鋼の錬金術師を見る順番はこれ!シリーズ全5作品のまとめ【アニメ・映画】

鋼の錬金術師 順番

アニメ:鋼の錬金術師のシリーズを見る順番と時系列をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2020年6月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

鋼の錬金術師
アニメを見る順番はこれ!

鋼の錬金術師

アニメ:鋼の錬金術師は、

現在『全5作品』が公開されました!

見る順番は以下の通りです。

鋼の錬金術師の公開順

  • 黄色:テレビアニメ版
  • 赤色:劇場版
  • 緑色:OVA

鋼の錬金術師 順番 時系列

OVAとは?
  • オリジナル・ビデオ・アニメの略。
  • 発売やレンタルを主たる販路として作られる商業アニメ作品のこと。

分かりやすく色分けしました。

また軽く線を引いておきましたが、

鋼の錬金術師は、2003年と2009年の2回アニメ化がされています!

これは決して続編ではなく、2009年版は再び1から制作された作品となっています。

違いを解説しておきますね。

鋼の錬金術師

  • 鋼の錬金術師
  • 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

2003年から2004年まで放送された鋼の錬金術師です。

原作の終了目途が立ってない時期に制作され、

ほとんどのストーリーや設定が『完全オリジナル』となっています。

なので原作第7巻以降のキャラクターは登場せず、主人公が迎える結末も原作と異なります。

さらに2005年には『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』も制作されていますが、こちらもTVアニメの後日談となるオリジナル映画です。

見る順番は公開順で問題ありません。

鋼の錬金術師

  • 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
  • OVA 鋼の錬金術師
  • 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星

2009年から2010年まで放送された鋼の錬金術師です。

本作は先ほどの2003年版と関係性はなく、

第1話を除けば、ほぼ原作に沿った展開や内容でストーリーが進行しています。

また制作会社は同じですが、メインスタッフや声優陣は大幅に入れ替わっています。

さらに2011年には劇場版『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』が制作されていますが、こちらは後日談でなく、作中では描かれなかった空白の期間に起きたオリジナルの物語です。

こちらも見る順番は、公開順で問題ありません。

どちらのアニメも漫画:鋼の錬金術師を原作としていますが、制作に関わっているスタッフやキャストが違います。

「どちらを見るべき?」の答えとしては、

・オリジナルが見たい!…鋼の錬金術師
・原作アニメが見たい!…鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

上記を参考にして頂ければと思います。

鋼の錬金術師の配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし
動画配信
サービス
テーブル テーブル テーブル テーブル テーブル
月額料金 933円 1,990円 800円〜 455円 400円
無料体験 2週間 31日間 なし 30日間 31日間
オススメ
アニメ版
batsu batsu maru sankaku maru
OVA maru batsu batsu sankaku maru
劇場版 batsu batsu batsu sankaku maru
公式 公式サイト 公式サイト
公式サイト 公式サイト
公式サイト

dアニメストアで全シリーズ見放題となっています!
dアニメストア
鋼の錬金術師

しかもdアニメストアには『31日間の無料体験』があります!

上の画像は公式のキャプチャですが、

「初めてdアニメストアに登録する人は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、月額料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、31日間以内に解約したので0円でした!

お試しキャンペーン実施中!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

是非お気軽にお試しください!

鋼の錬金術師シリーズ
全5作品の順番とあらすじ

テレビアニメ
鋼の錬金術師

エドワードとその弟アルフォンスは、幼き日に亡くした母親を思うあまり、死んだ人間を蘇らせるという錬金術最大の禁忌、人体錬成を行ってしまう。しかし錬成は失敗し、エドワードは左足を、アルフォンスは体全てを失う。己の右腕と引き換えに、かろうじて弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功したが、その代償はあまりにも大きすぎるものであった。エドワードはアルフォンスと共に、失った全てを取り戻すため、絶大な力をもつ「賢者の石」を探す旅に出る。右腕と左足を鋼の義肢「機械鎧」に変えた彼を、人は「鋼の錬金術師」と呼ぶ…。

評価
(4.10)
放送年 2003年 レビュー 1,476件
監督 水島精二 放送回 全51話

※Youtubeに移動します。

主題歌
OP メリッサ
OP READY STEADY GO
OP UNDO
OP リライト
ED 消せない罪
ED 扉の向こうへ
ED Motherland
ED I Will

dアニメストアで視聴する


劇場版
鋼の錬金術師
シャンバラを征く者

ふたつの世界に引き裂かれたエルリック兄弟は、それぞれ再会を願ってその手段を探し求めていた。兄:エドワード・エルリックが飛ばされてしまった先は、西暦1923年…やがて世界大戦につながる動乱の予感をはらんだドイツ・ミュンヘンであった。得意の錬金術を封じられてしまったエドは、弟の面影をもつ若者アルフォンス・ハイデリヒの力を借りて、科学技術の粋・ロケット工学の力で故郷へ帰ろうと試みていた。だが、なかなか手がかりは得られずエドは焦燥をつのらせる。

評価
(3.79)
公開年 2005年 レビュー 293件
監督 水島精二 興行収入 12.2億円

※Youtubeに移動します。

主題歌
OP Link
ED LOST HEAVEN

dアニメストアで視聴する


テレビアニメ
鋼の錬金術師
FULLMETAL ALCHEMIST

錬金術、それは等価交換の原則のもと物質を理解、分解、そして再構築する、この世界で最先端の科学である。この錬金術において、最大の禁忌とされるもの「人体錬成」。亡き母親を想うがゆえ禁忌を侵し、全てを失った幼き兄弟。機械鎧をまとい、鋼の錬金術師の名を背負った兄:エドワード・エルリック。巨大な鎧に魂を定着された弟:アルフォンス・エルリック。二人は失ったものを取り戻すため「賢者の石」を探す旅に出る。

評価
(4.20)
放送年 2009年 レビュー 3,055件
監督 入江泰浩 放送回 全64話

dアニメストアで視聴する


OVA
鋼の錬金術師
FULLMETAL ALCHEMIST

鋼の錬金術師

大人気TVアニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のパッケージに収録されていた、エドとアルの旅路を補完するOVA全4本。

評価
(3.70)
公開年 2009年 レビュー 100件
監督 入江泰浩 話数 全4話

dアニメストアで視聴する


劇場版
鋼の錬金術師
嘆きの丘の聖なる星

アメストリスの首都セントラルにある中央刑務所から、服役中の囚人メルビン・ボイジャーが脱獄する。彼が操る錬金術に心奪われたエドワードとその弟アルフォンスは、メルビンの行方を追ってアメストリスの西側に位置するクレタとの国境へと向かう。やがてその昔「ミロス」と呼ばれていた、周囲をがけに囲まれたテーブルシティに到達し…。

主題歌 L’Arc〜en〜Ciel
GOOD LUCK MY WAY
評価
(3.28)
公開年 2011年 レビュー 297件
監督 村田和也 興行収入 6.5億円
20代男性より

兄弟愛がやばい!

鋼の錬金術師は兄弟愛を最大限に感じることの出来るアニメです。戦闘シーンはもちろんカッコ良いですが、ストーリーも面白くてワクワクします。錬金術のバトルは他のアニメにはあまりないバトルスタイルなので興奮してしまいます。作品のBGMなども世界観がよりダイレクトに感じられる音楽ばかりなので良いです。兄弟で協力しながら前向きに進んでいく姿から兄弟の素晴らしさを感じられます。感動できるシーンが多いアニメだと思います。

30代女性より

奥が深い!

錬金術師という、ピンとこない難しい話のアニメだと思いましたが、すごく面白い話です。ギャグも入れつつシリアスな話もあり、話が進むにつれてどんどんハマってきます。後半に伏線がどんどん回収されていきますが、味方だと思っていた人が敵だったり、アルたちの父についての話やホムンクルスには驚きました。登場人物の個性が一人一人強いのですが、話が、並行して進んでいくので、何度も見返してキャラクターを理解していました。

20代男性より

決して真似などできない家族愛

少年漫画では珍しい重たい話がふんだんに組み込まれているダークファンタジー。右手・左足を失っている主人公エドと、肉体そのものを失い魂だけの存在となり大きな鎧にその魂を定着させて生をつないでいる弟アル。二人がこうなってしまったのは理由は、死んでしまった母親にもう一度会いたかったから。ただこの出来事を経験し、今なお前を向いて歩いている二人だからこそ、悲しい出来事に寄り添えることができ、自身の背中で悲しみの渦中にいる人々に勇気を与えることができます。世界観・物語の展開・登場人物、どれをとっても最高の一作です。老若男女問わず誰にでもお勧めできます!

30代男性より

バランスのとれた作品でした。

バトル系のアニメによくありげなガチガチに男性メンバーで固めるとか逆に萌え系にあるような女子高生とか女性で固めてくるとか何かに突出したような感じではなく男女の登場人物のバランスがあってストーリー的にも時にまっすぐなバトルシーンがあればシリアスであったり死を扱うような残酷無比な一面を見せてきたりとあらゆる局面においてフレキシブルに対応してきている作品に感じられて全体を通してマイルドな印象がありました。楽曲も疾走感のあるものやキャッチーな曲が選ばれていて作品以外でもワクワクさせてくれる部分が熱いなと思えました。

20代男性より

悲しい

鋼の錬金術師で最も記憶にあるのは、主人公の兄弟の母親を亡くしていて、錬金術で母親を生き返す出来事が一番記憶に残っています。錬金術でも禁止に近い行為である人体錬成宮で行ったが結果は失敗。兄のエドは左脚を、弟のアルは自らの身体全てを失ってしまったのがこの物語の原点だと思います。主題歌でオススメしている曲は2曲あります。1曲目は「メリッサ」です。初代opでありアニソンとしても定番といえます。2曲目は「ホログラム」です。アニメーションが良いのでオススメです。

20代女性より

このアニメを通して命の大切さを学びました

このアニメは錬金術という、とても便利な魔法のようなものでも等価交換が原則であるという設定になっています。そこがしっかりと筋が通っていて、物語を理解する上で、とても大切なルールです。無から有は作りだせなくて、同じ量、質なものは同じものにしか変化ができないという原則です。ルールは現実の私たちの世界と違っていますが、概念的なものは科学の原則と変わっていません。経済においても、交換原則という言葉があるくらいなので、フィクションだけど現実に刺さる内容にないっていると思います。命とは何なのか、戦争とはどおいうものなのか、人を作りだすこととは、終わってから考えさせれます。内容は子供でも理解しやすいものになっていて、しかし、大人にもおもしろくて深い内容になっています。泣けるシーンもいっぱいあって、笑えるシーンもたくさんあって、魅力的なアニメだと思っています。

10代男性より

久しぶりに見た壮大なストーリー

ハガレンは塾の先生におすすめされて見始めました。まぁ、有名だし見ておくかってノリで見始めました。この作品、中盤までいかないとストーリーの神髄までよくわからないというよくできたストーリーだなぁと思いました。少し不満だったのがすべてのキャラクターの過去が描かれ切れていなかったことですねぇ。そこはすごく残念です。一番よかったのがバトルシーンの面白さですね。錬金術となると色々な戦い方があるのでバトルシーンだけでも見てて楽しいです。今から見るならリメイク版をお勧めします。

20代女性より

迫力満点

錬金術を使ったバトルは迫力満点でアニメ全体の印象としては見ごたえがあります。兄弟愛、家族愛、そういった温かみを含みつつ、生命とは人の手で扱えるのかといった真剣な部分にもせまっていきます。ストーリー設定や画力がとてもしっかりしているため、見ていると非現実的なはずの錬金術の世界観がどんどんリアルに感じられて、すごく面白いです。登場人物たちのキャラクターも良く、主人公だけでなく敵役にすら愛着が湧いてしまいます。とくに色欲のラストは美しく、どこか温かみもあり、適役ながら好きなキャラクターです。

30代女性より

主題歌がOPとEDで雰囲気が変わって良い

鋼の錬金術師の、主題歌がOPがポルノグラフィティのメリッサや、アジアンカンフージェネレーションが唄う、リライトや、L’Arc~en~Cielが唄う、readysteadyGoなどアップテンポな曲が、多くある気がするのですが、EDは、Crystal Kayが唄うmotherlandや、イエロージェネレーションの扉のむこうへなどを聞いたところ、ゆったりとした曲が集められているのかも知れないと思いました。

30代男性より

これから見る方へ

錬金術師の兄弟が自分達の身体を取り戻すために、国家錬金術師となり、旅をするお話なのですが、戦闘シーンのアクションにはとても見ごたえがあります。格闘+錬金術の戦いといった具合でしょうか。錬金術が加わる事で、普通とはまた違う戦闘シーンが描かれていると思います。戦闘物が好きな方にはおすすめです。また、オープニング、エンディングともにとてもいい曲が多いので最初から、最後までとても満足のいく作品だと思います。

30代男性より

かっこよくて主題歌も良い

とてもカッコいい作品となっています。少年向けで非常に面白い作品でした。等価交換など面白い単語も出てくるので魅力的なワードも多くて印象に残っています。主人公の兄弟愛はとても良いな、と思わせてくれた作品でもあります。主題歌に関しては、有名なアーティストが歌っているものが多くてとてもかっこよかったです。アニソンでもあり、万人受けするような主題歌ですのでアニメに興味がなくても是非、一度は聴いて欲しいと思います。

30代女性より

キャラクターについて

鋼の錬金術は、キャラクターが、エドワードエルリックと、アルフォンスエルリックの、通称エドとアル兄弟がメインで登場しますが、兄弟の幼なじみの、ウィンリィロックベルや、ウィンリィの祖母の、ピナコロックベルが、まだ色々な事に、困惑する兄弟を、近くにいる仲間なども兄弟を、家族のように接してくれたり、暖かなまなざしで、見守ってくれているのが、良いなと思いました。エドの金髪みつあみも、外人の様な容姿だなぁと、思いました。

20代男性より

感動の最後

鋼の錬金術師は、しっかりと伏線回収も完璧な作品です。兄弟の過ちを自ら正して更には、人間としての成長が描かれている素晴らしい物語です。特にエドワードのセリフがかっこいいです。「錬金術がなくてもみんながいるから大丈夫さ」錬金術をよりも大事なことをしっかりと持っていることが分かる大事なシーンでした。見事に身体を取り戻した兄弟に迎えるウィンリィは、本当に感動しましたね。その後も 皆元気にやってハッピーエンドで良かったです。

dアニメストアで視聴する

鋼の錬金術師
順番と時系列まとめ

まとめ

アニメ:鋼の錬金術師の順番と時系列をまとめました!

鋼の錬金術師の順番
  1. 鋼の錬金術師
  2. 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者
  3. 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
  4. 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST OVA
  5. 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星

鋼の錬金術師は少年漫画から派生した作品なので、子供も大人も楽しめると思います!皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。