ジュラシック・パーク&ワールドを見る順番はこれ!シリーズ全5作品の時系列とあらすじ

ジュラシック

映画:ジュラシック・パーク&ワールド(全5作品)を視聴する順番をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2020年4月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

ジュラシック・パーク&ワールド
映画の公開順番と時系列

ジュラシック

ジュラシック・パーク&ワールドの順番は以下の通りです!
ジュラシック・パークを見る順番
  1. ジュラシック・パーク
  2. ロストワールド/ジュラシックパーク
  3. ジュラシック・パークIII
  4. ジュラシック・ワールド
  5. ジュラシック・ワールド/炎の王国
  6. ジュラシック・ワールド/ドミニオン

2021年に第6作目が公開予定となっています!

またシリーズは公開順=時系列なので、

上記の通り公開順で視聴すれば、そのまま映画を楽しむことが出来ます!

しかし映画シリーズとしては、

『前部と後部の三部作で分かれています』ので、簡単に解説しておきますね。

旧三部作(ジュラシック・パーク)

ジュラシック

  • ジュラシック・パーク
  • ロストワールド/ジュラシックパーク
  • ジュラシック・パークⅢ

ジュラシック・パークは、

SF小説:ジュラシック・パークを原作として作られたSF映画です!

特にスティーブン・スピルバーグ監督による第1作目のジュラシック・パークは、社会現状になるほどの大ヒットでした。

名作と語られるジュラシック・パークは今見ても面白いです!

本来は第4作目も作られる予定でしたが、納得がいく脚本が作れずに白紙になりました。

世界観をより楽しみたい方は、こちらのシリーズから視聴することをオススメします!

新三部作(ジュラシック・ワールド)

ジュラシック

  • ジュラシック・ワールド
  • ジュラシック・ワールド/炎の王国
  • ジュラシック・ワールド/ドミニオン

新三部作であるワールドのシリーズは、

先ほどのジュラシック・パーク(旧三部作)の正式な続編となっています!

時系列で言うと、第1作目:ジュラシック・パークから22年後の世界を描いています。

旧作の恐竜は怖かったイメージですが、こちらのシリーズの恐竜は映像技術によって美しく描かれていますね!

もちろんこのシリーズから見ても、十分に楽しめます!

また先ほども記載しましたが、

2021年には最終作である『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』が公開予定です!

ジュラシック・パーク ワールド

監督曰く「最終作では登場人物たちが報われるような、希望のもてるエンディングを描きたいと思っています」との事なので、ますます期待が高まります!

「まだ見たことがない!」と言う方は、

一気見できるVODも紹介しているので、是非確認してみて下さい!

動画配信サービスの配信状況!

◯:見放題
△:レンタル
✕ :配信なし
動画配信
サービス
テーブル テーブル テーブル テーブル テーブル テーブル
月額料金 933円 1,990円 800円〜 455円 500円 562円
無料体験 2週間 31日間 なし 30日間 31日間 30日間
オススメ
旧パーク
三部作
maru maru maru maru maru maru
第4作目 maru sankaku batsu maru maru maru
第5作目 batsu sankaku batsu sankaku sankaku sankaku
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

Amazonプライムで4作目まで見放題となっています!

Amazonプライムには『30日間の無料体験』があるので、是非お気軽にお試しください!

Amazon

参考:ヘルプセンター

上の画像は公式のキャプチャですが、

「初めてAmazonプライムに登録する方は、30日間無料でいいよー!と言っています!

もちろん30日以内に解約すれば、月額料金の請求は一切ありません!

実際に試しましたが、期間中に解約したので0円でした!

シリーズを一気見しよう!

ジュラシック・パーク&ワールド
全5作品の順番と時系列

第1作目
ジュラシック・パーク

ヒト狩り行こうぜ!

大富豪ジョン・ハモンドの招待で、古生物学者グラントとサトラー、そして数学者マルコムが南米コスタリカの沖合いに浮かぶ島を訪れた。そこは太古の琥珀に閉じ込められたDNAから遺伝子工学によって蘇った恐竜たちが生息する究極のアミューズメント・パークだったのだ。だがオープンを控えたその“ジュラシック・パーク”に次々とトラブルが襲いかかる。

監督 スティーヴン・スピルバーグ
評価
(4.19)
日本公開 1993年 レビュー 2,872件
上映時間 127分 興行収入 128億円
30代女性より

空想なのに現実味があって惹き込まれる

琥珀に閉じ込められた蚊から恐竜の血液を取り出して復元させる・・・現実に可能なのではないかと思わせる設定、演出!!映画の冒頭で恐竜がチラ見えして人間を襲ってしまうシーンでまず興奮してしまう!!当時こんなにリアルな恐竜を再現できていたなんて恐竜好きもそうではない人もきっと惹き込まれる!!しかも恐竜を蘇らせた感動だけでなく実際はどんなに恐ろしい事になるかまで現実味を帯びた展開でハラハラドキドキが止まりません

30代男性より

今でも楽しめる至極の恐竜映画です。

中学生の時に映画館で観ましたが、そのリアルさに驚愕しました。他の映画とは桁違いの迫力で、上映中はずっとドキドキしていたのを覚えています。感動のあまり映画館に3回観に行きました。私の一番のお気に入りのシーンはティーレックスがジープを追いかけるシーンです。「すごい」の一言です。今でも時折観ては興奮してしまいます。90年代の映画ですが、今でも色褪せることのない名作です。

20代男性より

今見ても色あせない映像技術が凄い!

それまでミニチュアや模型、着ぐるみなどを使って非現実的なことを演出していた時代にCGを流行させた偉大な作品だと思います。昔の映画にもかかわらず、CG技術もとても自然に溶け込んでいて、本当に現実世界に恐竜が紛れ込んでいるかのような錯覚を起こします。特にティラノサウルスの恐ろしい感じと迫力のある感じがとても好きです。

20代女性より

感動の嵐

ティラノサウルスの迫力が、とてもすごかったです。体の作りや表情など、細部にもこだわっているのが分かりました。恐竜の動きが自然で、違和感なく見ることができました。恐竜と自然の大切さだけでなく、家族愛も伝わってくる素晴らしい作品です。最後に流れる曲は、主人公たちの頑張りを見た後に聞くと感動して涙が出ます。

30代女性より

正しい事

脇役のジェフゴールドブラムの役は皮肉屋でキザな嫌われがちな役柄です。こういった映画では、一見、必ず食べられるキャラに見えます。しかし、カオス理論を唱え、この映画の本質部分を表すのに重要な人物となります。主役との距離感も絶妙で、キャラ設定も見事です。ただのパニック映画ではなく、自然に対する考え方や人間のエゴを考えさせてくれる映画です。

30代女性より

映画史を変えた名作!

ジュラシックパークシリーズはどれも好きですが、個人的なナンバーワンはやはり初代。CGが実写映画に通用するということを証明した、映画の歴史を語るうえで欠かせない業界全体の価値観を大きく変えた名作だと思います。映像の古さはありますが、今でも十分パニック映画として通用する面白さがあるので若い人にもぜひ見てもらいたいです。


第2作目
ロスト・ワールド
ジュラシック・パーク

そして何かが生き残った…

コスタリカの沖合いに浮かぶ離れ小島、ロス・シンコ・ムエルタス。そこは“サイトB”と呼ばれる、<ジュラシック・パーク計画>において恐竜をクローン生産させるための拠点だった。ところがハモンドの会社は倒産寸前で、この危機を救おうと甥のルドローは恐竜を生け捕り、見せ物にする計画を発表する。マルカムはハモンドに探検隊のリーダーを依頼されたが、一度は断った。だが恋人の恐竜学者サラがすでに出発したことを知り、慌てて彼も“サイトB”へ向かうのだが……。

監督 スティーヴン・スピルバーグ
評価
(3.26)
日本公開 2013年 レビュー 1,381件
上映時間 129分 興行収入 95億円
30代女性より

人間のエゴ

前作の失敗が活かされず、また同じような過ちを人間が犯します。前作よりも更に、人間の根本にある欲が露呈された作品でした。愚かな行為をした人間が最後はどうなるのか。というのも学べ、こんなに同情出来ない死はないってぐらいに私はスッキリしました。また、今回は人間と恐竜を通して親子愛がテーマになっています。様々な愛の形がある。そういったことも感じることができる映画でした。


第3作目
ジュラシック・パークIII

未だ見たことのない
世界があった…

パラセーリング中に遭難した少年を助けるため捜索チームがある島に向かった。しかし、そこはあの恐竜たちが棲息する島のすぐ近くだった。かつて、恐竜の島で恐怖の体験をしたグラント博士(S・ニール)。不本意ながらもチームに同行するハメになった彼の不安は案の定的中し、今までに見たこともない巨大で凶暴な恐竜と対峙することに……。

監督 ジョー・ジョンストン
評価
(3.28)
日本公開 2001年 レビュー 1,065件
上映時間 94分 興行収入 51.3億円
30代女性より

陸海空恐竜だらけ!!

ついに3作目!!次はどんな切り口でくるのか期待値が高まる中なんと舞台は未開の地!!しかも今までは陸の恐竜ばかりだったのが空の恐竜プテラノドンが登場!!更に水の中からスピノサウルスが泳いでくる!!恐竜の登場の仕方が迫力満点だしどこに居ても危険だらけでハラハラが止まらない!!人間ドラマ要素も今までより強めに入っていておもしろい。

30代女性より

サムニール再び!

サムニール演じるアランが恐竜の発掘活動の資金繰りに行き詰まっているところから話は始まります。一方で、かつての恋人は違う男性と家庭を築いていました。また、ハイテク器具について行けないアランの姿が1作目よりも色濃く出てきます。こういったシーンから、進化や退化をテーマにしているのかなと思いました。新たな恐竜スピノサウルスも出てくるため、恐竜キャラのマンネリ化も防げているかと思います。


第4作目
ジュラシック・ワールド

あのテーマパークが
遂にオープンする。

世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)が警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。知能も高い上に共食いもする凶暴なインドミナス。そんな凶暴なインドミナスが脱走してしまい……。

監督 コリン・トレヴォロウ
評価
(3.73)
日本公開 2015年 レビュー 9,815件
上映時間 125分 興行収入 95.3億円
30代女性より

ついにオープン!

1作目で出てきた、人間のエゴが更に濃くなって表現されています。もともと存在した恐竜だけでは飽き足らず、恐竜と恐竜のハイブリッドを作成してしまい、この恐竜が大暴れします。1作目をみている人には分かる、予測不可能性を感じることができます。また、ラプトルと人間の間に生まれた愛情や信頼感といったこれまでの作品にはなかった面は面白く、ラプトルが愛おしく感じたりました。

20代女性より

大迫力

いつ恐竜がどこから出てくるのか、最初から最後までドキドキさせられっぱなしでした。ティラノサウルス同士が戦うシーンはスクリーンで見ても、テレビで見てもすごい迫力なんじゃないかと思います。フィクションでありながら、心の中で頑張れーと応援してしまう映画でした。新しい要素もありながら、以前の要素もあり、懐かしくもなるような映画でした。

40代女性より

新しいジュラシックパーク!

主演のクリス・プラットはどちらかと言えば面白いキャラというイメージだったが、今作ではとにかくかっこいい!頼れる!!ヒロインも強く美しい今時の女性で好感が持てる。年齢の離れた兄と弟の存在で子ども達も感情移入しやすく幅広い年齢層で楽しめる作品。進歩した恐竜たちのも素晴らしいが冒頭のモササウルスでがっちり心を掴まれる。メインのインドミナス・レックスも素晴らしかったが、4匹のヴェロキラプトル姉妹は最高だった。ワクワクできる傑作。前作のファンにもぜひ観てほしい作品だった。

20代男性より

かつて人類の敵だった奴らが……

ジュラシック・ワールドで一番好きな部分といえば、これまでは人間を襲う存在だったラプトルという種類の恐竜が、今回は味方になってくれるということです。主人公は恐竜と信頼関係を築きあげて、まるでペットのようにラプトルを自由自在に操ることが出来ます。そんなラプトル達と主人公がタッグを組んで、インドミナスレックスという強敵に立ち向かっていく姿がとてもカッコよかったです。

20代女性より

迫力のあるアクション

恐竜が細部まで再現されていて、まるで本物を見ているかのようでした。主人公のオーウェンが恐竜と戦っているシーンは、迫力があり手に汗を握りました。また恐竜同士が戦うシーンでは、恐竜の雄叫びと躍動感がすごくてハラハラしました。家族を助けようと奮闘する主人公たちに、感情移入して涙が出ました。風景も綺麗なのも、美しかったです。

30代女性より

進化が止まらない!!

ジュラシックパークが夢物語で終わらずテーマパークとして成り立っている設定。実際にあったら絶対行きたい!!しかもハイブリッドの恐竜まで出てきて時代と共に設定も進化していておもしろい!!恐竜の種類も増えているし、シリーズ通しての人物や建物が出てくるのがファンとして凄く興奮する!!でも恐竜が滑らか過ぎたり感情的な部分が見えたりするのはちょっと受け入れづらかった。でも何回も見てしまうくらい中毒性が高い!!

20代男性より

悪夢再び

この作品では架空の恐竜でインドミナス・レックスという恐竜が出てくるのですが、とにかく強すぎます。色々な恐竜のDNAが混ざっているので色々な能力がありますし、こんなのに勝てるの?って感じです。過去の作品を見た人にはお馴染みのティラノサウルスも出ますよ。どんな登場の仕方をするかは是非見てほしいです。ちなみに私は今回初登場のモササウルスが大好きです。一応今作では最大のサイズらしいです。


第5作目
ジュラシック・ワールド
炎の王国

生命は、新たな道を見つける

ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXの激しいバトルで崩壊した「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島の火山に、噴火の予兆が見られた。恐竜たちを見殺しにするのか、彼らを救うべきか。テーマパークの運営責任者だったクレアと恐竜行動学の専門家であるオーウェンは、悩みながらも恐竜救出を決意し島へ向かうが、火山が噴火してしまい……。

監督 J・A・バヨナ
評価
(3.61)
日本公開 2018年 レビュー 6,294件
上映時間 128分 興行収入 80.7億円
20代女性より

大迫力の恐竜たち

恐竜たちが一斉に火山の爆発で逃げるシーンは、大迫力があり自分もその場にいるような感覚になります。ハラハラしますが、そのドキドキが心地よかったです。炎が島全体に広がり、恐竜たちが取り残されたシーンは、ショックでした。人間のエゴがよく描かれていて、自然の大切さを痛いくらい思い知らされました。主人公たちのアクションも素晴らしいです。

40代女性より

前作のファンが歓喜!

前作からのキャストが引き続き出演しているが、今回一番の目玉はやはり前作のジュラシック・パークよりマルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)が出演していることが話題になっていたと思う。前作からの年月の経過を感じさせる老マルコム博士は、相変わらずセクシーで各国の前作ファンも大喜びだったのもとても共感できた。今回もオリジナルのハイブリット恐竜が出てきたが、前回のインドミナスレックスに比べると少々インパクトに欠ける気もする。最後に柵のない世界に解き放たれた恐竜たちは今後どうなるのか。意味深なマルコム博士のシーンで締められたのが次回作への期待を膨らませる。三作目もとても楽しみだ。

30代女性より

切なすぎる

パークがある島が自然の淘汰で無くなることが判明します。そこで、前作で崩壊したパークから一部の恐竜だけを救出しますが、ここでも金持ちのエゴからでる愚行に走ります。失敗を学ばない研究者達によって更に俊敏で凶暴な恐竜が作り出され、たくさんのお金持ち達が犠牲にになります。そこでは、前作から活躍するラプトルが友人である人間を助けようと奮闘る姿が感動的です。個人的には、島に残された恐竜達が死んでしまったのが悲しかったです。

ジュラシック・パーク&ワールド
映画の順番・時系列まとめ

まとめ

映画:ジュラシック・パーク&ワールドを順番・時系列でまとめました!

ジュラシック・ワールドを見る順番
  1. ジュラシック・パーク
  2. ロストワールド/ジュラシックパーク
  3. ジュラシック・パークIII
  4. ジュラシック・ワールド
  5. ジュラシック・ワールド/炎の王国
  6. ジュラシック・ワールド/ドミニオン

また無料で視聴する方法も記載してありますので、0円で見たい方は是非参考にしてみて下さい。

ジュラシックシリーズはアクションが壮大なので、子供でも大人でも楽しめる作品だと思います!皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です