンケン
・ブレイブメンロード
・Eカード
第2作目 ・地下チンチロ
・パチンコ「沼」
第3作目 ・バベルの塔
・最後の審判
・ドリームジャンプ
・ゴールドジャンケン

原作を読んでいる方は分かると思いますが、

第3作目は完全オリジナルストーリーとなっています!

こちらの作品では、原作者である福本伸行氏も参加して脚本を執筆しているので、是非ファンの方は見て欲しいと思います!

一気見できるVODもまとめたので、確認してみて下さい!

映画カイジの配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし
動画配信
サービス
テーブル テーブル テーブル テーブル
月額料金 933円 1,990円 800円〜 455円〜
無料体験 2週間 31日間 なし 30日間
オススメ
第1作目 maru maru batsu sankaku
第2作目 maru maru batsu sankaku
第3作目 batsu batsu batsu batsu
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

まだ最新作は動画配信されていない様ですね。

第2作目までは各サービスで見放題となっています!

U-NEXTなら『31日間の無料体験』があるので、無料で視聴することも可能です!

U-NEXT
カイジ

上の画像は公式のキャプチャですが、

「初めてU-NEXTに登録する人は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、月額料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、31日間以内に解約したので0円でした!

お試しキャンペーン実施中!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

是非お気軽にお試しください。

カイジ シリーズ
全3作品の順番と時系列

第1作目
カイジ 人生逆転ゲーム

考えろ、裏をかけ。

自堕落な日々を送る26歳のフリーター伊藤カイジ(藤原竜也)は、友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまう。そんな彼に金融会社社長の遠藤(天海祐希)は、一夜にして大金を手にできる船に乗ることを勧める。その船で奇想天外なゲームをするはめになったカイジは、人生を逆転するための命懸けの戦いに挑む。

監督 佐藤東弥
評価
(3.32)
日本公開 2009年 レビュー 2,359件
上映時間 129分 興行収入 22.5億円
30代男性より

ちょっとスリリングにかける内容でした。

遠藤金融の社長にあまり原作のような冷たい覇気が感じられなかったのが残念であり、一番実写化で期待していた焼き土下座が全くなくてあまりスリリングさがなく普通のカードゲーム感で命をかけている常軌を逸している雰囲気が足りなかったのかなと思いました。もう少し鬼気迫る演出が欲しかったです。

30代男性より

仲間が増える魅力

様々な困難がある中でも前向きに考え努力できる人間は、魅力的で信頼され仲間を増やす力があるのだと改めて感じました。象徴的なシーンは天音さん演じる遠藤凛子が伊藤カイジの見方をした場面です。醍醐味はカイジがゲームに逆転する事ですが、私が感じる魅力は敵やライバルが次々とカイジの仲間になっていくところです。正にヒーローです!

20代女性より

藤原竜也感

カイジといえば藤原竜也くらい、本当に藤原さんのイメージが強すぎる作品です。ある意味さすが、ちょっとクセが強すぎるくらいです。しかし、それはそれでおもしろく、ストーリーにもあっているのかなと思います。それに今さら藤原さん以外の人で想像できないくらいで、藤原竜也の存在感が強い作品です。

30代女性より

おっさんとの友情に泣ける

まずこの映画を見て思ったことは、お金を稼ぐことはやっぱり大変だし、楽して儲けられる仕事ってないんだなということです。今回借金を背負った【おっさん】とカイジのちょっとした友情がとても胸を打つものがあります。動揺したり心が乱れるとすぐに不意を突かれて脱落してしまうゲームでのやりとりは見ものです。

40代男性より

カイジの良さが全て詰まっている作品

遠藤は原作では男性ですが映画では女性になっています。天海祐希の演技がとても良いので原作とは違った良さがあります。ストーリーはほぼ原作同様で面白かったです。主人公を演じる藤原竜也が迫真の演技をしていてとても良かったです。その他のキャストもそれぞれ個性的で世界観に合っていると思いました。

40代男性より

オーバー過ぎるリアクションが面白い

ジャンケンカード、ブレイブメンロード、Eカードと内容が濃い作品です。原作ファンでも納得のいく構成で、キャストの演技がとくに素晴らしかった。藤原、天海、香川さんの個性が原作に負けないぐらい良い味が出ていたと思います。原作とは違った視点で見れるので、マンガファンでも新鮮に感じました。とくにEカードのバトルは、戦略性と人間心理が垣間見れるので、見ごたえがありました。これだけでも作品になるのでは?と思える内容です。原作を知らなくても楽しめると思います。

20代男性より

人生と命を懸けた一発逆転劇

今作の映画「カイジ 人生逆転ゲーム」では、主人公カイジが宿敵である組織帝愛グル―プに出会い自分の人生と命を懸けたゲームに巻き込まれるまで描いた作品で個人的に一番好きなシーンは序盤のゲームである「限定じゃんけん」で山本太郎さんの役の人のイカサマを破り逆にカイジもイカサマでジャンケンに勝利するというシーンが圧巻でし
た。

30代男性より

原作の再現が半端ない

人間のどす黒い、だけども真理に近いものをリアルに描写する福本伸行さんのテイストを見事なまでに映画という媒体で表現できているというのが最初の印象でした。作中のゲームや仕掛けはもちろんのこと、主人公『カイジ』の揺れ動きまくる心情や見事なまでのクズっぷりを藤原竜也さんがうまく表現してくれているのが一番のお気に入りです。

20代男性より

天才!

この作品には二人の天才が登場する。一人目は作者である福本伸行氏だ。小さい子供でもわかる単純な遊びを、ここまで面白く広げることはそんなに簡単ではない。人間の心理を理解し見る人を考えさせるこの作品は、見ていてとても面白い。二人目は主演の藤原竜也氏だ。彼の演技力は他の俳優達には真似できず、この役にピッタリだ。追いつめられる心情をはじめとする様々な感情を表現するのが上手く、その演技に釘付けになりました。まだ見たことない人には、ぜひ一度見てほしいです。

20代女性より

最後までハラハラしました!

負けても次、負けても次、と、色んな手法で勝利を目指す姿がとてもかっこよかったです。一人ひとりのバックグラウンドが薄かったので、無駄に感情移入する事もなくて純粋にゲームだけを楽しむ事が出来ました。キャストが演技派で豪華なので見ごたえありました。原作やアニメも興味あります。

30代男性より

まさに逆転のゲーム

見どころはやはり終盤の最終ゲーム。非人道的な相手に対して、何度か敗北を決するが、最後には見事に勝利を獲得する。映画である以上、主人公が勝利するのは容易に想像できるが、それでも勝ちを確信している相手を打ち負かすシーンは何度みても気持ちいものである。

30代男性より

カイジの名シーンが上手く再現されてた!

悪役として定評の高い香川照之さんが帝愛の幹部である利根川役を演じてたけど役がピッタシはまってて迫真の演技でした。特にカイジの名シーンであるエスポワールでの利根川の演説シーンはしびれました。カイジ役の藤原竜也さんの地下労働施設でのビールを飲みほす豪遊シーンも上手く再現されててよかったです。


第2作目
カイジ2 人生奪回ゲーム

ダマして、奪え。

一度は多額の借金を返済しながら、またしても借金地獄に陥った伊藤カイジ(藤原竜也)。10億円以上を稼げるモンスターマシーン“沼”に挑むカイジの前に、裏カジノの支配人・一条聖也(伊勢谷友介)が立ちふさがる。難攻不落の“沼”を攻略するため、カイジは裕美(吉高由里子)、坂崎(生瀬勝久)、そして利根川(香川照之)らと協力するが……。

監督 佐藤東弥
評価
(3.16)
日本公開 2011年 レビュー 1,267件
上映時間 129分 興行収入 22.5億円
30代男性より

原作プラスαの内容でした!

原作のパチンコを可能な限り再現していて攻略するための手順や対策もうまくとてもきれいに表現された内容でわくわくしながら観れました。パチンコ攻略の鍵のキャラクターである坂崎のおっちゃんも生瀬勝久さんがちょっとオーバーな感じもありましたがインチキ臭い雰囲気が滲み出ていて見事な印象がありました。

30代男性より

最後は期待通り!

敵だった利根川と再会し沼を攻略する為に協力する感じが嬉しかった。利根川も地獄から這い上がってきた人間で今回の敵である一条も昔は地獄の様な苦しみをしていた。やはり反骨心や不屈の精神みたいなものを抱いた人間の強さは脅威であると感じる。最後はお馴染みのお金を騙し取られる場面は次回への期待にも繋がる。

30代女性より

ハラハラした!!

地下の地獄から抜け出して、一発逆転に選んだ悪魔の台で、最後までどうなるかが分からなくて、ずっとハラハラしてました!藤原竜也さんの演技がなんともいい味を出していて、人生かかってる感がたまりませんでした。まさか、悪魔の台に、あんな仕掛けがあったなんて…最後の最後まで楽しめる、スカッと爽快な映画でした。カイジのことだから、今後も不安はあるけれど…笑

30代男性より

昨日の敵は今日の味方

前作のラスト、主人公が打ち負かした敵が今作では味方として登場します。メインのゲームであるパチンコ(沼)の攻略に一躍買い見事成功した場面では主人公と同じように喜びます。前作では嫌な奴だと思いながら観ていましたが、今作では応援してしまいました。ちょっと不思議な感覚でした。

20代女性より

物足りなさはありました。

前作では色々ありましたが、せっかく元の生活に戻れたと思いきや、また同じ事してるじゃんって思いました。底辺な人間は根っからのクズなのでしょうか。ただ今回は他の登場人物の個性が薄かったように感じます。ハラハラしたり心を動かされるのは、前作にはかなわなかったですね。面白かったですが。

20代男性より

学んだ!

地下の労働施設で働かされていたカイジが地上世界でのパチンコで成功する話だけれども、ギャンブルに挑むに当たっての戦略などがきっちりとあり、勉強になる点が多くあった。また、動くお金が億単位なので、ラストがとてもハラハラする展開で面白かった。藤原竜也の演技もうまくてよかった。


第3作目
カイジ ファイナルゲーム

これで最後だ。

2020年。東京オリンピックを終えた日本は、不景気に陥っていた。1,000円に値上がりした缶ビールを買うのもちゅうちょするほど困窮しているカイジ(藤原竜也)は、帝愛グループの企業の一つを任されるまでになった大槻と再会する。カイジは、金を持て余した富豪の老人が主催するイベントで自分と組んで大金を得ようと持ち掛ける大槻の誘いに、一抹の不安を覚えながらも乗ることにする。

監督 佐藤東弥
評価
(2.88)
日本公開 2020年 レビュー 1,450件
上映時間 129分 興行収入
20代女性より

面白かったです!

カイジシリーズの最終。相変わらずのハラハラ感があり、手に汗握りました。胸糞悪くなるギャンブルもあって、それは見ていて嫌な気持ちになりましたがそれはカイジシリーズと思えば仕方ないとして。真剣佑と福士蒼汰が出ていて、イケメン2人が見られてとても目の保養にもなりました♪

20代女性より

楽しむ余裕ができた!

全シリーズ観ているが毎回カイジが絶望の淵に立たされて、そこから這い上がっていくところが面白い。前回までは、どうなる?カイジはどうするの?とドキドキしながらみていたが、今シリーズではもうカイジは絶対に逆転するとわかっていたので、楽しみながら観る余裕ができた。どんな窮地に立たされても、次はどうやって回避するのかとわくわくする部分もあった。天秤の最後にお金をギャンブルで勝ち取った姿はさすがだったが、最後の金の卵じゃんけんの部分は少し見破り方が雑だったかなと思った。

カイジシリーズ
映画の順番・時系列まとめ

まとめ

映画:カイジを見る順番とシリーズ一覧をまとめました!

カイジ映画を見る順番
  1. カイジ 人生逆転ゲーム(2009年)
  2. カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年)
  3. カイジ ファイナルゲーム(2019年)

また無料で視聴する方法も記載してありますので、0円で見たい方は是非参考にしてみて下さい。

カイジは少し内容がコアなので、大人の方は楽しめる作品だと思います。皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です