ハリーポッター映画を見る順番はこれ!シリーズ全8作品の時系列とあらすじ

ハリーポッター順番

映画:ハリーポッターを視聴する順番をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2021年2月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

ハリーポッター
映画の公開順番と時系列

ハリーポッター

ハリーポッター映画の順番は以下の通りです!
ハリーポッター映画の順番
  1. ハリーポッターと賢者の石
  2. ハリーポッターと秘密の部屋
  3. ハリーポッターとアズカバンの囚人
  4. ハリーポッターと炎のゴブレット
  5. ハリーポッターと不死鳥の騎士団
  6. ハリーポッターと謎のプリンス
  7. ハリーポッターと死の秘宝 Part1
  8. ハリーポッターと死の秘宝 Part2

シリーズは公開順=時系列なので、

上記の通りに視聴すれば、そのまま作品を楽しむことが出来ます!

また基本的には1作品で完結しますが、最後の7・8作品目は作品が2パートに分かれており、死の秘宝 Part1では物語が途中で終わります。

こちらは時間を開けて見ると内容を忘れてしまうので、最後は続けて見ることをオススメします。

ハリーポッター
全8作品の順番と時系列

第1作目
ハリーポッターと賢者の石

史上最強のファンタジー。

両親を亡くし親戚の家で育ったハリー・ポッター。そんなハリーが11才となる頃、魔法魔術学校より入学許可証が届く。親戚の反対を押し切って入学したハリーは、友達と共に楽しく学校生活を送るのだが、やがて学校に隠されたある秘密に気づいてしまい…。

監督クリス・コロンバス
評価
(3.96)
日本公開2001年レビュー1,825件
上映時間152分興行収入203億円
20代女性より

リアルな魔法の世界が広がっています

ファンタジーものは今まで沢山ありましたが、CGの技術がダントツで、実際にいない生き物でも生きているかのように呼吸し表情を示し、「本当に魔法の世界があるみたいだ!」と感じました。「名前を呼んではいけないあの人」という存在がいて、「ラスボスだな」と思いつつ、まだ魔法に触れたばかりのハリーがどう接触するんだろうと思っていましたが……まさかそういう形で出会うとは。

20代女性より

スネイプ先生が最高

ストーリーの最初からずっとハリーに対して冷たく、怪しい行動ばかりしているスネイプ先生が絶対に黒幕だと思っていたけど綺麗に裏切られて衝撃的でした。本当はハリーたちを助けていたなんて、ツンデレにも程があるし、スネイプ先生がかなりかっこよく見えました。また、主役の3人のキャラクターも最高でとてもおもしろかったです。

30代女性より

夢に見た魔法の世界

魔法使いや魔女と言う夢のようなファンタジーの世界を見事に映像化しています。ホグワーツ内の雰囲気は重厚でありながらメルヘンチックでとてもすてきです。魔法の世界へ行けたらいいなと言う漠然とした妄想を叶えてくれる作品でした。シリーズ第一作でドラマ性にはやや欠けますが、すばらしいファンタジー映画だとおもいました。

20代女性より

童話のような軽やかさで誰もが楽しめる第1作目

ハリー・ポッターシリーズの懐かしき第1作目は、今や大スターとなった世界的俳優たちの愛らしい子供時代を堪能できる。また明るい映像を基調として、ハッピーエンドに仕上がっており、子供から大人まで楽しめる内容になっている。本シリーズはやがて複雑なストーリー展開を見せるが、この一作を見るだけでも夢が広がるだろう。ぜひ子供たちに見てほしい作品だ。

20代男性より

続きが気になる!

世界的有名なハリー・ポッターシリーズの第1作。親を無くしてマグル(非魔法使い)の親戚の家で虐められて育ったハリーの元に魔法使い養成学校への誘いが!電車に乗ってホグワーツ魔法学校に向かい、学校に着くとまるでお城のような学校でビックリ!内装もお城のようでこんな学校行きたかったなーって思うような内装です!そこで色々な勉強や特訓をすることになるのですが、今作の最後では悪の魔法使いの復活を示唆するような事が!続編にも期待できる終わり方です!

40代男性より

ファンタジーな世界の始まりです

ハリー・ポッターと賢者の石 はこのシリーズ始まりの話であり、主人公ハリーの魔法世界デビューの話です。海外作品で、ここまで愛されたシリーズものの作品は、なかなか出会う機会が少ない希少な作品です。主人公ハリー、ロン、ハーマイオニーの幼い姿は、自分の子供を見ているようで、常に親目線で見てしまいます。時間が経っても良い作品は何度も見てしまうものですね。

20代女性より

魔法の世界にワクワク!

ハグリッドと再会したハリーが(ハリーは赤ん坊だったので記憶がないが)、ホグワーツへ入学する為に教科書や杖などを揃えていくシーンにワクワクしました。特に入学式当日、カートごと思いっきり壁をめがけて突っ込み9と3/4番線のホームへ到着したシーンが好きです。これまで児童書を読んでいたので、1つひとつのシーンが映像化され非常に興奮したのを今でも覚えています。

第2作目
ハリーポッターと秘密の部屋

2年目が始まる!

2年生に進級する日も近づいた夏休み。親戚の家で過ごしていたハリーの前に突然、屋敷しもべ妖精のドビーが現れ、危険だから学校には戻るなと言う。ドビーの警告を無視して迎えた新学期は何ごともなく始まるが、そのうち校内で謎めいた出来事が起こり…。

監督クリス・コロンバス
評価
(3.76)
日本公開2002年レビュー1,222
上映時間161分興行収入173億円
20代女性より

”動けなくなる”がリアルで怖い

人がそのまま氷漬けにされたように動かなくなってしまうシーンは本当に怖い。魔法の世界だから……と思いつつも、実際に自分がそういう風になったらと考えてしまう。あと魔法が失敗した時もホラーだった……。最初に出てきた妖精は、はじめちょっと気持ち悪いと思っていたけど、ラストでうれしそうな顔になっていたときは「ああ、よかったね……」と素直に思えた。

20代女性より

ハリーらの勇気に感動!

2年生になったハリー、ロン、ハーマイオニーらが前作よりも少し大人になっていて時の流れの早さを感じました。そして、本作はヴォルデモートの人間時代(トム・リドル)との対峙がメインとなっていますがハリーがヘビ語を操れることが分かり、次作への進展を期待させる終わり方となっていました。個人的にはハリーにこっそり想いを寄せる?嘆きのマートルとハリーとの掛け合いの場面がお気に入りです。

20代女性より

キャラクターたちの愛らしさが引き立つ

ナルシストで臆病なロックハートや、見栄っ張りだが気弱なドラコなど、本作では特にキャラクターたちの愛らしい面を見ることができる。また決闘クラブなど、笑えるシーンも多く用意されている。それに加え、秘密の部屋でのハリーの奮闘は、手に汗握るものがあり圧巻だ。本シリーズが展開する上で、かなり重要な伏線がいくつも散りばめられており、必見の作品となっている。

第3作目
ハリーポッターとアズカバンの囚人

僕らは、変わる。

3年生となったハリーは、進級早々困難に直面する。ひとつは人間界で魔法を使ったことによる退学の危機。もうひとつは、ハリーの両親を死に追いやったシリウス・ブラックが、牢獄アズカバンから脱獄したこと。やがてこの凶悪犯がハリーの前に現れて…。

監督アルフォンソ・キュアロン
評価
(3.88)
日本公開2004年レビュー1,290件
上映時間142分興行収入135億円
40代男性より

時を戻すペンダントが欲しいです。

ハリーとハーマヨニーが時を戻すペンダントで少し過去に戻り、シリウス・ブラックを救い出すシーンが良かったです。結局、いろんな困難が当たりはしたものの、偶然の奇跡で窮地を脱したと思われたのが、実際はハリーとハーマヨニーだったことに納得しました。また、最後のディメンターからハリーとシリウスを救った守護霊もハリーでしたが、その時はジェームスだったら良かったのにとも思いました。

20代女性より

親子愛に共感!

シリーズの中でも人気の高いシリウス・ブラックが初登場する本作では、逆転時計を持つハーマイオニーがキーパーソンとなって活躍します。今作から監督が変わりダークな場面が増えたように感じました。特に冒頭の死神の象徴である黒犬(後で正体は分かりますが)の登場には不気味さを覚えましたが、その直後に登場する「夜の騎士バス」のおちゃらけた雰囲気で一掃されました。(笑)そしてなんといってもロンの愛するペット、スキャバーズの正体があんな禿げたおじさんだったとは…衝撃でした。本作ではハリーの父親代わりにもなるブラックがハリーへ愛情を注ぐ様子が伺えます。これまでとは違う新たな旅が始まると共に、より深い魔法界への闇に立ち向かう予感を感じさせてくれるストーリーでした。

30代男性より

とにかくシリウス!

シリーズすべて好きですが、アズカバンの囚人は特に面白いです。脱獄したシリウス・ブラック。初めは敵かと思わせておいて、実はハリーのお父さんの友人、味方でした。この展開には驚きを隠せませんでした。ストーリー展開は、本作がシリーズ内でも特に秀逸ではないかと思います。あとは前作通じてハーマイオニーが可愛すぎる!

20代女性より

少しずつ大人になっていくハリー

ハリーポッターシリーズも第3弾になって、「ああ、ハリー達大人になってるんだな……」と成長を実感。主にそれは見た目での話だけれど、昔のこととも向き合う機会が増えて葛藤もしているから、内面での成長も感じる。リリクラスの魔法いいね!やってみたいと思うけど、先に別の魔法を覚えないといけなさそう。占いには興味持ってるけど、なんだか、あの先生には見てほしくないな……。

第4作目
ハリーポッターと炎のゴブレット

「闇の帝王」現る。

新学期初日、ダンブルドア校長が伝説の三大魔法学校対抗試合をホグワーツで開催すると発表。それは、「炎のゴブレット」によって選ばれた各校の代表1名ずつが魔法の腕を競い合う対抗戦だったが、なぜか予定外の4人目の選手としてハリーが出場することに…。

監督マイク・ニューウェル
評価
(3.84)
日本公開2005年レビュー1,941件
上映時間157分興行収入110億円
20代男性より

好きな作品です

このシリーズで一番好きな作品です。とにかく魔法学校対抗というアイディアもいい上に、ここより闇の帝王が本格的に意識される。別に映画の作りがいいという意味ではありませんが登場人物はかなり個性的に描かれているのでファンなら満足するでしょう。

20代女性より

別の魔法学校も魅力的!

ホグワーツ以外の魔法学校もあるとは思っていたけど、全然学校によって雰囲気違うな……・女の子の学校はいい感じ!可愛いっていうよりもクールビューティーっていう感じで。男の子の学校はなんだか体育会系で、自分だとついていけなさそう(そもそも魔法使えないけど)。ハーマイオニー可愛かったなあ。図書館通いするのもわかる。そしてロンの服がダサい(笑)

40代女性より

青春感じました

ハリーたちが成長し、学園ものっポさが増えてます!授業中にコソコソ話してて先生に怒られたり、ハリーとロンがケンカしちゃったり。いつも一緒にいてわからなかったけど、実はハーマイオニーがとても綺麗なコトに気付いたりとか!青春なカンジで面白い!

第5作目
ハリーポッターと不死鳥の騎士団

ハリーの本当の秘密、解禁。

人間界で魔法を使ってしまい、魔法省の追及を受けるハリー。ヴォルデモートの復活が原因というダンブルドアの証言によって救われたものの、魔法省はその話を信じていなかった。ハリーは闇の力に対抗するべく、仲間と共に“ダンブルドア軍団”を結成するが…。

監督デヴィッド・イェーツ
評価
(3.56)
日本公開2007年レビュー2,204件
上映時間138分興行収入94億円
20代男性より

ハリーポッターの魅力

不死鳥の騎士団は前回の炎のゴブレットでヴォルデモートが復活し話を終えたが、魔法大臣含めた魔法省は彼は復活していないとしてハリーの発言が嘘であると否定する。ホグワーツでも魔法省の発言を信じる者も多く、ハリーはホグワーツで孤立気味に。しかし、親友のロンとハーマイオニー、不死鳥の騎士団からの登場のルーナらの手助けもあり、魔法省を信じていたシェーマス達を信じさせハリーに協力するようになる。ネビルやジニーもデスイーター達との命を懸けた闘いにもハリーを1人で行かせまいと参加する。ハリーの自然と人を引き込む、放っておけないなどの人間性や魅力が存分に出ている話だった。

20代女性より

ハリーがとうとうリーダーに。

ハリーは主人公だからいずれ……と思っていたけど、とうとうリーダーみたいなポジションになったね。うーん、まあ、前の学校対抗試合を乗り越えてきているもんね……。学校がどんどん崩壊していくのは嫌だったな……。特にあのピンクの服のおばさん!でもハーマイオニーがはっちゃけてくれてうれしかった(そしてまた美人になっている気がする)

20代女性より

シリウスが死ぬなんて!

アンブリッジがハリーのことを目の敵にしていたことにかなりイライラしました。だけど、このおばさんの目を盗んでみんなが一致団結して立ち上がるのにはかなりドキドキしました。さらに、シリウスが死んでしまったことはかなり衝撃でした。重要な人物であるはずなのにこんな簡単に死んでしまうなんてと、とてもびっくりです。

20代女性より

あぁ…シリウス~!!

ハリーのお父さんであるジェームズ・ポッターの親友であり、ハリーの後見人でもあったシリウス・ブラックがシリーズの中で一番好きなキャラクターでした。大事な人を失くし、つらい経験をした者同士、ハリーとシリウスには親子のような関係で幸せになってほしいと思っていました。そんなシリウスが『不死鳥の騎士団』で死のアーチに押し込まれ、肉体を残すこともなく死んでしまったときは、本を読みながら布団の中で泣きました。当時は中学生でしたがシリウスロスで何日も引きずるくらいのダメージを受け、ベラトリックスを延々と恨んでいたのを思い出します。

第6作目
ハリーポッターと謎のプリンス

クライマックスは、
ここから始まる!

人間界と魔法界両方で勢力を強めるヴォルデモート。これに対抗するべく、ダンブルドア校長はヴォルデモートの重大な秘密を握る旧友ホラス・スラグホーンをホグワーツに招く。決戦の準備に備えるハリーだったが、校内は恋愛が花盛りで…。

監督デイビッド・イェーツ
評価
(3.50)
日本公開2009年レビュー1,909件
上映時間154分興行収入80億円
20代女性より

衝撃の展開を見せる、本シリーズの肝!

ダンブルドアの最期を描く、衝撃的な本作。またスネイプファンにとっては必見だろう。彼の選択が、後にハリーを守るための決断だったと分かるのだが、それを知った上で観ると一層たまらない。映像は闇を増し、非常にシリアスな展開へと進む。最終話の死の秘宝に向けた、クライマックスといったところだろう。本シリーズをより深みのある物語に仕上げている。

20代女性より

謎のプリンスの正体が衝撃!

タイトルにもある謎のプリンスが、まさかスネイプ先生だったとはびっくりでした。母親にかけられた誓いのせいでヴォルデモート側につくしかなくなり、自分が慕っていたダンブルドアを殺めてしまうなんて可哀想すぎました。また、本心がわからない感じなのも謎で面白いなと思います。マルフォイもどんどん悪役の階段を登って行っていてドキドキしました。

30代男性より

暗いけれど…

原作未読でこのシリーズをずっと見続けてきましたが、今までで一番面白かった。シリーズの最初はお子様向けでつまらなかったけど、途中から物語がダークになってきて面白くなった。ただ前作が少しつまらなかったので心配しましたが、シリーズをすべて見終わってこの作品が最高でした。

第7作目
ハリーポッターと死の秘宝 PART1

ついに、完結へ。

闇の帝王ヴォルデモートを倒すため“分霊箱”を探す旅に出たハリー、ロン、そしてハーマイオニー。しかし、恐ろしい闇の力は友情までをも引き裂こうとする…。そんな中、ヴォルデモートは“死の秘宝”によって最強の力を手に入れようとしていた。

監督デイビッド・イェーツ
評価
(3.78)
日本公開2010年レビュー1,787件
上映時間146分興行収入68.6億円
20代女性より

ドビーとのお別れが悲しすぎる

パート2へ繋がる残酷なシーンが多くてかなりドキドキしました。特にドビーが亡くなってしまったことが本当にショックでした。「みんなに囲まれて幸せ」なんて最後の言葉が辛すぎました。また、ヴォルデモートが強すぎるということを嫌でも思い知らされた感じがして、このラスボスとどうやって戦っていくのかと、かなり気持ちが昂りました。

30代女性より

納得の最終作前編でした!

本当に面白かったです!!今回はとてもスリリングな展開でしたね!!いまだに興奮止まぬままです^ ^今までは学園生活中心だったのが一変、物語の真相へと急展開していきましたね。変に詰め込んだ感じもなく、違和感なく鑑賞できました。

30代男性より

見応えあり!

最終章だけに始まりから切迫感があります。小説なり、映画をそれなりに観ている人には、とても良い出来で見応えがある最終章だと思う。終始切迫した展開ですが、セリフやロンの変身の件などで笑える場面もあり良かった。

第8作目
ハリーポッターと死の秘宝 PART2

これが、最後。

ヴォルデモートは力を増し、死喰い人の大群と共にホグワーツに進撃を開始。ハリーの仲間たちは全力で迎え撃つが、熾烈な戦いで多くの者が犠牲になっていく。そして、明かされる衝撃の真実。ハリーは意を決してヴォルデモートと運命の決戦に挑むが…。

監督デイビッド・イェーツ
評価
(4.11)
日本公開2011年レビュー2,283件
上映時間130分興行収入96.7億円
30代女性より

壮絶な戦い

ヴォルデモートとの最終決戦。壮絶な戦いでたくさんの仲間が命を落としてしまう悲しい最終話です。ずっとハリーを目の敵のように接していたスネイプがハリーの母を愛していたという真実、最後までハリーを見守っていてほしかったと涙が止まりませんでした。悲しく重い気分になる最終話ですが、戦いから19年後にハリーたちの子供がホグワーツへ向かう最後の場面で、新しい時代の始まりを感じることが出来たのが救いかもしれません。

20代女性より

まさかの人物が大活躍!!

ヴォルデモートとハリーの最終決戦が熱すぎました。魔法での戦いがかなり美しかったです。また、スネークがハリーのお母さんのことをずっと好きだったいうのも切なかったし、落ちこぼれのネビルが大活躍したことなど、衝撃の展開がどんどん続いてとても胸が踊りました。最終的に3人がみんな親戚になるというエンドが良かったです。

20代男性より

圧巻のグランドフィナーレ

花火大会のフィナーレで、全ての持ち玉を次々と連打してくれる、そんな爽快感。ありがとうと言いたい。あの人も、この人も、総出演、総活躍。あの場面もこの場面も…。細かく言えば、いくらでも文句は出るものの、この時間内に収めた映画としては、ほとんど全てを網羅して駆け抜けてくれた本作。グランドフィナーレに相応しい一品。

ハリーポッター
映画の順番・時系列まとめ

まとめ

ハリーポッター映画を順番・時系列でまとめました。

ハリーポッター作品は子供向けと思われていますが、実は大人も楽しめる深いテーマが題材だったりするので、様々な方に見ていただけたら幸いです!

皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です