ダイバージェントを見る順番はこれ!シリーズ全3作品の時系列とあらすじ【映画】

ダイバージェント 順番

映画:ダイバージェントのシリーズを見る順番と時系列をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2020年6月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

ダイバージェント
映画を見る順番と時系列

ダイバージェント

映画:ダイバージェントは、

現在『全3作品』が公開されました!

見る順番は以下の通りです。

公開順・時系列

ダイバージェントを見る順番
  1. ダイバージェント(2014年)
  2. ダイバージェントNEO(2015年)
  3. ダイバージェントFINAL(2016年)

シリーズは公開順=時系列なので、

上記の通りに視聴すれば、そのまま作品を楽しむことが出来ます!

また物語・登場人物なども引き継ぎますので、初めて見る方は第1作目からの視聴をオススメします。

一気見できるVODもまとめたので、確認してみて下さい!

ダイバージェントの配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし
動画配信
サービス
テーブル テーブル テーブル テーブル
月額料金 933円 1,990円 800円〜 455円
無料体験 2週間 31日間 なし 30日間
オススメ
第1作目
第2作目
第3作目
batsu maru maru maru
公式 公式サイト 公式サイト
公式サイト 公式サイト

複数のサービスで全て見放題となっていました。

どちらに登録しても視聴できますが、

普段から映画をよく見る方は『U-NEXT』の登録をオススメします!

動画配信

実はU-NEXTは洋画の作品数で第1位を誇っています!

そして今なら『31日間の無料トライアル』が付いています!

上の画像は公式のキャプチャですが、

「U-NEXTに初めて登録する方は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、期間中に解約したので0円でした!

お試しキャンペーン実施中!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

是非お気軽にお試しください。

ダイバージェント
全3作品の順番とあらすじ

第1作目
ダイバージェント

世界が崩壊してから100年後の未来。復興を果たした人類は、16歳で受ける選択の儀式によって人々を軍・警察にあたるドーントレス、政権を運営するアブネゲーション、教育・研究を担うエリュダイトといった五つの共同体に振り分け、そこで人生を全うすることを強制していた。16歳になったトリスも選択の儀式を迎えるが、どの共同体にも適さない異端者と判断されてしまう。異端者は政府に抹殺されるのを知った彼女は、うそをついてドーントレスへと所属する。

監督 ニール・バーガー
評価
(2.87)
日本公開 2014年 レビュー 940件
上映時間 139分 興行収入 1.6億円

U-NEXTで無料視聴する


第2作目
ダイバージェントNEO

トリスとフォーは、宿敵ジェニーンのせいで異端者であることが露見したため逃亡生活を余儀なくされる。シカゴを追われた彼らは、エリュダイトたちが異端者を排除しようとする理由を知るために奔走する。愛する者たちを守るため、二人は力を合わせて苦難の道を突き進み…。

監督 ロベルト・シュヴェンケ
評価
(2.74)
日本公開 2015年 レビュー 423件
上映時間 119分 興行収入 0.3億円

U-NEXTで無料視聴する


第3作目
ダイバージェントFINAL

五つの派閥によって管理された社会がクーデターによって崩壊し、シカゴの街は巨大なフェンスとゲートによって閉鎖されてしまう。どの派閥にも属さない異端者のトリスは仲間と一緒にフェンスの外の世界へ脱出しようとする。しかし、トリスらは異端者についての真実と、ある組織による陰謀を知ることになり…。

監督 ロベルト・シュヴェンケ
評価
(2.84)
日本公開 2017年 レビュー 222件
上映時間 120分 興行収入

U-NEXTで無料視聴する

ダイバージェント
シリーズの順番まとめ

まとめ

映画:ダイバージェントの全シリーズの順番をまとめました!

ダイバージェントの順番
  1. ダイバージェント
  2. ダイバージェントNEO
  3. ダイバージェントFINAL

ダイバージェントはSFアクション映画なので、子供も大人も楽しめると思います!皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。