【公開順】名探偵コナン映画一覧|全25作品の主題歌と興行収入まとめ!

名探偵コナン映画一覧

映画『名探偵コナン』の全25作品(特別版を含む)を公開順番にまとめます。

作品数に関しては、2020年の最新版です。

今ならHuluで全作品見放題!

コナン

コナン

お試しキャンペーン実施中!

2週間以内に解約すれば、料金は0円です。

目次

公開順番
名探偵コナン映画一覧

第1作目
名探偵コナン
時計じかけの摩天楼

真実はいつもひとつ!

工藤新一宛てに、建築家の森谷からパーティーの招待状が届くが、コナンの姿では参加できず、幼なじみの蘭に代理を頼む。その直後、街で連続放火事件が発生。その犯人と思われる人物から工藤新一に爆破予告の挑戦状が届く。正体を隠しながら犯人と戦うコナン。しかし蘭までもが事件に巻き込まれ…。

主題歌 Happy Birthday
評価
(4.07)
公開年 1997年 監督 こだま
兼嗣
レビュー 418件 興行収入 11億円
20代男性より

名探偵コナン初の劇場版作品!王道ストーリー!

劇場版名探偵コナン、恒例の大規模爆破はここから始まった!今作品は原作連載3年・アニメ放送開始1年目に公開したということもあり、コナンの新一要素がかなり強い。まだ江戸川コナンになりきれてない頃なのだ。そのため、新一&蘭の組み合わせが好きな方に特にオススメの作品である。ストーリーとしてはかなり王道な展開であるが、しっかりと名探偵コナン要素を構成しており、初の劇場版として素晴らしいスタートを切っていると思う。見所としては、クライマックスの一部でモノクロ調になるところが素晴らしい。序盤で張られた何気ない伏線を回収するのに非常に効果的な演出。主題歌は「HappyBerthday」:杏子、作詞・作曲:スガシカオ、タイトルからして今作にぴったりの楽曲。ちなみに現在、主要キャラとなっている白鳥警部は今作が初登場。白鳥警部が好きな方も是非!

40代女性より

ハラハラする展開が楽しくて面白かった。

コナン/新一に爆破予告の電話が来てコナンが公園でラジコン飛行機で遊んでいた少年探偵団3人を見つけラジコン飛行機に爆弾があると気付き飛行機を蹴り上げ爆発させたり次々と爆弾のありかを探し阻止するところがハラハラして面白かった。最後に蘭と見る約束の映画館がターゲットになり閉じ込められた蘭に爆弾を処理させるコナンと蘭の絆が素敵で感動しました。スピード感ある展開がワクワクして面白かったです。大人でも楽しめました。

20代女性より

新一と蘭の愛を感じた

第一作目の映画ということもあり、映像が古めかしかったりコナンを始め登場人物の声が大げさだなと思う部分もありますが、多くのコナン映画の中で一番、新一と蘭の愛を感じられる作品だなと思います。最後に蘭が選ぶ爆弾の配線の色と、新一のために買ったセーターの色の話も、恥ずかしながらもほっこりしました。

50代女性より

20作品すぎてもこれが一番

コナン映画も20作以上作られていますが、やっぱりこの初めての作品が一番素晴らしいと思います。画は今とまるで違うと思う人もいるでしょう。でも、話の構成は最高です。すごいとおもうのは、シンプルで分かりやすい。そして犯人は異常な心理を持って犯行をおこなっていたということです。なにより「赤を切るか青を切るか」というなんともありふれてそれでいてドキドキするパターンを使っていること。なので、他のどの作品よりスピード感を持って見られるのだと思っています。また、コナン映画は時代も感じられて面白いと思います。コナンもこのころはガラケーでしたが、まだ世間でも携帯電話は出始めでしたよね。

30代女性より

運命の二本!

爆発した建物に閉じ込められてしまった蘭。コナンはそれを知って現場に走ります。しかも1番大きいのがそこにあり、コナンは設計図を元にきれと言いますが最後の赤と青だけは書いてなくてそれは蘭が決めろと言います。蘭は悩んだ挙句青を切り爆発は収まりました。すごくハラハラドキドキしました。もし間違えて赤を切ったらとか考えると恐ろしいです。

第2作目
名探偵コナン
14番目の標的(ターゲット)

次に狙われるのはだれだ!?

毛利小五郎の周りで殺人未遂事件が連続発生。いずれの現場にもトランプに関連のあるものが残されていた。犯人が狙う人物は小五郎に関係があり、しかも名前に数字が入っている。その数字をトランプに当てつけ、順番に殺していこうとしているようだ。最後のスペードのエース、すなわち1を意味する人物は工藤新一だった。

主題歌 少女の頃に戻ったみたいに
評価
(4.17)
公開年 1998年 監督 こだま
兼嗣
レビュー 322件 興行収入 18.5億円
20代男性より

初めて観たコナンムービー

私が観た初めてのコナン映画でした。印象的なのはコナンのアクションシーン。スケボーで隣のビルに飛び移ったり、ロープを降って窓を割ってみたり、これまでの作品よりキャラクターがダイナミックに動いていたのではないかと思います。前者のシーンはコナンが危険を顧みず蘭や友達を助けに行くシーン。友人思いなコナンには惹かれますね。ラストシーン、車でビルから脱出する描写は、歩美ちゃんの「30秒ゲーム」の伏線も回収され、素晴らしい流れでエンディングに向かっていました。

50代女性より

トランプに関係があって面白い!

推理していくときに謎解きがトランプに関係があって、それが子どもにも分かりやすくて、子どもが映画を何回も見ていました。高校生の毛利蘭のお母さんの妃英理が出てくる珍しい映画です。犯人も意外な人でびっくりします。死体がレストランの水槽に浮いていてもアニメだからそんなに気持ち悪くありません。

40代女性より

カッコいい毛利小五郎

名前の数字になぞらえて順番に事件が起こっていき、緊迫感がありドキドキしました。毛利小五郎と妃英理の過去の事件も絡めて、話が進んでいきます。別居の真相も判明しますが、そうなの?!とびっくりしました。やれば出来る男 毛利小五郎が本領を発揮して、男らしくてカッコイイところが観られる映画です。

30代女性より

銃をうつ意味!

わりとわかりやすいミステリーでした。トランプの数字を順番に殺したり、ケガさせたり。それも、おっちゃんに関連していく人たちとみせかけて、実は……ってオチ。最後が蘭を守るために銃を撃つコナンがカッコ良かったですし、また過去におっちゃんもエリを守るために同じことをしていた。コナンも蘭もまたひとつ大人になった感じですね。

30代女性より

トランプ事件

この作品はトランプごとに小五郎の周りの人が襲われてい来ました。蘭が挟まって水から上がって来れなくなった時にコナンがいち早く助けに戻ったところがすごく良かったです。そして、最後の最後で人質に取られてしまったけど小五郎が何故昔妃弁護士を打ったのか理由がわかって自分も助けるために打って蘭を助けるところはカッコ良かったです。

第3作目
名探偵コナン 世紀末の魔術師

世紀末最大の謎を解くのは!?

怪盗キッドから警視庁にある犯行予告状が届く。キッドが狙うものはロマノフ王朝の秘宝“インペリアルイースターエッグ”。早速コナンらはエッグのある大阪へ移動。予告通りキッドは現れ、エッグを盗まれてしまうが、ハンググライダーで逃走中にキッドは何者かに撃たれてしまう…。

主題歌 ONE
評価
(4.30)
公開年 1999年 監督 こだま
兼嗣
レビュー 437件 興行収入 26億円
40代女性より

これぞ謎解きミステリーでした

鈴木財閥のイースターエッグを巡って、怪盗キッドも登場する作品です。それだけで期待が高まりました。キッドの予告、現在の殺人とロマノフ王朝にまつわる謎などミステリー要素が盛りだくさんで最高でした。犯人の殺し方にも、過去の出来事が関連しているとは思わなかったので、感動しました。

40代男性より

怪盗キッド初映画で存在感抜群

この映画で怪盗キッドが初めてコナン映画に出てきましたが、とても存在感があり、コナンとのバトル&協力するところはとても見ごたえがありました。そして、最後の場面で工藤新一に扮してコナンを助ける場面は何とも憎らしくもあり、好感のもてるキャラクターだなと思いました。

30代女性より

炎の中の推理力

船上内で起こるミステリー。怪盗キッドが刑事に紛れこんで登場。キッドの変身術は見習いたいものですね。最後のお宝を手に入れた中国人の豹変ぶりとコナンの推理力がすごかったです。そして、最後コナンの正体が蘭にばれそうになったときキッドがコナンを助けてくれた。その理由は、キッドの鳩?を手当てしてくれたから。そんなやさしいキッドがカッコ良かったです。

20代女性より

よく出来ているストーリー

こちらの作品もコナンの中では私の中で1位、2位を争う作品です。とても好きです!ストーリーが本当によく出来ているな!どうやってこんな凄いストーリーが思いつくのだろうか、と見た当初は思いました。地下に入り、名推理を繰り広げ、怪盗キッドも出てくるので見どころ沢山の作品です!

第4作目
名探偵コナン 瞳の中の暗殺者

Need not to Know…

史上最悪の事件、現職警察官を標的とした殺人事件が相次いで発生。事件に遭遇したコナンは、白鳥警部に事件のことを尋ねるが、答えは「Need not to know」という警察の隠語。ついには佐藤刑事までもが何者かに襲われ、偶然居合わせた蘭はそのショックで記憶喪失に。犯人は蘭に顔を見られたと思い込み、蘭の命を脅かす!

主題歌 あなたがいるから
評価
(4.66)
公開年 2000年 監督 こだま
兼嗣
レビュー 534件 興行収入 25億円
50代女性より

サスペンスの定番記憶喪失

この作品は、コナン映画の中でも「時計仕掛けの摩天楼」の次に好きな作品です。蘭ちゃんが記憶喪失になったことで、小五郎夫婦が一時的に一緒に住むといったシーンで料理が下手な妃さんが料理を作るといった時、コナンが「お腹空いてないから」という高山みなみさんのセリフが悶絶するほど好きでした。また、病室に見舞いに来た園子が「友だちだからね」と泣くシーンではもらい泣きしました。本当に声優さんの演技は素晴らしいなと思います。またこの作品で犯人役だった井上和彦さんが、今では白鳥警部をやっているわけですよね。あと、これは少年探偵団の活躍も良かったでした。

20代女性より

蘭姉ちゃんが狙われる!

最初の始まりから人が狙われるという、なかなかに怖いな!と思う初まりの映画でした。パーティーにその後参加をするのですが、その後に、停電中に蘭姉ちゃんと佐藤刑事が狙われる所は、いつも見ているメンバーなのでハラハラしました!その後も映画の最後までコナンくんが蘭姉ちゃんを守るとっても素敵な映画です!

30代女性より

傑作です。

警察関係者を犯人と思わせるミスリードや伏線が緻密でストーリー構成が逸材の作品です。ショックで記憶喪失になった蘭に温かく接する家族や命がけで蘭を守ろうとするコナンの姿には感動します。遊園地でのアクションシーンも見応えがありますが、何といってもラストで蘭が記憶を取り戻す噴水でのシーンは演出が本当に素晴らしかったです。

第5作目
名探偵コナン
天国へのカウントダウン

脱出不可能!
危険な罠の時間を止めろ!!

キャンプの帰りにコナンとクラスメイトは日本一の高さを誇る“ツインタワービル”に立ち寄る。たまたま居合わせた毛利小五郎ら一行と合流し、ビルのオーナー、そして関係者を紹介されるが、彼らは次々と何者かに殺害されてしまう。時を同じくして、新一の体を小さくした組織の人物たちもなぜかツインタワービルに集まっていた。

主題歌 always
評価
(4.58)
公開年 2001年 監督 こだま
兼嗣
レビュー 401件 興行収入 29億円
20代男性より

コナン史上最高!

作品の完成度の高さは、コナン映画史上随一だと思います。伏線の張られ方が絶妙で、「このシーンはこのためのものだったのか!」と思わされる場面がいくつも散りばめられています。少年探偵団一人一人の活躍が描かれているので、少年探偵団好きは必見の作品です!

30代女性より

蘭がカッコいい!

蘭はいつも守ってもらっている立ち位置でしたが、蘭とコナンが閉じ込められてしまってどうするのかなと思ったんですけど、蘭が紐でコナンを抱えてバンジーしたのがめっちゃかっこよかったです。また、少年探偵団が居なくなりまた戻って車で脱出するのに爆風を使いましたが、灰原ちゃんがカウントを辞めず死のうとしたとき元太が助けに行ったのがカッコ良かったです。

20代女性より

ワイルドスピード!

めっちゃ好きな作品です!最後がまさか、車で遊んでいたゲームが役に経つ時が来るとは!という映画でした。あゆみちゃんがコナンくんのお陰で数える事が出来、みんなでちからを合わせて脱出するシーンは、とってもかっこよかったです!こちらの作品も大好きな一作品です。

20代男性より

子供の成長に感動!

天国へのカウントダウンでは黒の組織が殺害した原さんがハッキングに使用したとされるトキワのメインコンピュータの破壊とジンが偶然見かけたシェリーと思われる人物を葬るためにホテルに爆弾を仕掛けていて、少年探偵団はホテルに取り残されてしまう。コナンを先頭に諦めずに逃げる手段を探すと爆風を利用して隣のビルに車で移動するという命がけの方法しか手段がない。そこで腹を括ってやる事を決めて爆風で移動している時に灰原が投げ出された時も光彦が助けたり、安全よりも友の救出を選ぶあたりに凄い成長が見えて感動しました。

40代男性より

コナン大活躍

黒の組織のジン、ウォッカが登場し建設中のビル爆破により窮地に立たされたコナンが一度は安全なビルに脱出するも、少年探偵団が逃げ遅れていることを確認すると、子供たちのいるビルに戻り、最後は商品である車で爆風をいかして隣のビルに飛び移る内容には何故か心打たれたシーンでした。

20代女性より

仲間の絆

この映画はテレビで何度も観ましたが、黒の組織との勝負にはハラハラしました。最初の灰原哀の行動には不信に思ってたけど亡くなったお姉さんの声を聞いていたんだなと分かりお姉さんが本当に好きで尊敬してたんだなと思い切なかったです。お馴染みの大爆発があり、蘭ちゃんがビルから飛び降りるという発想には驚きましたが、覚悟と度胸は素敵でした。最後のシーンでは、少年探偵団との掛け合いやコンビネーションは抜群で灰原哀の笑顔は可愛かったです。

30代女性より

アクションシーンが必見

始まりから黒の組織が登場して物語がよりスリリングな展開になっています。ミステリー要素もさることながら、アクションシーンが見応えがあり特にラストのコナン達少年探偵団が車に乗って爆風を利用してビルからビルへ飛び移るシーンは手に汗握る展開で何度見てもハラハラします。歩美の時間をあてる特技がこの場面で活かされていて、まさに天国へのカウントダウンという題名がぴったりな作品だと思います。

20代女性より

最後までハラハラドキドキの急展開!

名探偵コナン劇場版第5作目でもある、天国へのカウントダウンはコナン劇場版の中で初めて映画館に見に行った作品であり、未だに当時の感動を忘れられません。後半のツインタワービル爆破からの息をもつかせぬドキドキハラハラさせる急展開と、黒の組織であるジンとウォッカとの心理戦、そしてこの映画をきっかけに哀ちゃんと少年探偵団の子供たちとの間の溝が埋まったのではないかと感じた作品であったため、どのコナンの劇場版作品よりも大好きな映画です。

第6作目
名探偵コナン ベイカー街の亡霊

待ってろ…絶対また逢えっから

コナンたちが住む米花(べいか)シティーホールで、体感シミュレーションゲーム“コクーン”の発表会が開催される。さっそくゲームを楽しもうとするが、ふと気づくと、彼らはどこか見知らぬ場所へと降り立っていた。そこは深い霧に包まれた今から100年前のロンドン。そして彼らの前には歴史に名立たる凶悪犯“切り裂きジャック”が…。

主題歌 Everlasting
評価
(4.29)
公開年 2002年 監督 こだま
兼嗣
レビュー 668件 興行収入 34億円
20代男性より

ベストコナン映画

コナン映画は全て観ておりますが、この作品はコナン映画の中でもベストで、また映画そのものとしてもかなり良い出来ではないかと思います。犯人の動機は、社会の構造に対して訴えかけるものがあります。また、ゲームの中とはいえ仲間が一人ずついなくなっていく緊迫感は、他のコナン映画には無い物です。

30代女性より

世界観が素晴らしい

19世紀のロンドンを舞台にコナンが活躍する姿が描かれていて、その圧倒的な世界観に引き込まれます。人工知能との生き残りをかけたサバイバルゲーム風の展開が面白くコナンの名推理で連続殺人鬼を追い詰めていく所はさすがです。特にラストでコナンの絶体絶命のピンチにシャーロックホームズが登場して助言をするシーンは盛り上がります。

40代女性より

いつも少し違うコナン

いつものコナンとはちょっと違う、ゲームの中で命をかけて推理を行う少しSF要素が入った作品でした。19世紀のロンドン、シャーロックホームズがコナンに劣らず好きなので、面白かったです。子供達が、コナンに後を託して消えて行くのがゲームの中とはいえ、切なくなりました。大丈夫なのは、わかっていても思わずコナン頑張れと応援したくなりました。

20代女性より

推理がたくさん!!

始まりから終わりまで沢山のことを推理してコナンがピンチを乗り越えていくので、見ていてずっとワクワクドキドキできます。また、映画の舞台がほかの話とは少し違っているので、その点も面白いしストーリーがあって見ていてとても楽しいです。コナンの映画の中でも「The 推理映画」という感じがします。

20代女性より

バーチャルVS少年探偵団

バーチャルを題材にしたミステリー。コナンの少年探偵団、蘭が奮闘する映画でした。アイちゃんがゲームオーバーになるシーンは、涙ものでした。最後まで頑張ってたけど、やっぱり最後の最後に……って感じでしたね。コナンが解いた推理で、バーチャルにいた少年が成仏?してくれて良かったなぁってお話でした。孤独はつらいし、友達はほしいよねって思う話です。

30代女性より

ホームズ好きにはもってこい!

コクーンゲームの中でのコナンくんたちの活躍。殺人事件にはあまり重きはなく、ゲームの中での推理やハラハラするラスト、友達を思い命を懸けてもかばう姿などはこれまでのコナンにはないような、とても感動するものでした。また、コナンファンにも多い、シャーロック・ホームズファンにもたまらない映画です。実在したジャックザリッパーや、リアルなロンドンを舞台にするなど現実を離れたところも魅力的です。ラストは、そうだったのか!?と、驚きました。友情、家族、様々な人間性を感じることが出来た作品です。

20代女性より

父と息子の眼に見えない絆に感動!

コナン作品で一番大好きです!工藤新一のお父さんとコナンの見えないつながりが描かれます。なぜ見えないかというと、コナンと父は一般的に見たら他人なので、親子であることは一部の人間しか知りません。コナンはゲームの中で、父は現実で事件解決を目指すところがさすが親子!という感じです。

20代女性より

1番好きな作品!

コナンの映画は沢山見ていますが、1番好きな作品です!おばあちゃんに映画館に連れて行って貰ったから、という理由もあるかとは思いますが、コクーンの中に入ってロンドンの街を旅し、推理していく、そしてジャック・ザ・リッパーを探し当てた時に、蘭姉ちゃんが犠牲になったり、、、本当に良い作品です!!!

30代女性より

ゲームの世界

この映画は好きです。ジャックザリッパーを捕まえれば現実の事件も解決できるとゲームの世界にみんなで行くことになるんですが、みんながみんなコナンくんに生き残ってもらいたいとコナンくんを助けながら1人ずつ消えていきます。コナンくんがみんなから愛されてるんだなと思いました。

20代男性より

ゲーム世界のミステリー!

コナン映画の中でも異色の作品です。この映画でコナンたちが活躍する舞台はゲームの中であり、現実世界ではありません。ゲーム世界の中、現実世界で同時に起こる事件やミステリーをコナンと父・優作が解き明かしていくというストーリーです。ゲーム世界だからこそ再現できる事件も多く、いつものコナンとはまた違った楽しみ方ができる作品です。

20代女性より

シャーロック・ホームズの世界にコナン達が!

ストーリーはどちらかというと暗い感じですが、こんなに愛されたコナン作品は他にはないのではないでしょうか?シャーロック・ホームズという世界最高の名探偵と、コナン君達が共演するのは、まさにコナンファンとホームズファンにとっての夢です!あと、ロンドンの描写がとてもリアルです。私はつい最近ロンドンに行きましたが、こんなにも現実そのままなんだと驚きました。何回観てもノアズアークの正体には涙してしまいますし、エンドロールの主題歌もグッときますね。

第7作目
名探偵コナン
迷宮の十字路(クロスロード)

私たち、やっと逢えたんだね…

仏像や古美術品専門の盗賊団“源氏蛍”のメンバーのうち5人が次々と殺害される事件が発生。同じ頃、コナンは山能寺の僧侶・竜円からの依頼で、8年前に盗まれた秘仏捜索のため、小五郎や蘭らと共に京都を訪れていた。仏像を盗んだ犯人が源氏蛍だと直感したコナンは、服部平次と協力して調査を開始するが…。

主題歌 Time after time
〜花舞う街で〜
評価
(4.27)
公開年 2003年 監督 こだま
兼嗣
レビュー 485件 興行収入 32億円
30代女性より

再開に感動

清水寺や鞍馬寺等、京都の観光地がたくさん登場し、京都を舞台にコナンと平次が大活躍します。この映画ではコナンが一時的に新一に戻って蘭と再会するシーンがあり感動的ですが少し切ない印象も受けます。又、平次の初恋のエピソードが描かれていたりそれにやきもちを焼く和葉がかわいかったりと見応え十分です。

30代女性より

胸キュン!

結局、平次の初恋の人が和葉だったところが胸キュンでした!コナンが薬を飲んで進一に戻って、平次のふりをして和葉を助け出すために戦いに行ったところが見物でした。京都の街をうまく使った物語自体も面白かったです!主題歌の倉木麻衣さんの歌も合っていて、歌を含めてこの作品が好きです。

40代女性より

平次 大活躍!

服部平次が好きなので、彼が大活躍するこの作品はそれだけでも観る価値ありでした。劇場版の場合は、推理よりも派手なアクションなどがメインになることが多いですが、この作品は殺人の推理もきっちりしているのがいいです。もちろん、平次のアクションもあり、推理とアクションどちらも楽しめます。

20代女性より

京都、大阪が舞台の映画

何回も見返す程好きな映画です。この映画の舞台が京都、大阪が中心なのも好きなところの一つです。数字が名前に入っている人が殺されていることから小五郎が自分も狙われるのではと思っている所には笑いました。容疑者と思われる人が何人か出てきますが、いったい誰が犯人なのか全く見当がつかなかったので最後に出てきた人には(外見の変わりようと意外すぎて)驚きました。和葉ちゃんの幼少期とってもかわいいくて、毬付きしている所も好きな場面の一つです。

30代女性より

がんばった平次!

和葉と平次のキュンキュンしちゃう感じの物語でした。最後の最後まで平次は戦い続けました。そして、そのバディとしてコナン(新一)もカッコ良かったです。表現ひとつで何をやっている人とかわかるのがさすが名探偵って感じでした。私は素人だし、頭が悪いのでなるほど!って感じで見ていました。

30代女性より

新一きた~!

京都を舞台にした映画で、服部くんが大活躍です。そしてファンにはたまらない、新一が登場します。新一が現れたときの蘭の表情や、新一を思ったときの青山先生が手掛けた蘭のかわいらしい笑顔は何度見てもキュンとします。事件についても、京都の通りや歌などを関連つけたり、和葉と服部の恋模様なども描いていてとてもおもしろいです。内容がとても濃いものでした。

20代女性より

平次と和葉

平次と和葉がメインで出てくる映画で、過去にこんな事があったのか!と何度もテレビで放送されている時に見てほっこりした作品です。京都を舞台に進んでいく映画は、とても親近感が湧き、とても見やすかったです!日本刀でどんどん襲われて行くシーンも、謎が深まるばかりで、とても面白い作品です。

30代女性より

服部くんはカッコいい!

京都が舞台でした。やっぱり服部くんとコナンくんのコンビはカッコいいし、面白いので2人が一緒に出ているとテンション上がります。バイクに乗っている服部くんもかっこいいし、推理してるコナンくんもかっこよかったです。和葉ちゃんも心配で心配でついてきていたりはしましたが、それ以上に服部くんの熱中加減がすごかったです。

20代女性より

平次と和葉ファンにはたまらない!

最高の作品です!平次と和葉が映画で初めてピックアップされた作品ですよね。京都を舞台にさまざまな観光名所に足を運んでいます。私はこの映画を観て聖地巡礼をしました!あと倉木麻衣の主題歌も映画の世界観にピッタリで最高です。コナンの映画主題歌史上、間違いなく最高だと思います。

第8作目
名探偵コナン
銀翼の奇術師(マジシャン)

これが、運命なのか…

舞台女優の樹里のところへ怪盗キッドから彼女の所有するスター・サファイア「運命の宝石」を奪うという犯行予告状が届く。毛利探偵事務所にその解読の依頼があり、キッドの犯行を予感した小五郎はコナンらと樹里の公演の行われる汐留に新設された劇場「宇宙」に出かける。

主題歌 Dream×Dream
評価
(3.22)
公開年 2004年 監督 山本
泰一郎
レビュー 311件 興行収入 28億円
30代女性より

キッドがとてもかっこいい!

新一に化けたキッドが大活躍です。飛行機内での事件の内容や推理はもちろんですが、その後のアクシデントを乗り越えていくコナンたちを見て、こちらもハラハラドキドキでした。命がかかっている飛行機内で、蘭が新一に気持ちを伝えるシーンも印象的です。また、やっぱりキッドは怪盗といっても、とても素敵な怪盗で更に好きになりました。今回の殺人方法が化粧品だったので、私も化粧品をよく使うので少し怖かったです。(笑)

30代女性より

山本監督初のコナン映画

テレビシリーズの山本監督がこだま監督からバトンタッチを受けたコナン映画第一作目です。内容に関してはコナン映画としての出来は低い方ですが、自分は嫌いではないです。沈黙や業火などの静野作品を見た後だと全然面白く感じます(笑)

40代男性より

普通にコナン…

家族で観に行きました。途中までは楽しく観てましたが後半少し飽きた感じです。Jリーガーの声を実際の人物がやっているためセリフが棒読みでガッカリ…テレビ版よりヒネリがなく謎解きも単純。映画でなくてもOKな感じです。

第9作目
名探偵コナン
水平線上の陰謀(ストラテジー)

オマエを、絶対に守る。

コナン、蘭、小五郎たち一行は、蘭の親友・園子に誘われ、豪華客船アフロディーテ号の処女航海に参加していた。しかし園子が何者かに襲われ監禁される事件が発生する。コナンの活躍で園子は無事に発見されるが、今度はついに殺人事件が発生してしまう。やがて、15年前のある事件との関連が浮かび上がり…。

主題歌 夏を待つセイル(帆)のように
評価
(3.41)
公開年 2005年 監督 山本
泰一郎
レビュー 302件 興行収入 21.5億円
50代女性より

おっちゃんがヒーローな特別な一本

この映画は小五郎が特にカッコよくて大好きな一本です。小五郎はテレビでも映画でも三枚目以下のような扱いが多いのですが、これはもう小五郎なしでは語れませんね。また、最近のコナン映画では犯人にゲスト声優として人気の俳優さんが担当することが多いのですがこの時の犯人は大好きな榊良子さんでしたので、ラストの犯人の告白がすばらしく、心に響きました。復讐が犯行の理由になることは多いのですが、テレビでは、あまり共感できない復讐心理があったりします。でも、この作品ではさすがに映画だけあり、榊さんの演技もありとてもストーリー的にも良かったと思っています。

10代女性より

普通に面白かった

話の展開がいつもと若干違うのと、毛利小五郎や少年探偵団が活躍する点やその他細かい所の表現が上手かったです。画質もすごく良いです。12年前の映画とは思えません。

30代女性より

うーん

おっちゃんが活躍する映画です。コナンはほぼ空気ですね。また、蘭だけでなく園子も危機に瀕します。全体の出来としては微妙ですね。やはりコナンも活躍しなくては。

第10作目
名探偵コナン
探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)

探偵たちよ、安らかに眠れ

謎の男の依頼で横浜へとやって来た小五郎とコナンたち一行。しかし、その男は罠を仕掛け、蘭や少年探偵団たちを人質に取ってしまう。タイムリミットは12時間。その間に依頼された事件の真相を解かなければ、蘭たちに取り付けられた爆弾が爆発すると脅される。さらに、その男はコナンの正体が工藤新一である事を知っていて……。

主題歌 ゆるぎないものひとつ
評価
(3.71)
公開年 2006年 監督 山本
泰一郎
レビュー 603件 興行収入 30.3億円
30代女性より

全員参加の大作

この作品はコナンシリーズで一位二位を争うくらい大好きな作品です。全員参加のこの作品は、大切な人を守るために必死に推理をして行く探偵たちを描いたものです。実はそうだったのかという真実には驚き、いつもは毛嫌いしていても本当は相手を思っているんだという台詞やシーンには思わずホッコリしました。声優さんも大物ばかりでしたので、声優ファンからしても楽しかったですし青山先生の思いが伝わったような気がしました。

40代女性より

コナンの探偵オールスター勢ぞろい!!

この映画ではコナンをはじめ、毛利小五郎、服部平次、白馬探(怪盗キッドが変装)が犯人の出された難問をクリアをして犯人を追い詰めていくところはアクション色の強いコナン映画とは違った面白さがありました。最後はお決まりのアクション場面はありましたが、見ごたえのある映画でした。

20代女性より

たくさんのキャラクター

劇場版10周年とのことで、コナンや服部平次、白馬探、怪盗キッドなどたくさんのキャラクター出演にそれぞれ出番があったのは良かったです。特にキッドが白馬探として変装してたのには驚きました。今回の推理は、複雑で正直難しかったけどそれでも諦めないコナンと平次のコンビは素敵でした。蘭ちゃんたちを安心させるために子供っぽい演技をする灰原哀は可愛かったです。

第11作目
名探偵コナン
紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

そこに浮かぶのは、誰だ…

太平洋に浮かぶ神海島(こうみじま)には、古くから海底に眠る古代遺跡“海底宮殿”と、300年前に実在した2人の女海賊が遺した財宝伝説が語り継がれていた。神海島へバカンスに訪れたコナンたち一行は、財宝探しに集まったトレジャーハンターたちと出会うが、海底宮殿を探索していたハンターがサメの群れに襲われ死んでしまう。

主題歌 七つの海を渡る風のように
評価
(2.93)
公開年 2007年 監督 山本
泰一郎
レビュー 617件 興行収入 25.3億円
20代女性より

エンディングがかっこいい!

エンディング曲がかっこいいし作品にあっていると思いました。海を舞台に、園子と蘭が互いに背中を預けた戦うシーンが上手く表現されています。美しくかつ力強い女性が出てくるので、それを見た後に納得のエンドロールですよね。冒頭から佐藤刑事のカーチェイスが始まり、故女海賊2人、そして蘭と園子と奮闘するシーンに繋がります。ルパンと不二子が出てきた時にクロスオーバーしたのかと思いきや、って感じでした。実はルパンとコラボするフラグだったりしたんでしょうかね。

20代女性より

蘭と園子がメイン!

コナンと蘭とのやり取りはさっくりと深堀りはせず、女子高生2人の友情をメインにしています。謎解きもさらっとしていて、犯人もトレジャーハンターと昔から探していた真犯人ですが、犯人暴きもさらっとしています。ラストは海中からの大脱出ですが、意外とさらっとしています。

30代女性より

ただ単につまらない

コナンファンの間でも1、2を争うほどの駄作と言われているこの作品。自分も下から数えた方が早いです。業火や沈黙などと比べてもキャラ崩壊もなく、少しだけですがミステリー要素もあり、絵もキレイなんです。なんですが、なんでこんなにつまらないんでしょうね。

第12作目
名探偵コナン
戦慄の楽譜(フルスコア)

この歌声を、消させはしない。

高名な元ピアニストが率いる音楽アカデミーの出身者ばかりを狙った連続殺人事件が発生。コナンたち一行はその元ピアニストが作った音楽ホールのコンサートに招かれるが、コンサート本番に向けて次々と不振な事件が続発する。そして本番当日、コナンたちがコンサート会場を訪れると、大爆発が起こり会場は火の海に包まれてしまう。

主題歌 翼を広げて
評価
(3.63)
公開年 2008年 監督 山本
泰一郎
レビュー 743件 興行収入 24.2億円
30代女性より

絶対音感がすごい!

コナン君は音痴なのですが、船の上で遠く離れたところにある電話にボールを当て、受話器が外れた一瞬で110番をするのですが、その方法が声のハーモニーで電話を掛けます。チャンスは1度だけ、失敗は許されません。そもそも、電話を声のハーモニーでかけれること自体驚きでしたが、プッシュフォンのボタンもそれぞれ音が違うと別の話であったので、そういうこともできるんだと妙に納得してしまいました。

20代女性より

コナン君の謎の音感

コナン映画では珍しく、音楽がテーマの作品だったので新鮮な気持ちで観ました。コナン君が音痴なのもあって触れてこなかったのかと思ったら、ここで出てくるのかという感じ。音痴なのに音感は抜群のコナン君にびっくりしました。特に、声で電話番号を掛けるシーン。ちゃんと目的の場所に電話がかかったときは謎の感動が湧き起こりました。

30代女性より

音楽が素晴らしい

他作品と比べてコナン以外の活躍があまりなかったのが残念でしたが音楽がテーマなだけあって、作中で歌われていたアメイジンググレイスは心に響きました。コナンは音痴なのに絶対音感を持っていた事が以外でしたが、ダムに閉じ込められたコナン達が助けを呼ぶために電話のプッシュ音を声で再現するシーンで活かされていたのが面白くもありまさかの方法にびっくりしました。

30代女性より

まさかそんな方法で!?

この映画で一番のツッコミどころは、コナンが、声だけで110番通報をするシーンです。コナンいわく、110番の電子音の音程を声で再現することで、声だけで電話をかけることができるんだ!だそうですが、理論上可能でも、そんなにうまくいくか?と思ってしまいます。コナンの機転と技術に感心します。

第13作目
名探偵コナン
漆黒の追跡者(チェイサー)

江戸川コナン、最も危険な事件

東京を中心に6件の広域連続殺人事件が発生したため、目暮警部を筆頭に、各県の刑事たちが捜査会議に参加していた。コナンは会議を抜けた一人の刑事がスポーツカーに乗り込む瞬間を目撃するが、宿敵“黒づくめ”の一人が会議に参加して逃走を図ったことに気付く。コナンは危険を承知の上で、単独捜査を開始するが……。

主題歌 PUZZLE
評価
(3.73)
公開年 2009年 監督 山本
泰一郎
レビュー 757件 興行収入 36.3億円
30代女性より

息つく間も無い緊迫の攻防戦

通称黒の組織が事件に深く絡んでくる作品です。組織のある人間にコナンの正体がバレたり、警察関係者にコナンの異質さを疑われたり、緊迫の場面が次々と流れていく重厚感のある映画だと思います。連続殺人事件を基盤に捜査員の中に黒の組織の組織員が変装して紛れ込んでいるのですが、最後の組織員であるアイリッシュの最期と彼の残した「組織を追い続けろ」というセリフとエピローグのコナンの「追い続けやるさ」という決意の場面がコナン作品らしいと思いました。

30代女性より

黒の組織、待っていました

映画で黒の組織がでるのは久々だったのでとてもおもしろく、コナンとの見えない戦いが本当にドキドキものです。事件の内容はもちろんですが、裏にみえる組織の影にはいつも驚かされます。巨大で恐怖な組織、ジンをはじめヘリの操縦や狙撃などに長けた彼らの活躍には楽しみさえあります。組織相手でも、コナンくん(新一)は人としてすごいなぁと思います。

20代女性より

人間を卒業した蘭ちゃん

誰が警察内部の人になりすましているのか?と常にドキドキしました。コナンの中では観客も推理が楽しめる展開だったかなと思います。あと、チェイサーと言ったら蘭ちゃんの銃弾よけですね。あれぐらいからコナン映画が過激に人間離れしていった感があります。

20代女性より

意外性があって面白い!

予告とちょっと違うけど面白かったです。てっきりコナンの正体がバレて、身内が次々狙われていくような話だと思っていました。本編ではベルモットを除く組織の1人にしかバレていないのでそこまでの緊迫感はなかったのですが、これはこれで面白いです。裏切り者は誰なのか終始ハラハラしますよ。新キャラのアイリッシュ、今作で死んでしまいますが中々良い味出してましたよ。

第14作目
名探偵コナン
天空の難破船(ロスト・シップ)

捕まった……!?

世界中を股に掛けて宝石を狙う怪盗キッドのところに、彼との対決に執念を燃やす大富豪・鈴木次郎吉からの挑戦状が舞い込む。世界最大の飛行船ベルツリー号の宝石“天空の貴婦人”を盗んでみろという次郎吉の申し出を知らされ、コナンや蘭、小五郎も駆けつけるが……。

主題歌 Over Drive
評価
(3.85)
公開年 2010年 監督 山本
泰一郎
レビュー 1,035件 興行収入 32億円
20代女性より

怪盗キッド好きにはたまらない!

キッドが登場する作品の中ではかなりキッドのシーンが多いです。今までは序盤と終盤にちょっとしか出なかったけれど、これを皮切りにコナンとキッドの映画での絡みがグンと増えた気がします。鉄板になりつつある、ハンググライダーでコナンを抱えて飛ぶシーンは可愛いしかっこいいです。

30代女性より

キッド様大活躍です!

いつものシリアスな殺人事件ではなく、人間の嘘や恐怖を取り巻く人間味溢れるものだと思います。なによりキッドの活躍があり、コナンとの助け合いで乗り越えていく珍しい作品です。蘭と新一に化けたキッドのやりとりに、やきもちをやくコナンくんもかわいいなと思います。コナンくんが飛行船から落ちたとき助けにいったキッドがとても格好よかったです!

10代女性より

親しみやすいキッドが好きなら楽しめる作品

少しオチが薄かった気もしますが、アクションも迫力があり、ストーリー的にも恋愛要素が入っていたりバランスがよくてとてもおもしろかったです。登場人物には平治に怪盗キッドと豪華で、キャラクターが好きな人にも楽しめる良い作品だったと思います。キッドの完璧でかっこいいイメージが少し変わってしまいましたが個人的には親しみやすくて好きでした。

30代女性より

驚愕

一番ハラハラとしたシーンは、やっぱりコナンくんが飛行船から投げ出されたところ。怪盗KIDが助けに飛び降り、そしてまたすぐに地上から飛行船へ…、という荒業にただただ驚愕。地元愛知県に少しでもコナンくんと怪盗KIDが上陸したと思うと、とても嬉しかったです!

20代女性より

期待と不安に手に汗握る展開!

名探偵コナン劇場版14作目にあたるこの作品は、怪盗キッドの送った一枚の挑戦状から始まるストーリーの為好きな方は満足できる作品になっていると思います。コナン君が飛行船から投げ出された後のシーンは個人的に大好きなシーンのひとつです。怪盗キッドは本篇の方ではなかなか出ないキャラクターのひとりですし、こうして劇場版で出ていると嬉しいです。また、殺人バクテリアを使った赤いシャムネコという組織との事件とのことで今回は爆破事件はないな、と思っていた視聴者を裏切るほどに爆弾が次から次へと仕掛けられるシーン満載。ここまでくるとコナンの劇場版では爆発騒ぎは必ずあると思ったほうがよさそうです。

40代男性より

天空の難破船(ロスト・シップ) について

まずあらすじとしては、全ての始まりは研究所の爆破でした。そしてその武装グループは、ネットに犯行声明を流していました。コナン達は飛行船に乗る事になったのですが、キッドが狙うのは、ビッグジュエル「天空の貴婦人(レディー・スカイ)」コナンたち関係者が乗船する中、キッドの正体は新一なのではと疑いがかけられます。飛行船はハイジャックされますが、コナンやキッドが活躍します。いつもながらド迫力、スリル満点の映像で見ていて楽しかったです。やっぱりこの2人のやり取りが一番いい☆

20代男性より

やっぱりかっこいいキッド様!

キッド様ファンなら必見です!本作の特徴として、なによりコナンとキッドの絡みが多いところですね!キッドは何故か常に新一の変装の上に別の変装を重ねていたために蘭に疑われた際に変装を一枚はがして、蘭にキッド=新一と思わせてしまいます。そこからラストシーンまで想いをはせ続ける蘭と、嫉妬するコナン、常に道化であるキッドの最後の優しいネタ晴らしはとても面白いサブストーリーです!!後、キッドが出るいくつかの劇場版の中で服部平次も絡む珍しいストーリーだと思います。

30代女性より

さすが怪盗キッド様!

次郎吉が最先端セキュリティとしていろいろな仕掛けをしていて、面白かったです。怪盗キッドが進一になったり、整備士になったりといろんな変装を楽しむことができました。コナンが飛行船から落とされたときにすかさず助けに行く怪盗キッドがかっこよかったです!

第15作目
名探偵コナン
沈黙の15分(クォーター)

生き延びるんだ、絶対に…

都知事あてに脅迫状が届き、都営新地下鉄のトンネル爆破事故が起こる。コナンの推理で奇跡的に被害者を出すことは免れた。都知事が国土交通大臣時代に建設したダムの関係者が怪しいとにらんだコナンは、一路新潟県へと向かう。すると、ダム移設5周年の記念式典でにぎわう村の雪原で、死因不明の遺体が発見され……。

主題歌 Don’t Wanna Lie
評価
(3.33)
公開年 2011年 監督 山本
泰一郎
レビュー 786件 興行収入 31.5億円
30代女性より

最後の15分!

コナンくんが雪崩に巻き込まれてしまった時雪崩に飲まれて勝負は15分といっていてその15分がドキドキしました。最後は蘭がコナンくんを想う気持ちと博士の発明でなんとか見つけることができてみんなその場にいた人たちは泣いていてドキドキと感動しました。

40代女性より

蘭ちゃんの涙に思わずもらい泣き

この作品を見た後に感じたことは「よく公開に踏み切ったなあ」ということでした。この作品は、あの大津波が東北を襲った2011年の作品で、その大地震は公開の前の月に起こったことでした。というのも、この作品のラストは大きな雪崩が巻き起こるために、津波を彷彿する場面だからです。でもコナンは娯楽作品ですし、経済のためにも公開されたのかなと思いました。それはさておき、作品のストーリーでは毎度コナンが最後に大活躍。しかし、命を懸けたその行為でコナンは雪崩に巻き込まれてしまいます。その時蘭ちゃんが本当に必死でコナンを探す姿に涙してしまいました。お約束通り、コナンは助かりますが、その時の蘭ちゃんの喜びようにもまた涙涙でした。子どもを持つ親にはこの気持ちが取ってもよくわかります。でもコナンはこれからも蘭ちゃんを心配させつづけるだろうな、なんて楽しみに思うのでした。

20代男性より

アクションシーンの迫力が凄かったです

冒頭の電車爆破のスケールの大きさにまずとても驚きました。いきなりこんな大きな事件が起きてこの先どうなっていくのだろうととてもワクワクした事を覚えています。またラストシーンでコナンが雪崩れの中をスケボーで滑走していく場面も迫力があって見ごたえ十分でした。ただ反面、推理に関してはやや簡素で陳腐な印象を受けました。アクションシーンが良かっただけに少しもったいないなと思いました。個人的には哀ちゃんとコナンの絡みが沢山あったのでそこに関しては満足です。

30代女性より

ドキドキした!

この作品のコナンが雪崩に巻き込まれることによって、どこにいる分からなくなって15分というリミットの中、蘭やおっちゃん・少年探偵団のみんながコナンを探すところがひやひや・ドキドキしました。渡部刑事役で渡部陽一さん、記者役で宮根誠司さんが出ているところも見物でした。

20代男性より

衝撃のラストシーン

コナンが最後のシーンで雪山に埋もれてしまうのですが、脱出するために阿笠博士からもらったアイテムでサッカーボールを作り出し、蹴り上げて脱出するというシーンです。この作品前後からコナンの身体能力がどんどん上がってきていますが、あまりにも現実離れしすぎた解決策で笑ってしまいました。

20代男性より

感動した

この映画はコナンが一番危険になった映画でコナンが雪崩を止めようとしてるのは流石だなって思ったし、危険と分かってても蘭たちを助けようとしてる姿はやっぱり蘭が大好きなんだなって思ったし、その姿はかっこよかったし雪崩を止めてみんなを救って凄かったです。

30代女性より

ありえない!コナンくんのスケボー!

アクションというか、コナンくんのスケボーとスノボーさばきが、まずすごいです。ありえない!けど、格好いいです。事件解決をするも、更に雪崩を引き起こし巻き込まれてしまうなど、命を懸けても守りたいものがあり、そのために動くコナンくんと仲間たちの思いが胸に響く映画です。

20代女性より

緊迫シーンがよりリアル

タイトルの意味が分かるのはかなり終盤になってからですね。雪崩に巻き込まれたコナン君をみんなで探すシーンで、リミットは15分という緊迫した状況になっていました。コナンの推理や身体能力を使えない窮地だったので、いつもよりかなりハラハラさせられました。

第16作目
名探偵コナン
11人目のストライカー

オマエら、
ちゃんとついて来んだぞ!

毛利小五郎の探偵事務所に脅迫電話が舞い込み、小五郎の前で路上の自動車が爆発。そのころスタジアムでサッカー観戦中だったコナンは、犯人が突きつけた暗号を解読しなければ次の爆破が実行されると聞かされる。暗号解読に挑むコナンだったが、恐るべき真実に突き当たり……。

主題歌 ハルウタ
評価
(2.94)
公開年 2012年 監督 山本
泰一郎
レビュー 696件 興行収入 32.9億円
10代女性より

迫力はありました

爆弾系の作品ということもありとても迫力があって見ごたえがありました。特にクライマックスの少年探偵団がボールをつなげるシーンはとても引き込まれました。ただ、犯人の動機だったり、ストーリー性が少し弱かったかなと個人的に感じました。コナンの大迫力アクションが好きな方は十分楽しめますが、ストーリーや謎解きの部分をもっと楽しみたい方には少し物足りないと思います。また、本人なので仕方ないとはわかっていても、やはりサッカー選手のセリフの棒読み感は気になりました。

20代男性より

めっちゃ面白かった

コナンはいつでも活躍しているけどこの映画が一番活躍しているんじゃないかなと思います。サッカースタジアムが爆破されることもあってサッカー好きのコナンはスタジアムが壊されるのが嫌なのか気合が入っているなと観ていて思いました。Jリーグの選手も出てきたりと凄かったし少年探偵団のみんなが活躍していてかっこよかったです。

20代女性より

スケールが大きすぎる

この映画はひたすらコナンくんがカッコイイです。いつも映画ではかなりの無茶をしている印象ですが、この映画がこれまでで一番過激だった気がします。スケボーでスタジアムの柱を登ったり、阿笠博士のひみつ道具を駆使して落下する電光掲示板を止めたりなど、色々無茶があるような演出でしたがなんとかなるのは流石コナンくんだなあと思いました。最後までハラハラする展開だったので見応え抜群かと思います。

50代女性より

有名なサッカー選手が出てきます!

この映画はサッカーがテーマになっていて、三浦知良、遠藤保仁、楢崎正剛などのプロのサッカー選手が出てくるので、子どもには見やすいと思います。謎解きは難しいのですが、コナンがあっさりと解き、すごいなと思いました。犯人も意外な人でびっくりしました。

20代女性より

スリル満点!

名探偵コナン劇場版と言えば何かしらが爆発する、という印象すらある作品ですがこの「11人目のストライカー」でも例外なくさまざまな施設やサッカースタジアムが次々と爆破されていきます。声優陣に当時の現役のサッカー選手を起用した作品であるため、コナンを今まで見たことのなかった人もサッカー関連で見た人もいるのではないでしょうか。ドームの天井だろうが容赦なくスケボーで駆け上がっていくなど普通の人とは違う奇想天外な行動を巻き起こしてくれるコナン君の活躍っぷりも必見です。

10代男性より

サッカー好きもそうでない方も楽しめる!緊迫の展開に興奮!

この映画はタイトルにもある通りコナンシリーズにお馴染みのスポーツ、サッカーに関連したストーリーとなっています。そのためもちろんサッカー好きの方にはコナンを見ていなくても楽しめる作品であると思います。そして、従来からのファンの方にも終始ドキドキ感が味わえる素晴らしい映画になっています。特に脅迫状の暗号を解決してかなければならないというハラハラ感は見ものです。最後にはスタジアムの爆破を阻止するために少年探偵団とコナンが協力していくという彼らの友情にも胸が熱くなります!また、本作には実在するプロサッカー選手も登場しているので気になる方はぜひ見てみてください!

20代女性より

サッカー選手たちが、

こちらの作品はテレビで放送されている時に見ました!サッカー選手がそのまま声優をしている映画で、正直すぐにわかりました!(笑)声優さんの凄さがわかる映画でもあると思います!ですが、サッカー好きの人には良い映画なのではないかと思います!ファンからしても、選手が出ているのは嬉しいですし!こちらも面白く見させていただきました!

第17作目
名探偵コナン
絶海の探偵(プライベート・アイ)

究極のスパイミステリー

海上自衛隊によるイージス艦の体験航海を楽しむため、京都の舞鶴港沖にやってきたコナンたち少年探偵団一同。しかし突然、けたたましい音が鳴り響き、左腕を失った自衛隊員の遺体が見つかる。捜査に乗り出したコナンは、イージス艦にある国のスパイ“X”が紛れ込んでいることを突き止めるも、スパイの魔の手はコナンたちにも忍び寄っていた。

主題歌 ワンモアタイム
評価
(3.63)
公開年 2013年 監督 静野孔文
レビュー 841件 興行収入 36.3億円
30代男性より

ストーリーのこだわりを出したけど、ラストにもう一声!

戦艦・組織内のセクショナリズム・国防上の国家秘密・テロ暗躍…とスケール感を出したり、服部平次を電話を通じ捜査に巻き込むなどして、船上という閉じこもりがちな設定に変化を与えてくれるので、「おぉ!」と思いました。ただ、物語の収束には少年物の限界がありましたかね、実写映画で少し大人向けにしたらもっと良くなりそうな作品です。

40代女性より

ワクワクするサスペンス!

海上自衛隊のイージス護衛艦が登場しますが、細部まで忠実に表現されていて、なかなか乗ることはできないので、それを観るだけでもワクワクします。普段の乙女な蘭は苦手ですが、空手で犯人をやっつける蘭は、スカッとして好きです。この映画では、大変なことになりますが、最後はいつものようにコナンが助けます。そして、伏線として出てきた小道具も見事に回収されて、すごく面白いサスペンスになっていました。

20代女性より

柴崎コウの声優★

ストーリーは所々少し退屈な部分がありましたが、コナン映画の起用されている俳優の声優さんの中で柴崎コウさんが一番上手だったように思います。他の声優さんと何の違和感もなく見ていられた点がよかったです★

特別版
ルパン三世VS名探偵コナン
THE MOVIE

決着(ケリ)つけようぜ。

米花町の銀行に保管されているチェリーサファイアを強奪したルパン三世。銭形警部らの追跡を巻いたルパンは、謎の男アラン・スミシーと電話で連絡。同じ頃、超人気アイドルのエミリオが美人マネージャーのクラウディアを伴い来日。その際、コナンはエミリオのボディーガードをしている人物が、ルパン一味の次元大介だと見破る—。

主題歌
評価
(3.67)
公開年 2013年 監督 亀垣一
レビュー 997件 興行収入 42.6億円
20代女性より

映画の最初からテンションが上がる!

映画の冒頭からテンションがめっちゃあがります!怪盗キッドがいつものように警察に追われており、ピンチになったときにいつも使うトランプ銃ではなく普通のピストルを使ったのです。ここでルパンが扮したキッドだとわかります。その逃亡シーンもキッドが車に乗って逃げるみたいな感じで書かれていてとてもかっこいいです。

40代女性より

ルパンとコナンファンには、たまらない!!

ルパンも好き、コナンも好きという人には大好きで面白くて、たまらない映画でした。「チェリーサファイアはどうなるか?!」も楽しみだったけど、ルパンとコナンの2つの作品が1回で楽しめるのが何よりも良かったです。次元とコナンとか、峰不二子と灰原哀ちゃんの会話が抜群に面白かったです。

50代女性より

大人には懐かしいです!

ルパン三世を子どもの時に見ていたので懐かしいです。小学生の次男と映画を見に行きましたが、ルパンの世代が違う子どもには違和感がなかったようです。ルパンが怪盗キッドに変装するところはいつの時代でも変装することは変わらないと思いました。ただ、峰不二子の絵が昔と違うのは残念でした。

40代女性より

ルパン三世とコナンの活躍が楽しくて面白かった。

日本へ来たヴェスパニア王国のミラ王女が毛利蘭と入れ替わって巻き起こす騒動もワクワクして面白かったけれどルパン一味とコナンがミラ王女の母親・サクラ女王とジル王子の猟銃事故の真相を暴く展開が面白かったです。コナンが次元をパパと呼んだり息の合ったやり取りがコミカルで笑えた。ルパン三世が毛利小五郎に変装していたりとコナンや蘭、小五郎に目暮警部らメンバーとルパン一味の次元や五右衛門、不二子や銭形警部などおなじみのキャラの活躍も見どころで面白かったです。

40代女性より

この企画を立てた人に乾杯!

制作会社が同じなので、こうした発想が生まれたのでしょうが、とにかくこれはとてもハッピーな作品でした。最初は「え?ルパンとコナンなんて、人気を集めたいだけなのでは?」なんて勘繰りもちらっとありましたが、本作を見てからは、面白くて楽しくてプロの仕事に納得でした。ルパンはもうそのままカッコイイし、コナンが次元をパパ呼ばわりするところも楽しかったです。また、不二峰子が「体が子供で心が大人なんて切ないわね」といったのに対して「おれは体も心も大人だぜ」といったルパンのセリフにげらげら笑ってしまいました。ルパンのいいのはちょっとお色気もあるところでしたからね。でもルパンもコナンも長い放映作品のため、声優さんが変ってきています。声優ファンにとってこれは寂しいことですが、この二つの作品は連続放映がなくなっても続けて欲しいと思っています。

第18作目
名探偵コナン
異次元の狙撃手(スナイパー)

工藤新一、遊びは終わりだ!

高さ635メートルを誇るベルツリータワーのオープニングセレモニーに出席し、東京を見渡せる展望台からの景色に胸を躍らせるコナンたち。そんな中、一発の弾丸が強固なガラス窓を貫通し男性の胸を撃ち抜く。騒然とする状況下で、コナンと女子高生探偵・世良真純はFBIを巻き込む形でスナイパーを追い掛けるものの、すんでのところで逃げられてしまう—。

主題歌 ラブサーチライト
評価
(3.56)
公開年 2014年 監督 静野孔文
レビュー 1,108件 興行収入 41.1億円
30代女性より

最後の衝撃!

漫画では不可能に近い、映像でしか楽しめない作りに最後はなっていました。あの衝撃は今見ても鳥肌がたちます。あと、コナンの劇場版は毎度爆発やパトカーのクラッシュなどのアクションが絶えませんが、この作品は世良がトラックとガードレールの隙間からコナンを助けるシーンにはビックリしました。

20代女性より

赤井が生きてた!!

この作品以前にも赤井秀一はまだ生きているという噂があったし、あれほどの人だから簡単には死なないだろうとは思っていました。沖矢昴が赤井秀一であると決定的になった本作では赤井のライフルの実力が爆発!そして最後の赤井秀一の声での「了解」には鳥肌でした!!蘭のアクションは相変わらず凄すぎて笑えました!

40代女性より

カッコ良いです

世良真純やFBIが登場する話で、とにかく沖矢昴カッコ良すぎです。アメリカのネイビーシールズが絡んでいるお話なので、英語が多く全体的に大人向けな映画として楽しめました。なんと言っても、沖矢昴が終盤にコナンを助けた狙撃、すごすぎる!そして、最後に自分の声で「了解」という場面、おぉっとなりました。

30代女性より

アクションでなく推理のコナン映画が見たいときはコレ!

映画のコナンはどうしてもアクションものかと思うような激しいやり取りが多いですが、この作品は、ラストに少しありますし蘭も結構アクションしちゃいますけれど、基本的には推理物の範疇。だれが狙撃者で、次は誰をどこから狙うのか、考えながら見ることができます。ということで、推理物が良いならぜひ観てみましょう!

20代女性より

最後の一言に鳥肌。

この作品の見所と言えば何と言っても最後。犯人のケビン吉野が最後の殺人を犯そうと正五角形の犯行現場の最後の地点で銃を構えていた。誰もが届かないと思われた距離で犯行を止めることは出来ないと思われたが、コナンが沖矢昴が銃を構えているのを見つけてその手助けをしようとボール花火を打ち上げその一瞬の光で沖矢は犯人を撃ち抜いた。その後蘭がとどめをつけたのだが、その沖矢からはFBIのジェームズの声がして、了解と返事した声はなんと行方不明で死んだとも言われていた赤井秀一だった。その一言に映画の全てを持っていかれた感もあるくらい素晴らしい演出でした。

第19作目
名探偵コナン
業火の向日葵(ひまわり)

お前は解けるか…この芸術が!

金持ちたちが一堂に会したニューヨークのオークションで、鈴木次郎吉は以前日本で焼失したといわれているゴッホの傑作「ひまわり」を落札する。彼が3億ドルという大枚を支払ってその作品を手に入れたのは、世界中に分散してしまったゴッホの7枚のひまわりをそろえ、日本で展覧会を開くためだった—。

主題歌 オー!リバル
評価
(3.13)
公開年 2015年 監督 静野孔文
レビュー 2,194件 興行収入 36.3億円
30代女性より

怪盗キッドが素敵でした

紛失した2番目の向日葵の絵を探すために、ひまわり展に参加することになったコナンたちでしたが、爆発事件に巻き込まれることになり、少年探偵団は逃げ出すことに成功したのですが、コナンと蘭は取り残されてしまい、蘭を助けるために怪盗キッドが現れるところが、かっこよく良すぎてドキドキしました。

40代女性より

犯人は意外な人でびっくりした!

ゴッホの絵のひまわりということで子どもには難しいのかなと思っていましたが、一緒に行った小学生の次男は内容が理解できたそうです。最初は怪盗キッドの犯行なのかなと思っていましたが、犯人は意外な人でびっくりしました。絵に関心のある人は見やすいと思います。

20代女性より

映像や設定がリアルだった。

映画の序盤で飛行機が空港に墜落しそうになるシーンがありました。操縦士の声色や、乗客の心情がひしひしと伝わってきました。ちょうど映画を見た2日後に海外旅行を控えていた私は飛行機に乗るのが怖くなるほどリアルだったのを覚えています。怪盗キッドはいつも安定のカッコよさを見せてくれます。個人的に新一とコナン君が絡むシーンが大好きです。コナンの映画は毎度必ず映画館に足を運んで鑑賞しまう。次回の作品も首を長くして待っています。

30代男性より

キッド好きと灰原推しにお勧めですー

序盤でキッドの所業でないのだろうなと、登場人物の言葉を借りなくても分かってしまいます。そして、犯人も分かりやすいです。でも、まぁ、キッドとコナンが共闘してくれたり、灰原がコナンを心配するところは「蘭と新一もいいけどさ、灰原のツンデレ好きなんです」という方にはお勧めですよー。

30代女性より

名コンビ爆誕!?

そもそも探偵と怪盗の二人が特に打ち合わせをしたわけでもないのに、息の合ったコンビプレーを見せてくれます。キッドの残した数々のヒントをコナン君が解きながら犯人を絞り込んでいくところが何とも言えないほどかっこよく描かれていてとても素敵でした。ゴッホのひまわりを集めるという鈴木財閥のおじさまは、さすがとしか言えない財力なのも魅力です(笑)映画でマイぞお馴染みコナン君の「らーーーん!」もちゃんとあって、クライマックスはハラハラドキドキされっぱなしでした。怪盗と名探偵。相反する二人なのに、でもどちらもきっと根本は同じなので相容れないけれど互いに認め合ってる。そんな二人がとてもかっこいい作品です!

第20作目
名探偵コナン
純黒の悪夢(ナイトメア)

暴かれるダブルフェイス

ある夜、日本の警察に侵入したスパイが世界中の組織の機密データを持ち出そうとするも失敗。公安警察の安室透とFBIの赤井秀一の追跡によって、スパイの車は道路のはるか下へ転落する。次の日、東都水族館に遊びにきていたコナンたちは、ケガをした美しい女性を見付ける。彼女は左右の瞳の色が異なるオッドアイで、記憶を失っていた—。

主題歌 世界はあなたの色になる
評価
(4.16)
公開年 2016年 監督 静野孔文
レビュー 841件 興行収入 63.3億円
40代女性より

アクション映画です!

ミステリー色は少なくアクション重視の映画になっていました。なので、アクション場面は迫力があります。天海祐希さんが声優をされていますが、キャラクターと相まってすごくカッコ良かったです。そして、赤井秀一と安室透が戦う場面は、シャアとアムロだ!と感動しました。コナンは豪華な声優の方がいっぱいなので、それだけでも楽しいです。

30代女性より

キュラソー好きです

どんな色にでもなれるキュラソー。最後は子供たちの味方になって、アイちゃんや子供たちを助けてくれましたね。それが本当に感動しました。そして、最後は真っ黒に焼けて死んでしまったのは悲しかったです。でも、生きてても組織に狙われて殺されるだけなのでしょうか。そんな組織つぶれてしまえばいいのに。一番好きな作品です。

50代女性より

悲しい終わり方でちょっと感動します!

謎の女が元太を助けたりするのですが、その人が黒ずくめの組織の人だったというのは衝撃を覚えます。名探偵コナンはミステリーなので悲しいことがあっても仕方ないのですが、それにしても悲しすぎました。謎の女と子どもたちとの交流が描かれているのが唯一の救いです。

20代女性より

豪華キャスト!

天海祐希さんがゲスト声優として登場します!彼女は果たして組織のNo.2、ラムなのか…?今回の見どころは、女性人気も高い安室透と赤井秀一の観覧車の上での因縁の対決です。緊迫した様子に息を呑みます。また、感動するラストには涙が止まりませんでした。ぜひご覧下さい!

30代女性より

アクションが満載

黒の組織絡みのストーリーなので、すごく面白いです。激しいカーチェイスや、銃撃戦、お決まりの爆破まで、とにかく派手なアクションが多くて迫力があります。特に組織の軍用機を撃退するシーンは見どころです。ストーリー性とアクションがあり上手く調和した作品だと思います。

40代女性より

赤井秀一と安室透の初めての対峙が、カッコイイ!

赤井さんと安室さんが、初めて顔を合わせ、バトルになるのですが、これがめちゃくちゃカッコイイ。赤井ファンも安室ファンも、必見の映画です。ただ闘って終わるのかと思いきや、そこに黒の組織が絡んできて、最終的にはコナン・赤井・安室の3人で協力して、黒の組織と闘うという、コナンファンなら垂涎の作品となっています。

第21作目
名探偵コナン
から紅の恋歌(ラブレター)

待っとれ 死んでも守ったる

百人一首で有名な皐月会主催の皐月杯の会見収録が行われていた大阪・日売テレビで、爆破事件が起きる。崩壊するビルに高校生探偵の服部平次とその幼なじみ・遠山和葉が取り残されるも、コナンが救い出す。調べを進めるコナンと平次の前に、平次の婚約者だという百人一首高校生チャンピオンの大岡紅葉が現れる。

主題歌 渡月橋〜君 想ふ〜
評価
(3.78)
公開年 2017年 監督 静野孔文
レビュー 5,211件 興行収入 68.9億円
20代男性より

平次ファン必見!

劇場版7作目の「迷宮の十字路」以来、久々の服部平次に大きくスポットの当たった作品です。平次の活躍はもちろん、平次に想いを寄せる和葉の恋のライバル・紅葉が現れたことで、和葉との恋の模様にもドキドキさせられる作品になっています。事件だけでなく、2人の恋の行方にも注目です!

30代女性より

和葉ちゃんが可愛い!!

和葉ちゃんがめっちゃ可愛かったです!でも、カルタの競技になるとカッコ良かったです!服部くんも最高でした。服部くんと和葉ちゃんの恋がなかなか実らないけど服部くんの、あのツンデレで和葉ちゃんのことを想う態度がキュンキュンします。早く実って欲しいです。

40代男性より

平次と和葉の関係が好きなのです

服部平次とその幼馴染である遠山和葉の目に見えない強い絆が手に取るように感じられ、とても良い作品だと思います。この作品では、平次の婚約者と名乗る女性・大岡紅葉が出現し、平次と和葉の関係がクローズアップされていく様子が好きなのです。また、百人一首を題材としており、舞台となる京都にマッチしていてとても良い感じでした。

20代女性より

恋のライバル登場!

平次の婚約者を名乗る女の子が登場する映画です。幼少期、平次にプロポーズされたとか…平次の軟派な男疑惑が出てきます…そんな平次をただひたすら一途に想う和葉ちゃんは見所の1つです。二人の恋の行方は…!!また、個人的に大好きな綾小路さんが出てくるのも私が大好きな映画の1つです。

30代女性より

面白いし風景がとても綺麗

舞台が秋の京都で、その中で百人一首の試合を巡って事件が起こります。百人一首の歌がたくさん詠まれるのでとてもためになると思います。また、秋の京都を舞台にして服部平次と和葉ちゃんの恋も少し進展するところと見どころです。また、秋の京都が舞台なので、紅葉とのコントラストがとても綺麗です。

10代女性より

ドキドキが止まらない!

この物語では、いつものコナン・蘭はもちろん、関西コンビの平次・和葉が大いに活躍します。関西コンビの恋はなかなか進展しないのですが、かるたクイーンである恋のライバルが現れ…!クライマックスでは、関西コンビが大ピンチに。そこをどう切り抜けるのか、関西コンビの恋の行方はどうなるのか、最後まで目が離せません!

20代女性より

かるたに込められた思いに涙!

今回は京都が舞台で、服部くんと和葉ちゃんが登場します。百人一首にまつわる事件が次々に起き、過去のかるたにまつわる因縁が関わっているのではないかという憶測が立てられます。和葉ちゃんのライバルとして紅葉さんという服部くんの許嫁?も登場し、人間関係が複雑に絡み合った様子をかるたが紐解いていきます。

30代女性より

久々のコナン映画が面白い

久しぶりに名探偵コナンの映画を見たですが、最初から爆発シーンがあって迫力があって面白かったです。服部と和葉にスポットをあてているので二人が好きな人、迷宮の十字路(クロスロード)が大好きという人は絶対見たほうが良いです。ライバルの女性キャラもすごく素敵です。

30代女性より

ほっこりキュンキュン!

主題歌の倉木麻衣の曲も絶妙にあってて好きでした。京都に行きたくなるようなお話で、和葉と紅葉の恋愛バトルがおもしろかったです。平次、子供のころに何約束してるねんって思いました。和葉は純粋なんだから、そーゆーのやめて。でも、結局やっぱり初恋はお互いだったんですね。初々しい感じでほっこりしました。

40代女性より

初々しいです

服部平次と遠山和葉がメインで、二人のやり取りが初々しいしくて好きなので楽しく観られました。百人一首に関するお話ですが、子供頃に百人一首を一生懸命覚えたのを思い出して、歌がよまれる度に口ずさんで懐かしかったです。京都やモミジの風景の映像が、すごく綺麗で京都に行きたくなりました。

第22作目
名探偵コナン ゼロの執行人

それが、お前の真実か

東京サミットが開催される東京湾の新施設、エッジ・オブ・オーシャンで爆破事件が起こる。サミット前に爆破事件が起きたことと、全国の公安警察をコントロールする警察庁の秘密組織“ゼロ”に所属する安室透の不可解な動きに、コナンは違和感を抱く。そして、毛利小五郎が事件の容疑者として逮捕され……。

主題歌 零 -ZERO-
評価
(4.10)
公開年 2018年 監督 立川譲
レビュー 5,934件 興行収入 91.8億円
40代男性より

ラストの衝撃的な展開

最後は安室さんとコナンが手を組んで今回のサイバーテロの犯人の日下部を追い詰め逮捕をしたが、カプセルがカジノタワーに落ちてしまうということを知り、それを阻止をしようとする2人が繰り広げるアクションは何ともいえません。実写の映画で描くことは難しくアニメだから見られるのが良いかなと思います。安室さんのドライバーテクニックにとても憧れます。

30代女性より

3人で止めるんだ

観覧車の暴走を3人で止めるシーンが最高です。コナンを主軸に、赤井と降谷が協力しあうところが見ものでカッコよかったです。降谷の愛車をかっ飛ばすシーンと、惚れるセリフに萌えるし、銃をかっぱなしてコナンを庇って被弾するシーンも素敵です。主役は降谷零と言える作品です。

20代女性より

アムロさんがかっこよかった

とにかく安室さんがかっこいいです。まさか、本当の顔はゼロだったなんてとてもそんな風には見えませんでした。でも何よりあのカーアクションはかっこいいです。コナンくんと安室さんの連携プレイが見事でした。ゼロにバーボンという顔を持っていて、これからますます楽しみなキャラですね。更に声がイケメンで惚れました。

30代女性より

アクションやばし!

安室さんの女や100億の男といわれた安室さん。彼の代表作と言えるでしょう。最後の車のアクション、ありえなさすぎて凄かったです。内容としても敵か味方か分からない感じで、最後はなるほどって感じだったので、すごく楽しめました!蘭姉ちゃんのためかな?っていった安室さん怖かったです

50代女性より

やっぱり安室さんはかっこいい!

多くの安室さんファンと同じで、私も本作の2本前の「純黒の悪夢」でアムロさんにぞっこんになりました。なので安室さん主体の本映画はそれはそれは期待して、一人で映画館に見に行きました。50代後半のおばさんですが。期待通り安室さんはカッコよく、やられっぱなしでした。やっぱりコナンはサブキャラも力のある声優さんが担当しているため、古くから声優ファンをしている自分にとってこれは嬉しいことです。ただ、本作は知識がいろいろ必要なため、ちょっと難解だったかもしれません。公安と警察の関係とか、デジタルな知識もそうでした。また次のコナン映画は、赤井さんが主体との話で、そりゃ安室さんも出るじゃんってことでとても楽しみにしています。

30代女性より

大人が見ても面白い

コナン史上1番頭を使う話だと思いました。殺人事件の謎を解くだけでなく人間模様も考えさせられる難しい話で見ていて面白かったですが見終わった後アニメを見ていたとは思えないほど頭を使って疲れたと感じました。サミット会場を乗っ取るサイバーテロという現実で起こりそうな舞台・題材のため内容を身近に感じることができ子供と一緒に大人も楽しめる映画だと思います。

第23作目
名探偵コナン
紺青の拳(フィスト)

Never let you go…
もう決してあなたを離しません

19世紀末、シンガポール近海に海賊船と一緒に沈んだとされるブルーサファイア“紺青の拳”。その宝石をある富豪が回収しようとしている中、マリーナベイ・サンズで殺人事件が発生し、現場で怪盗キッドによる血塗られた予告状が見つかる。江戸川コナンは、キッドの策略によって、シンガポールへ行かざるを得ない状況に—。

主題歌 BLUE SAPPHIRE
評価
(3.63)
公開年 2019年 監督 永岡智佳
レビュー 3,439件 興行収入 91.2億円
20代女性より

真さんがかっこ良かった

まず、キッドが新一になりすましてコナンくんを連れ出したのが凄かったです。トランクに入れてそのまま飛行機乗るのかと思いました。それから、真さんと園子はラブラブですね。真さんは園子を一途に愛してるのが良く分かり、伝わりました。あんなに愛されるなんて、良いですよね。でも、絆創膏の下のはどうなんだと思いましたけど。それから、キッドと分かっていながらずっと隠していた蘭ちゃんの最後、あれは怖かったですね。

30代女性より

京極は言葉足らず

園子と京極が絆創膏で和解するところと、園子を背負った京極が戦うシーンが良く、京極のギャップ萌えを感じられる作品です。園子の可愛らしさも引き立つ作品です。怪盗キッドの正体を破る蘭はさすがだし、アーサーヒライに扮した色黒コナンもなかなか良かったです。

30代女性より

アクション映画になってる気がする

シンガポールを舞台のコナン映画。平井アーサーとか変な名前を名乗っていたコナンの理由がわかって、すっきりしました。確かに、キッドに連れられてきたのならばコナンって名乗ったら違法ですもんね。パスポートないのにどうやってってなります。でも、それができるのがキッド。最後の爆発シーンもコナン史上一かってくらいアクションシーンがすごかったですね。シンガポールぶっ壊してて笑えました。

第24作目
名探偵コナン 緋色の弾丸

名探偵コナン

コナン

未発売

一家(ファミリー)、集結

海上自衛隊によるイージス艦の体験航海を楽しむため、京都の舞鶴港沖にやってきたコナンたち少年探偵団一同。しかし突然、けたたましい音が鳴り響き、左腕を失った自衛隊員の遺体が見つかる。捜査に乗り出したコナンは、イージス艦にある国のスパイ“X”が紛れ込んでいることを突き止めるも、スパイの魔の手はコナンたちにも忍び寄る。

主題歌 永遠の不在証明
評価
(-)
公開年 2020年 監督 永岡智佳
レビュー 興行収入

未定

名探偵コナン
映画作品一覧まとめ

コナン

映画『名探偵コナン』シリーズを公開順番にまとめました!

名探偵コナン映画作品は子供向けと思われていますが、実は大人も楽しめる深いテーマが題材だったりするので、様々な方に見ていただけたら幸いです。

皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日動画ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です