96時間を見る順番はこれ!シリーズ全3作品の時系列とあらすじ【映画】

96時間 順番 時系列

映画:96時間のシリーズを見る順番と時系列をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2020年5月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

映画:96時間
シリーズの順番と時系列

96時間

映画:96時間のシリーズは、

現在までに『全3作品』が公開されました!

公開順と時系列は以下の通り!

公開順・時系列

全3作品の公開順
  • 96時間(2008年)
  • 96時間/リベンジ(2012年)
  • 96時間/レクイエム(2015年)

シリーズは公開順=時系列なので、

上記の通りに視聴すれば、そのまま映画を楽しむことが出来ます!

また基本的に映画は1作品で完結するので、どの映画から見ても楽しめると思います。

しかし主演のリーアム・ニーソンはシリーズを通して登場しますし、世界観を把握するためにも第1作目からの視聴をオススメします。

しかも第1作目が文句なしで一番面白いです!

一気見できるVODもまとめていますので、是非参考にしてみて下さい!

海外ドラマ版

96時間

実は、映画:96時間は海外ドラマ版『96時間 ザ・シリーズ』が配信されています!

こちらの海外ドラマ版では、

主人公:ブライアン・ミルズの若き頃、つまり映画の前日譚が描かれています!

前日譚とは?
  • 映画界やドラマなどで「物語の以前のお話」を表す言葉です。

しかしハッキリ言って、映画版との繋がりはほぼ無いです。

ドラマ版はAmazonプライム・ビデオで配信していますので、気になる方は是非確認してみてください!


第4作目の公開はある?

96時間

第3作目は2015年に公開されましたが、

新作が制作される可能性は低いようです。

今までは第1作目がヒットを飛ばしたので、シリーズとして続編が制作されてきました。

しかし全てのシリーズが『家族が危険に晒される』という物語なので、少し限界が見えているような気がします。

実際に主演のリーアム・ニーソンは、

「全く新しいシナリオでない限り、これ以上、観客を満足させる新作を作ることはできないと思う。」と否定的な意見を述べています。

年齢も65歳を超えているので、体力的にもキツそうですね。

96時間の配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし
動画配信
サービス
テーブル テーブル テーブル テーブル テーブル
月額料金 933円 1,990円 800円〜 455円 500円
無料体験 2週間 31日間 なし 30日間 31日間
オススメ
第1作目 maru maru batsu sankaku sankaku
第2作目 maru maru batsu sankaku sankaku
第3作目 batsu sankaku batsu sankaku sankaku
公式 公式サイト 公式サイト
公式サイト 公式サイト 公式サイト

96時間を見るならU-NEXTがオススメです!
U-NEXT
96時間

そしてU-NEXTなら『31日間の無料トライアル』があります!

上の画像は公式のキャプチャですが、

「U-NEXTに初めて登録する方は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、期間中に解約したので0円でした!

さらにU-NEXTは、無料体験で600ポイントが貰えます!

U-NEXT

ポイントとは?
  • U-NEXT内で1ポイント=1円として利用できるサービスです。

このポイントを利用すれば、96時間/レクイエムも0円でレンタルが可能です!

U-NEXT

U-NEXTなら全シリーズ見れるので、是非お試しください!

全シリーズ一気見しよう!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

映画:96時間
全3作品の順番とあらすじ

第1作目
96時間

一言メモ
  • 題名は、誘拐事件の被害者が無事でいられると考えられる猶予期間からきています。

父の愛が、
パリの街を爆走する。

17歳のアメリカ人少女キム(マギー・グレイス)が、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。その事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父ブライアン(リーアム・ニーソン)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。アルバニア系の人身売買組織だと判明した犯人一味のもとへ単身で乗り込む。

監督 ピエール・モレル
評価
(4.12)
日本公開 2008年 レビュー 2,768件
上映時間 93分 興行収入
30代男性より

毎回完結するところが好感がもてました。

ちょっと無理やり感が強い傾向にあるもののほぼ毎回一話で完結させてしまうスピーディーな展開と締めくくりが見易さがあって好感がもてました。ほどよいアクションの場面とちょっと人間臭いくだりがあいまってただのアクション作品ではない艶やかさみたいなものがあってストレスなく見ることができました。

20代女性より

無敵のお父さんが最高!

飽きることなくスピーディーに物語が進んでいき無駄がないので、終始ハラハラと楽しませてくれます!リーアムニーソン演じるお父さんが無敵ですぎてスカッとします。アクションはもちろん、父と娘の親子愛にも胸を打たれる作品でした。一度と言わず、何度も見たくなるほど面白かったです!

20代男性より

容赦ないお父さん!

ハイスピードのアクションと圧倒的な暴力性がウリのこの映画!リーアムニーソン演じるブライアンは元秘密工作員で、自分の娘のためには容赦ない強さを見せつけます。それは視聴者からすると、どっちが悪か途中で分からなくなるような暴力性。情けなんてかけません。でも、そのスカッとするようなアクションが最高の映画です!

50代女性より

アクションが凄い

元CIA特殊部隊の父ブライアンが娘のために必死に立ち向かって行く姿がとても格好良かったです。リーアム・ニーソンのアクションシーンがとても迫力があり、目を奪われてしまいました。話のテンポも良く、目を離せなくなってしまいました。娘のためには、何でもするというのが素敵でした。

40代男性より

かなり激しいアクション

主役のブライアンの激しいアクションというか、想いに任せて必要以上の殺人シーンは結構衝撃的です。もちろん、ストーリーとしては娘を思う元CIAの工作員というわかりやすい構図、そしてとにかく強くて、洞察力に優れるところはさすがと思わせるところ。最後の娘の奪還はかなり激しいなと思いました。アクション好きならたまらないと思います。

30代男性より

恐るべき追跡術

娘が誘拐される際に、お前は誘拐されると進言するシーンは驚きました。心配ないという夢を見させるのではなく、現実を突きつけ、誘拐される際に相手の特徴を大声で言うように伝えるというのは今までの映画で見た事ありませんでした。そしてその小さな情報を元に、フランスという広い場所から娘を探し出したのはさすが元CIAだなと思いました。

30代女性より

豪快なカーアクション!

娘がパリへと旅行をしそこから物語が始まっていきます。パリの街並みが綺麗でストーリーだけでなく楽しめます。題名の96時間とあるように96時間はタイムリミットまでの時間です。いかにして娘を助けるか、父親が娘を追うサスペンスアクション映画です。ストーリーの展開が早いので見落としてる暇はありません!!!カーアクションも激しく映画見た日の夜夢にまで出てきました。ハラハラドキドキ最後まで楽しませくれます。

30代男性より

娘思いの父親

主人公の娘と娘の友人が旅行先で誘拐され、主人公が売春宿に売られている可能性がある事を突き止めて娘を見つけた場面の時、そうなる前に助け出せなかった主人公の無念さを思うと胸が苦しくなりました。また、娘の友人が麻薬漬けにされて殺されている残酷なシーンもあり、映画内だけでなく現実に同じ様な犯罪が起こっている事を考えてしまい、人間の恐ろしさをリアルに感じてしまいました。

30代女性より

こんなパパが欲しい!!

元CIA工作員であるブライアン(リーアム・ニーソン)の娘・キム(マギー・グレイス)が友人とパリ旅行中に人身売買を行う裏組織に誘拐されてしまうのですが、大事な娘を危険な目に晒され怒りが爆発したブライアンの復讐劇が凄まじいです。昔の仲間に手伝ってはもらいますが、パリでの行動はほぼ一人。一人なのに行動は大胆で、でも確実に組織を追い詰めていくかっこよさ。こんなパパがいれば怖いものはないです。

30代男性より

無難だが安心できるストーリー展開。アクションは派手。

無難な予定調和です。即ち、映画を観賞する側の「映画だから、誘拐事件は無事解決するはず」という気持ちに頼っている印象なのです。人物関係や、誰が殺されるかの意外性はありましたが、ストーリーの大枠に大きな特異点はありません(だからこそ楽しめる人もいるのでしょうけれど)。事件を銃撃戦のごり押しで解決する脚本に賛否あるでしょうが、アクションシーンは爽快と言えます。

30代男性より

渋い演技とアクションに見ごたえがありました

リーアムニーソンの渋い演技と迫力あるアクションに見ごたえがまりました。特に好きなシーンは娘が助けを求めてリーアムニーソン演じるブライアンに電話をかけますが、そのままさらわれてブライアンが電話で呼びかける姿が印象的で、これから映画が始まるという感じがよかったです。

40代男性より

舐めてかかると皆殺し

長年演技派として活躍してきたリーアム・ニーソンが一転して元CIA工作員という役柄に挑戦して新境地を開拓したといっても過言ではないアクション大作で、元凄腕工作員だった過去を封印した一見冴えない中年男が娘の誘拐を機にこれまで裏の世界で培った技術・人脈を総動員させて誘拐組織に挑み壊滅させる展開は痛快そのもの。

30代男性より

スティーブンセガール的な役の代表作

リーア・ムニーソンがスティーブン・セガール的な役になった記念すべき映画、この映画以降無敵のおじさん役のアクション映画が増えて、代表的なキャラクターになったと思う。電話で娘と妻が拐われるのを知るというシーンはスリリングで他に無い演出方法だったので印象に残っています。

20代女性より

無敵なお父さん!

愛する娘のためにパリで暴れる主人公が、男らしくてかっこよすぎます。誘拐されるシーンは心が苦しくなりましたが、そこからの展開が良かったです。アクションシーンも迫力があり、見応え抜群の作品です。強いヒーローはいつだってかっこいいです。時間も90分なので、気軽に見れるのも嬉しいですね。

20代女性より

アクションがスカッとする!

愛する家族の為なら世界を飛び越えてどんな無茶なこともする父の愛が爆発してます。犯人に対しての容赦なく倒していくところがすごくスカッとします。気持ちいいぐらい強すぎて確実に世界最強の男です。過保護過ぎるのと事件に巻き込まれるのは嫌だけど(笑)こんな最強な父親が身近にいてくれたらすごく心強く思います。

30代女性より

アクションもあってハラハラした!

娘を誘拐された秘密工作員だった父親が、娘を助けるために誘拐犯の指示を受けながら、フランスのパリの中を必死に奔走をしていく所が面白かったです。オスカー俳優のリーアム・ニーソンのこれまで見たことのなかったアクションだけでなく、時間までに娘を救えるのかというストーリーの展開にもハラハラしました。

20代女性より

父親の顔とCIAの血

リーアムニーソンの強い父親役は、何度見ても夢中になる。元CIA捜査官の父親は、別れた妻との間にいる愛娘のことが心配でたまらない。ヨーロッパ旅行を反対するも送り出すことに決めるが、愛娘の友達が何者かに誘拐され愛娘も滞在場所から姿を消すことになる。胸がちぎれそうな思いになりながらも直前まで電話で話していた娘の声や、その場の雰囲気を感じ取るように、犯人を探し出すという展開。テンポがよく、ヨーロッパの社会の裏側をもテーマになっていて、恐怖を感じながらも目が離せない。リーアムニーソン扮する父親は、愛娘のためなら手段を選ばず何でもする勢いで、スーパーマンのように何処へでも現れる執念深さには震えるほど。犯人の声質と訛りを基に割り出すシーンは、緊張感と臨場感を同時に味わえるので、今だに鮮明に残っている。シリーズ物だが、これが一番面白い。

 

第2作目
96時間/リベンジ

悲しいほどの父の愛が、
再び暴走を始める。

イスタンブールで就いていた警護の仕事を終え、元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と娘のキム(マギー・グレイス)を同地に呼び寄せた元CIA工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)。バカンスを一緒に過ごし、家族の絆を取り戻そうとするブライアンだったが、かつてキムを誘拐して彼に息子や部下たちを殺された犯罪組織のボスによる復讐(ふくしゅう)計画が動き出していた。ブライアンとレノーアは組織にとらわれ、辛くも難を逃れたキムはイスタンブールの街をさまよい続ける。そしてブライアンは、妻と娘の命を守ろうとするが……。

監督 オリヴィエ・メガトン
評価
(3.33)
日本公開 2013年 レビュー 1,282件
上映時間 91分 興行収入 4.6億円
30代男性より

展開がありえないですが迫力満点でした。

父と娘の関係性が強い作品だなあと感じられる素敵な作品でしたが、前作のスリリングなアクションをしっかりひきついでいて安定感が感じられる内容でした。娘が高校生で免許なしなのに激しいカーチェイスを展開させたりちょっとつっこみたくなるようなちぐはぐ感はありましたがワクワクできるストーリーでした。

40代男性より

更に磨きが掛かった殺人マシンぶり

前作があまりにインパクトが大きかっただけに、この続編自体かなりのプレッシャーは掛かってしまったようではあるが、アクション映画としての水準は十分に備えていて満足できる内容に仕上がっている。前作で殲滅された誘拐組織の残党が復讐も兼ね、主人公(ミルズ)一人を標的と定めて妻子を誘拐するも、再びミルズの怒りに火を付けてしまうことに。個人的には敵側の使い手との”格闘戦での一騎打ち”など前作になかったアクションも見られる点も高ポイント。

30代女性より

頭脳派の主人公!

一作目との繋がりが鍵なので、前作を見てから見たほうが楽しめると思いました。映像の迫力や緊張感は前回のほうがありましたが、今回のほうが上手くまとまっていましたね。復讐される主人公ですが、やっぱり強いです。家族のために戦うヒーローはいつの時代もかっこいいですよね。

第3作目
96時間/レクイエム

ついに、父の暴走が
終わりを告げる

かつてイスタンブールで犯罪組織を全滅に追い込んだ、元CIA秘密工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)はロサンゼルスに戻り、再び家族の絆を取り戻そうとしていた。そんな折、前妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)が、彼の家で死体となって発見される。運悪く現場で警官と遭遇したブライアンは、殺人事件の容疑者として指名手配され……。

監督 オリヴィエ・メガトン
評価
(3.25)
日本公開 2015年 レビュー 1,074件
上映時間 109分 興行収入 5億円
30代男性より

娘思いの父親が素敵でした!

シリーズを通して父親の強さを感じられる温かい作品で、娘を大切にする思いがにじみ出ていてちょっとうるうるときました。タイトルはあんまり関係なくて人情深い色合いが強い印象がありました。一方でこの作品の代名詞でもある激しいアクションが今作でも炸裂して気持ちよく展開されています。

50代男性より

親父を怒らせたら命がけ

リーアム・ニーソンといったら、正統派の俳優というイメージが強い人でした。しかしその正体はまれにみる、アクション俳優であった。人は見かけによらない、英国の俳優は奥が深いです。このシリーズのニーソンのカリスマ性のすごさアクション俳優としての魅力が全開、演技もうまいアクションも出来る、まさに鬼に金棒言うことなし。このシリーズこれからもつづいてゆくのか,この親父キャラとても魅力的で新たな展開を見てみたいものです。

映画:96時間
シリーズの順番まとめ

まとめ

映画:96時間の全シリーズの順番をまとめました!

96時間の順番
  1. 96時間
  2. 96時間/リベンジ
  3. 96時間/レクイエム

無料で視聴する方法も記載してありますので、0円で見たい方は是非参考にしてみて下さい。

96時間はアクションスリラーなので、大人の方は楽しめると思います!皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

素敵な休日ライフを過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です